第19回 4級 : イタリア語検定・結果その2
イタリア語検定4級に興味があってコチラにいらっしゃった方には
私と同じく初めてこの検定試験に挑戦する方が多いかもしれませんね。
そこで、昨日届いた試験結果通知をご紹介するとともに、結果を簡単に分析してみます。



b0024177_19273760.gif

合格基準については
■三修社 『イタリア語検定4・5級突破』
 「各分野ごとに約60%以上の得点、かつ総合で約70%以上」
■検定試験申込書
 「総合点で 1~2級は約8割、3~5級では約7割 (ただし各分野で一定基準を越えていること)」
となっておりますが、
 -------------------------------------------------
          合格基準/出題数 (正答率)
  リスニング :   16 / 26   (61.5%)
  筆   記 :   22 / 36   (61.1%)
  合   計 :   41 / 62   (66.1%)
 -------------------------------------------------
しかし結果を見ると合計・合格基準の正答率は66.1%でした。
他の級では7割以上だったのでしょうか??

b0024177_19275565.gif

合格者数および合格率について、4級の過去の履歴を調べてみると
 --------------------------------------------------------------
                合格者数/受験者数 (合格率)
  第16回 (2003年春)  367 / 864   (42.5%)
  第17回 (2003年秋)  353 / 840   (42.0%)
  第18回 (2004年春)  365 / 880   (41.5%)
  第19回 (2004年秋)  420 / 777   (54.1%)
 --------------------------------------------------------------

こうして見ると、まず今回(第19回)は受験者数が激減していますね。 で、合格率が大幅アップ!
テレビ朝日のサイトの 萩野志保子アナウンサーのコラム
第16回 と 第17回 の4級の結果詳細が掲載されていたので拝見致しますと
合格基準点は全く同じ (リスニング16点、筆記22点、合計41点) でした!!
最近の傾向として、試験問題が異なっても合格基準点は同じだったのですね~。
(問題数もほとんど同じなので、合格基準正答率も同じく7割以下だったということですね)
ちなみに平均点を見てみると、今回の筆記が他回に比べてちょっと高かったです。

試験を改めて振り返ると、多くの方がおっしゃっているように
三修社 『イタリア語検定4・5級突破』 を繰り返し勉強すればよいかと思います。
この問題集には、試験における難易度の高い問題が集められているようなので、
このレベルをマスターできていれば試験問題を解くことができるかと思われます。

あと、私は過去のリスニング問題CDを何度も聴いていた結果、
それらの会話文が頭にこびりついてしまっていたのですが、今回 筆記の穴埋め問題で、
図らずも暗記してしまったそれらの会話フレーズと全く同じ文の問題が2問ありました。
何度も聴いているうちに音を覚えてしまって、リスニングの勉強になっていないなあ ・・・
と不安に感じていたものが、筆記問題で役に立ったというわけです!

リスニングについては、皆様から頂いたアドバイス通り 「書き取りしながら リスニング問題を解く」
というトレーニングが大変効果をもたらしたのだと思います。
試験前の5日間、そればかり集中してやっていました。
またそのトレーニングに、4級のリスニング問題より 少しスピードの速い音声CDを使っていたので、
それも功を奏したのかもしれません。

さて。 3級の問題を少々見てみましたが
まだ自分が勉強したことのない文法からたくさん出題されていました。
作文の訓練もしたことがありません。 これから来春3月までに間に合うかどうかわかりませんが、
せっかくなので今迄通り少しずつ勉強を続けていこうかと思っています。

                     ◆       ◆       ◆

macco_ciaoさん より、昨日のコメント欄にて tenutasi について教えていただきました!

再帰動詞の tenersi そのものを辞書で引いてみるとどうも適訳がなかったのですが、
原形 tenere に ≪(授業・会議・催しを) 行う、開催する≫ という意味があったので
多分コレなんですね。 昨日の訳で 「札幌会場にて受験した~」 と書きましたが
「札幌で開催した検定試験」 となるのでしょうか。
でも正直文法がよくわかりません(T-T
tenuta は 過去分詞 tenuto の女性変化になるんですよね??
si は 「Associazione Linguistica Italiana in Giappone」 のことで、
だから女性変化しているということなのかな? でも過去分詞に avere 等はいらないのかな?
それとも過去分詞が形容詞化しているのかな?
うーん、この文の語順の意味がよくわかりません。 まだまだ勉強不足ですわ ・・・。

ひとまず、-si という場合は -の部分のみでスペル検索すればよかったのですね~。
大変勉強になりました。 macco_ciaoさん、ありがとうございました~!!

==================================================
 11/16 21:45 追加
  tomoさん よりさらに、昨日のコメント欄にて以下のご説明をいただきました!
  「tenutasitenersi の過去分詞・女性形で
   "la prova" を修飾する形容詞の働きをしているのではないか」 とのこと。
  なるほど~。 このようなパターンの語尾変化や使い方があるんですね~。
  tomoさん、ありがとうございました!!
==================================================
[PR]
| by dicotomia | 2004-11-16 19:32 | イタリア語検定
<< 語彙力強化編 ≪popolo ... | TOP | 第19回 4級 : イタリア語... >>