イタリア語検定・過去問題
F :女性、M :男性です。 どうぞ感情を込めて読んでみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
F : Roberto?
M : Sì...
F : Chi è Ingrid?
M : Ingrid?
F : Sì. Ingrid.
M : Una mia amica, perché?
F : Eh, perché oggi nella posta ho trovato una cartolina per te da questa
   Ingrid...
M : Ah... ha scritto Ingrid. Fammi vedere!
F : Eccola qua! Tieni.
M : Ah, guarda, dalla Germania.
F : Sì! Ma chi è Ingrid?
M : È una mia amica.
F : L'ho capito. Ma perché io non la conosco?
M : Non la conosci?
F : Noo...
M : Ah, non la conosci... È una mia amica... ci conosciamo da tanti anni...
   Dai, io ho una fotografia... Forse l'hai vista... quella fotografia del mare...
F : Tu hai una fotografia con Ingrid?! Del mare?!
M : Sì, c'è anche Paolo... a Rimini... Ingrid, era quella ragazza...
F : Non me la ricordo proprio!
M : Dai, quella alta con i capelli biondi... Non...
F : No, guarda che io quella foto non l'ho mai vista...
M : No?
F : No... E, ma, cioè... quando vi siete conosciuti?
M : Ero... ero studente.
F : Eri studente?!
M : Sì...
F : ... E ti scrive ancora oggi?!
M : Sì, sì. Eravamo molto, molto amici.
F : Eravate molto amici!
M : Sì...
F : E...
M : Non te ne ho mai parlato?
F : No... Ma adesso che cosa fa?
M : Mah, adesso lei vive... vive in Germania e... qualche volta viene in Italia...
   Ci siamo anche visti ultimamente.
F : Ah!! Ma è sposata?
M : No. Sposata no. Aveva un ragazzo...
F : Uhm! E vi vedete quando viene in Italia.
M : Ma qualche volta... sai, così... con gli amici... Ma davvero non te ne ho
   mai parlato?
F : No, non me ne hai mai parlato e la prossima volta sarà meglio che me la
   presenti!
-------------------------------------------------------------------------------------------------



【訳】

(女) ロベルト?
(男) うん・・・。
(女) イングリッドって誰?
(男) イングリッド?
(女) ええ、イングリッド。
(男) 女友達だよ、どうしてだい?
(女) あのね、今日郵便物のなかに、そのイングリッドからあなた宛のはがきを見つけたからよ・・・。
(男) へえ・・・イングリッドが手紙を書いてくれたんだ。見せてくれよ!
(女) ほら、これよ! はいどうぞ。
(男) へえ、ほら、ドイツからだよ。
(女) ええ! で、イングリッドって誰なの?
(男) 女友達だよ。
(女) それはわかったわよ。でもどうして私は彼女のことを知らないわけ?
(男) 彼女を知らないって?
(女) ええ、そうよ。
(男) ああ、知らないのか・・・女友達だよ・・・何年も前からの知り合いなんだ・・・ほら、僕、
    写真を一枚持ってるよ・・・たぶん君も見たことあるんじゃないかなあ・・・あの海の写真・・・。
(女) あなた、イングリッドの写った写真を持ってるの?! 海の?!
(男) そうさ、パオロもいるよ・・・リミニでさ・・・イングリッドはあの子さ・・・。
(女) そんなの全然記憶にないわ!
(男) ほら、あの背の高い金髪の子だよ・・・見たことない・・・。
(女) いいえ、私そんな写真は一度も見たことがないわよ・・・。
(男) ないの?
(女) ないわ・・・でも、その・・・あなたたち、いつ知り合ったの?
(男) 僕が・・・学生の頃さ。
(女) あなたが学生の頃?!
(男) そうだよ・・・。
(女) ・・・で、今でもあなたに手紙を書いてくるの?!
(男) そうとも。僕たち、とてもとても仲がよかったんだ。
(女) とても仲が良かったの!
(男) そうさ・・・。
(女) それで・・・。
(男) 今まで君にこのことについて話したことなかったっけ?
(女) ないわ・・・で、今は彼女、何をしているの?
(男) ええっと、今住んでいるのは・・・住んでいるのはドイツで・・・時々イタリアに来るんだ・・・
    最近も会ったんだよ。
(女) そう!! 結婚はしているの?
(男) いいや、結婚はしていない。恋人はいたけど・・・。
(女) ふうん! で、彼女がイタリアに来ると、あなたたちは会うわけね。
(男) でも時々だよ・・・それもそう・・・友人たちとさ・・・でもほんとうに君に彼女の話をしたこと
    一度もなかったかなあ?
(女) いいえ、あなたが私に彼女の話をしたことは一度もないわ。次回は私に彼女を紹介してくれた
    方がいいんじゃなくて!

                     ◆       ◆       ◆

これは 2004年春(第18回)の3級、リスニング試験の最終問題です。
夫婦か恋人同士の会話のようですが・・・ い、いやー、すごいですね!!!
最初はなんとか平静を装っていた女性も 徐々に早口でまくしたて声を荒げてくるし、
弱腰の男性は追い詰められてさらに しどろもどろになってくるし・・・

「ほら、写真、見たことあるよね? 海の・・・」
「なんですって!? 海の写真!?」(怒) と切り返されて
慌てて 「パオロも一緒で・・・」 と弁解したり、
「... E ti scrive ancora oggi ?! 」怒怒怒) の後の
「Sì, sì. Eravamo molto, molto amici...」 のセリフなんて、どもりまくり!

実に絶妙な間合い! 迫真の演技力!
これを試験会場で聞いたら、私、絶対笑いが止まらなくて試験どころじゃなくなりそうですが・・・
実際この回を受験された方のお話を是非お伺いしたいところです(笑)


ちなみに、このリスニング問題の設問と回答はコチラ。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
a : VERO / b : FALSO
N26 Lei non ha mai incontrato Ingrid
N27 Roberto ha una foto di Ingrid
N28 Roberto e Ingrid non si vedono da molto tempo
-------------------------------------------------------------------------------------------------
N26 【訳】 この女性はイングリッドに会ったことが一度もない 【正答】a 【正答率】74.0%
N27 【訳】 ロベルトはイングリッドの写真を一枚持っている 【正答】a 【正答率】86.6%
N28 【訳】 ロベルトとイングリッドはずいぶん前から会っていない 【正答】b 【正答率】59.3%
-------------------------------------------------------------------------------------------------

 [引用 : 実用イタリア語検定2004年 1・2・3級(問題・解説)]
 引用文はもちろんタイプしたわけではなく、スキャナ+OCR機能で取り込みました。
[PR]
| by dicotomia | 2005-05-27 01:18 | イタリア語検定
<< Che ora e' ? | TOP | ちなみにフライトマイルは 51... >>