イタリアで出会う、古代ギリシアの街 (おまけ編)
Museo Archeologico Nazionale 国立考古学博物館

遺跡群の入口から道路を挟んで反対側にあります。
パエストゥムや近くを流れるセーラ川流域から出土した
マグナ・グラエキア時代の彫刻や陶器、神殿を飾っていたメトープ部分の浮き彫り、
古代ルカーニアの墓を飾っていた石板・フレスコ画などが展示保存されています。

b0024177_6163853.jpg

最も有名なのは、1968年にパエストゥムのネクロポリス(墓地)で発見された
『Tomba del Tuffatore (海に飛び込む男の墓) 』。(写真左下)
石棺を組み上げていた石板の蓋、内側に描かれていたフレスコ画で、
紀元前480年頃のものと推定されています。
素晴らしい保存状態で発見された この 「海に飛び込む男」 という不可解なテーマの石板は
古代ギリシアの絵画的資料がすっかり失われた現在において
大変貴重な存在となっているそうです。


◆       ◆       ◆


さて。 ここでもチケット売場の陽気なオジサンに話しかけられました。
しばらくの間、定番会話 (「日本人か?」 「どこから来たのか?」 「いつイタリアに来たのか?」
「イタリア語を話せるのか?」 ecc... ) を交わしていたのですが、
オジサンはふと何かを思いついたような表情をし、「コッチに来て」 と私に手招きをしました。

そして、壁に貼られていた一枚の白い紙を剥がし、
「ここに同じ意味の言葉を日本語で書いて欲しい」 と言って私に手渡してきました。

その紙に書かれていたのは・・・
----------------------
"Toilet Chiuso"
"Toilet Closed"
"(恐らくドイツ語)"
----------------------

・・・ハイ、確かにコチラ、トイレ出入口横の壁に貼ってありましたね。
ん? もしかして、トイレが壊れているのかー!? わははー、さすがイタリア!!(笑)

続けて、太い黒ペンをオジサンから渡される。

うーーーん。 と・・・ 日本語ね。 そうね。 何て書こう~?
えーーーと。 "使用不可"・・・ "禁止" まで強めてもいいかな~。

指示通り一番下に追加して、 "トイレ使用禁止" と書き入れてみました。
それを見ていたオジサン、 「Bello!」 を連発して大喜び(笑)
そうか~。 やっぱりコッチの人にとって、日本語の文字ってホントに魅力的に見えるんだー。
・・・・ トイレ なのになー。


その後、博物館を存分に堪能し、帰ろうと出入口に戻ると
オジサンは私にウィンクをして(笑)、また手招き。

なんだなんだ? と思いながら近寄ってみると
「さっきと同じようにもう一度書いて欲しい」 と言って
またもや "Toilet Chiuso ・・・" と書かれた紙を差し出してきました。

んー?? さっき書いたものは・・・? と、ふと横に追いやられている紙に視線を落とすと、

なんと!! 私が書いた日本語の下に
大小いくつもの "トイレ使用禁止" が びっしりと書き込まれています!!(笑)
小刻みに震える線で、いびつな文字で、
ところによっては、二度書きどころか三度書き、四度書きと線を重ねて (笑)(笑)(笑)

私は笑いをこらえながら、一応尋ねてみました。
「これ、誰が書いたのですか?」

一瞬 恥ずかしそうな表情をしたオジサン。
しかしすぐに得意満面、 「もちろん、私だよ!」 と ニヤリ。

◆       ◆       ◆

きゅきゅきゅ・・・
新しい紙にもう一度、さっき以上にでかでかと書き入れました。
それをまた満足そうに見つめるオジサン。
今度は大丈夫かいな?(笑)


もし近いうちに、この博物館に訪れる予定のある方がいらっしゃいましたら、
博物館出入口左の壁、トイレの案内板の下に この紙が貼られてないか、
是非ちょっと見てみてくださいね。
黒太ペンの日本語の下に、
さらに文字が書き込まれていないかどうかも・・・(笑)

ちなみによくよく尋ねてみると、現在トイレが故障中というわけではなく
「清掃中や 故障した場合に 貼るからね~」 とのことでした!


  
[PR]
| by dicotomia | 2007-06-13 01:39 | 旅先のイタリア語
<< タレルの空を見に | TOP | イタリアで出会う、古代ギリシアの街 >>