生命の危機 ≪luna-park : 遊園地≫
連続勤務もようやく終わりましたので、イタリア語の勉強を再開します~。
といっても一週間のブランクからのリハビリを兼ねて、今日は軽めに。

                      ◆       ◆       ◆

b0024177_2050560.jpgこれは4月下旬、オランダ・ハーレムでの写真です。 オランダはアムステルダム、ハーグ、ハーレム、ロッテルダムと周ったのですが、どこの街にも、ほんの小さい広場に移動遊園地がありました。 特にこのハーレムの遊園地には驚きました~! この広場は道路に面していたり、川沿いだったり、角地だったりといった開放的な空間ではなく、四方を建物にすっぽり囲まれた、せいぜいテニスコート2、3面程度の実に狭~い広場。 その空間にギュウギュウに詰められた遊具施設。

b0024177_1956208.jpgそして中でも強烈だったのが左の写真、『BOOSTER』 という乗物。
横軸の両端に2人掛座席
(足場はない。真下が見える、
足宙ぶらりんこ状態) があって
中心軸より大回転+座席360度回転。
それだけでも怖いのに、その回転は、
教会と隣の建物のほんの数メートルの隙間を高速で通り抜けるのです!!
これって日本じゃ、安全基準を満たしてないんじゃないか!?

・・・乗らずにはいられませんでした。 そして、こんな異国の地で短い一生を終えるかと思いました。
先日初めて乗った 『FUJIYAMA』 は、今迄で最高に楽しいジェットコースターでしたが、
今迄で最も生命の危機を感じた絶叫マシーンはコレですわ ・・・。
しかし、このマシーンから降り立ったとき、周囲のオランダ人に拍手で出迎えられました(^^;
思わずへなへな顔を強調してみせると皆さん笑っていました。
会話は成り立たなくても万国共通、心が通じ合う瞬間でした~。

このようにヨーロッパには移動遊園地がよくあるようですが、
時期が合わないのでしょうか、残念ながらイタリアを始め他の国では出会えていません。
(私のヨーロッパ旅行は4~5月が多いのですが、もうちょっと夏の頃だと開設されているのかな?)

                      ◆       ◆       ◆

さて。 こじつけのように、ようやくイタリア語の勉強を。
"遊園地" を調べると ≪parco dei divertimentiluna-park≫ と載っていました。
luna-park はよく耳にしますが、どういう由来なんでしょう?
montagne russe : ジェットコースター≫ の由来のように、何かいわれがあるのかな?
と調べてみましたが見つかりませんでした。

ruota panoramica : 観覧車≫
carosellogiostra : 回転木馬、メリーゴーラウンド≫
casa degli orrori : お化け屋敷≫
tiro a segno : 射的≫

伊和辞典から遊園地関連例文をつらつらと。
最後の文は、やはり日本人編纂者が作成したのでしょうか(笑)。。。
un giro molto eccitante sulle montagne russe
 「スリル満点のジェットコースター」

Non c'era quasi nessuno al luna-park a causa della pioggia.
 「雨のために遊園地は閑散としていた。」

Mio figlio insiste per farsi portare al luna-park.
Mio figlio mi chiede insistentemente di portarlo al luna-park.
 「息子が遊園地に連れて行けと私を責める。」

[PR]
| by dicotomia | 2004-11-04 21:55 | 旅先のイタリア語
<< 『PEANUTS』 その4 ≪... | TOP | 足が痛いデス。 >>