ジェノヴァで困る! <前編>
【2日目-Genova にて】
前の晩の23時頃、ジェノヴァに到着。 そして、本日夕刻にはニースに向け出発。
ということで、この街を散歩できるのは約10時間。
しかしこの短い間に、なんと二つのおバカな事件(?)を発生させてしまいました・・・・ (T-T )llll

◆       ◆       ◆

ホテルのチェックアウトを済ませ、まずは ニース行・ユーロシティ(EC)の切符を買いに、
Genova P.P. 駅へ。 ここ数年 イタリア国内移動は全て自動券売機を利用していましたが、
今回は国際列車なので久々に窓口にて購入! ・・・・と、この瞬間、ふと違和感を覚えました。
が、「早く街歩きをしたい」 という強い想いが私を焦らせます! 結局そのまま切符を受け取り、
駅を出て フニコラーレ(ケーブルカー)乗場へと向かってしまいました。

始発のZecca 駅から 終点のRighi 駅までフニコラーレで上り、駅の展望コーナーや
さらに左側の坂道を5分くらい上った ビューポイントからジェノヴァの街並みを堪能~♪
しかし 戻り際、ここで 第一の事件が発生!
1回券1ユーロの切符を買うのに自動券売機を利用したのですが、
なぜかこのとき何も考えずに 10ユーロ札を券売機に入れてしまったのです!
ピーッ、ガガガガッ と切符が印字されて出てきた後、「えーっと、お釣りは・・・?」 と眺めていると、
再度 ピーッ、ガッガガガガガッ・・・・
次に出てきた印刷物には こう書いてありました。
CREDITO ― RIMBORSABILE PRESSO LE BIGLIETTERIE AMT
うおおおっ Σ(゚д゚lll )!!!  お釣りは 「AMTの切符売場で払い戻し」 しろと!!
(AMT : Azienda Mobilita e Trasporti S.p.A. 市営交通・・・なのかな?)
慌てて券売機の説明書きを読むと、"この機械では5ユーロ以上のお釣りは出ないよ~ん♪"
しっかり書いてあるじゃないですか~~~~。 うっわ~っ、油断してた!

ここは無人駅。 でも下の始発駅には切符売場があったのかも?? そう安易に考え、
ともかくフニコラーレに乗って下に戻ってみました。 が、結局そこも無人駅。
壁の案内板には "Le biglietterie aziendali" として 3ヶ所の住所が記載されていましたが、
ホテルでもらったジェノヴァのマップには これらの住所(通りの名前)は載っていません。
近くにいた人に尋ねてみたものの、「わからない、Controlloreに聞け」 とのつれない返答。
しかし、フニコラーレも折り返し出発してしまっており、戻ってくるのを待つ時間も惜しかったため、
とりあえず街の中心部に行けばなんとかなるんじゃないか?? との
まったく根拠のない 「安易な考えPart2」 で 街歩きを始めました・・・

b0024177_1464937.jpg
Palazzo dell'Università 大学宮殿


が、が、が、、、 観光スポットを巡りつつ 通りをチェックしていましたが、
該当する住所も AMTの看板も全く見当たりません。
これはもう、Genova駅に戻る際 フニコラーレの駅に立ち寄って運転手さんに尋ねるしか~!

そして夕方、一通りの街歩きを終え 駅に向かって戻り始めた頃、
何気に早朝購入したECの切符のことを思い出す・・・
「そーいや、やけに安かったような~~??」 すかさず切符を確認。
あれ? 昨日乗った ミラノ-ジェノヴァ間の料金より安い・・・・ って、な、な、なんでっ!??
ここで 第二の事件が発覚! ΣΣΣ(゚Д゚;;≡!!!  わおっ、"YOUTH" って印字されてるー!!

年齢なんて確認されなかったのに、全く疑うことなく26歳以下に見られたんだー! わーい♪♪♪

・・・・じゃなくて!!!  あ~ん、チケット買い直さなきゃならないの~!?
この時間だったら切符売場には長い行列ができてるかもしれない。
そんな状況で発車の時刻に間に合うのだろうか~~!!?

b0024177_1421699.jpg
問題のフニコラーレ券売機 →

↓ ロボットアニメ色のフニコラーレ□□

b0024177_1401887.jpg


引っ張るような内容では全くないのですが、無駄に長文になってしまいましたので
 continua ...

[PR]
| by dicotomia | 2006-05-10 01:22 | 旅先のイタリア語
<< ジェノヴァで困る! <後編> | TOP | 水曜どうでしょう並? >>