第20回 3級 : イタリア語検定・感想
昨日は短い報告ですみませんでした。
また、コメントやメールのお返事も遅れておりまして申し訳ありません。
どれも全て大変嬉しく拝見しております。 本当にありがとうございます!!
お返事はどうか今しばらくお待ちください。。

                     ◆       ◆       ◆

札幌会場の3級受験者は23人でした。 少ない!
3級の合格率は平均2割だから・・・・ 単純計算で、合格できるのはこの中で4、5人!?
改めてキビシさを実感。

さて。 今回の試験構成および感想はコチラです。



--------------------------------------------------------------------------------------------------
 リスニング問題 : 28問 13:30~14:05 (35分間)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 ■N1~13
 3つまたは4つのイラストの選択肢より、音声問題に一致するものを選択する。
 定番の 「家の外観描写」 「天気予報」 「星占い」 がしっかり出ました。
 (「家の」 は 「部屋の間取り」 の場合も有り)
 他は、物の形や素材、形容詞等がキーワードになる問題が多数。
 それに反して数値、時間モノは今回はありませんでしたね。

 ■N14~16
 文章の選択肢より、音声問題に一致するものを選択する。
 3問のみ。 しかしこれがほとんど理解できませんでした・・・!
 コメント不能。 三択の女王ケイコさんが降臨してくれていたことを祈るばかり!

 ■N17~22
 音声と解答とが一続きの会話文として成立するものを選択肢より選ぶ。
 Lucioくんと友人との会話文。 Lucioくんが新しく就いた仕事について友人に説明しています。
 3つある選択肢の文章が意外と長く、音声が流れる前に全てを理解して読むことができず、
 後手後手に回ってしまいました・・・。 コチラも自信なし。

 ■N23~28
 音声問題を聴いて、それについて書かれた文章が正しいか誤っているかを二者択一する。
 2問とも会話文でした。 これは一人がひたすら話す説明文と違って
 一文が短く、かつ会話の区切りがあるため理解しやすかったのではないかと思います。
 しかし、とにかく会話スピードが速いので、
 1回目に聴き逃した部分を2回目は集中して聴き取ろうと思っても、
 やはり右から左へと抜けていくだけでした・・・!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------
 筆記問題 : 37問、14:05~15:10 (65分間)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 ■N29~58
 問題文の空欄に入る適切な単語を選択肢より選ぶ。
 こちらも基本は3級定番問題。 さほど難解な単語が使用されているということもなく、
 検定用問題集と過去問をおさえておけばなんとかなるでしょうか。
 (なんていいながら、私はばっちり間違ってしまいましたが(><);;)
 性・数を揃える問題、不規則活用の過去分詞など4級からの延長問題も多かったです。

 ■N59~64
 長文を読んで、それについて書かれた文章が正しいか誤っているかを二者択一する。
 1問のみ。 新婚夫婦の、朝早く仕事に出掛ける妻から、まだ睡眠中であろう夫に宛てた置手紙。
 これをやっといて、あれはこうしましょう、と夫へのメッセージが箇条書きで記されています。
 この形態は初めてじゃないでしょうか?(笑)  手紙という書き文字を示すためか、
 文字が全て斜体になっていたのですが、これが結構読みづらい。
 でもまあこちらも難解な単語や構文はほとんどなく、意味はなんとか理解できたでしょうか~。

 ■N65
 作文。 50~120語。
 「以下の文の後に続く文として(A)か(B)のどちらかを選び、続けて文章を記載してください」 
 書き出しの文は 「昨日の朝、いつも通り仕事に出かけた。」
 そして選択肢は (A) 「駅に着いたとき・・・」 / (B) 「バス停に向かって歩いているとき・・・」
 前回の試験と同様の 「続きの文を書け」 形式でした。 しかしそれにしても、
 このあまりにも 「何でもアリ」 のテーマはなんなんでしょう~?(^^;  かなり拍子抜けです。
 この 「駅に着いたとき」 か 「バス停に向かって歩いているとき」 なのかは
 重要な分岐なのでしょうか!? どちらを選んでも同じ内容の文章が作れちゃいますよね・・・??
 この選択を後の文章に深く組み入れることが採点基準に影響するのでしょうか。
 ちょっと疑問です・・・

--------------------------------------------------------------------------------------------------

■感 想
リスニングに関しては、選択肢から類推して、
話の内容はどれもそれほど難易度が高いものではなかったと思われるのですが、
やはりスピードについて行けませんでした・・・!
1度目に聴き取れなかったものは、やはり2度目も聴き取れない。 トレーニング不足。
辛うじて聴き取れたものの中でいうと、実は否定文、または 「・・・だったらなあ」 のような
願望を述べているだけ、といった引っ掛け問題は無かったように思われます・・・。
って、この感想は私が引っ掛かってるからかもしれない!?(笑)

筆記問題は時間が足りなかったです。。。
とにかく順番に解答を記入してきて、最後に作文にとりかかったのは終了約25分前。
皆様のアドバイスのおかげで、いろいろ用意していった文章を切り貼りして
100語程度のなんとかそれらしいストーリーをでっちあげたのですが(笑)
文法上の誤りはないかと推敲し終えたら終了5分前。
筆記選択問題の見直しはほとんどできませんでした。
初めから見直しの時間はないとみて、もうちょっと慎重に解いたほうがよかったかも・・・!
実際、試験後の帰り道にふと自分のポカミスに気づきました!

以上、正答がわかったらまた新たにいくつか解説を追加できるとは思いますが・・・
今後3級を受験される方に少しか参考になったでしょうか??

                     ◆       ◆       ◆

私の個人的な感想なのですが、今から1年前のこの時期に、
まさか1年後に3級を受験することになっているとは想像もしていなかったです。
その頃はまだ、なんとなくの趣味でイタリア語に触れていただけなので
検定試験自体を受けてみようと思ったことすらありませんでした。
が、昨年夏に4級受験を思い立ってから 約8ヶ月間。
なぜ検定試験を受けるの? 何の意味があるの? といった質問を友人から何度か受けましたが、
勉強に対するモチベーションの維持と習得度の指標になるのはもちろん、
今まであいまいにしてきた文法に対峙し、リスニングCDを毎日のように聴いているうちに、
「試験のための勉強」 から 「イタリア文化やイタリア旅行をより楽しむためのイタリア語」 の土台が
少しか形成できたのではないかと思っています。
もちろんこれからもイタリア語の勉強を続けていきますが、
語学学習から他方向にも触手を広げて、もっとイタリアを楽しんでいきたいです。

                     ◆       ◆       ◆

最後に、皆様からいただきました たくさんのアドバイス、
温かい励ましのお言葉に、改めて心より感謝申し上げます。
おかげさまで無事、悔いなく試験を終えることができました。 本当にありがとうございます。

作文もなんとか規定語数に達する文章を書くことができました。
あのチンプな文章がどんな得点で返ってくるのか、全くもって想像ができないのですが(^^;
それを指標にまた次回頑張りたいと思います。


■追 伸
 tamaさん! 「chiedere + 間接目的語」 が出ましたよ~!!!
 しかも 「ho chiesto」 の前にくる 「gli」 を選ぶ問題!
 きゃ~すごい~! tamaさんのコメント、ジャストミート! ありがとうございました~!(^^
[PR]
| by dicotomia | 2005-03-15 03:52 | イタリア語検定
<< 第20回 : イタリア語検定・... | TOP | 終わりました! >>