「あの方をご存知なの?」
b0024177_231284.jpg


Sì, fin troppo, a volte è un amico, a volte un nemico.

「うんざりするほどね。
 時には味方、時には敵。」
b0024177_23374.jpg


Pensa una volta è stato anche il mio boy friend,

「恋人だったこともあったかな。」
b0024177_235353.jpg


è un playboy nato quindi
ti consiglio di stare in guardia.


「彼、生まれつきの女たらしよ。
 気を付けてね。」
b0024177_241978.jpg


Ti ha lasciata lui?

「捨てられたの!?」
b0024177_244267.jpg


Certo che no! L'ho lasciato io.

「まさか! 捨てたの。」


guardia : 警備、警戒、監視/見張り、番人/警備隊≫
stare in guardia da... : ~を警戒する
mettere qlcu. in guardia contro ql.co. : <何か>に対する危険を<人>に知らせる
mettersi(stare) in guardia : 《スポーツ》 ガードに入る; 身構える、警戒態勢に入る

◆       ◆       ◆

*続・ホットワイン* 現在、大通公園で開催されている "ミュンヘン・クリスマスマーケット" にて
グリューヴァインを飲んでみました。 (ミュンヘンと札幌は姉妹都市なのです)
・・・が、湯気となって立ち上る匂いが鼻につき、味もそれほど美味しくは感じませんでした。

よくよく考えてみた結論としては、先日レストランで私が飲んだものは
アルコール分をほとんど飛ばし、かなり甘くして飲みやすくしたものだったんですね。
自分のお子ちゃま舌がまた証明されてしまいました。

◆       ◆       ◆

*凹む* 仕事で決して小さくはない失敗を連発してしまい、ここ数日間へコんでいました。
でも、気落ちしたままだと また別の失敗を引き起こしかねないので
なんとか気持ちを切り替えなくては・・・と思いつつ。 ああ、思いつつ。 思いつつ。

◆       ◆       ◆

*amico に nemico*  ・・・ねみーこ、ってかわいい響きだなぁ。 とても敵とは思えませんわ。
[PR]
| by dicotomia | 2006-12-07 01:12 | カリオストロなイタリア語
<< 復活のホタテ祭り | TOP | いろいろ言ってみる >>