何かいいことあった? ≪comunicazione : コミュニケーション≫
先日の催事で一緒に働いたアルバイトの女の子。 休憩時間にちょっと話をしてみると
とても旅好きな人らしく、旅行談義に花が咲きました。
中でも羨ましかった旅行先は、ペルーの "マチュピチュ" と "屋久島"!!
このふたつに行ったことがあるという人物に初めて出会いました!
ああ~、私もこれらの場所には想い入れがあります。 いつの日か訪れてみたいものです~。

皆様のBlogを巡っていると、実に様々な街の旅話を見る/聞くことができて大変楽しいですね。
また、現地で暮らしていらっしゃる方のお話も興味深いものばかり!
ついつい長時間、放浪してしまいますわ ・・・!

                     ◆       ◆       ◆

本日のイタリア語は、円滑なコミュニケーションのためのフレーズ、になるでしょうか。
会話のきっかけにどうでしょう?
学校から帰ってきた子供に。 会社から帰宅したダンナ様に。
 Che cosa hai fatto di bello oggi?」 (今日は何かいいことあった?)

久々に会った友人に。
 Che cosa c'era di nuovo?」 (何か変わったことがあった?)

道でばったり会った友人に。
 Dove vai di bello?」 (どこかいい所に行くの?)

何かをしている人に対して。
Che cosa fai di interessante?」 (何かおもしろいことやってるの?)

形容詞は不定代名詞を直接修飾できないため、
前置詞 di を用いて [不定代名詞 + di + 形容詞] で 形容詞句 をつくります。

このパターンで最もよく目にするのは qualcosa を使った表現でしょうか。
qualcosa di grosso 「何か重大なこと」

qualcosa di meglio (peggio) 「何かもっと良い (悪い) もの」

Vorrei qualcosa di fresco da bere. 「何か冷たい飲み物をください。」

Non hai del vino o qualcosa di simile 「ワインかなにかないの?」

C'è qualcosa di triste in lui. 「あの人にはどこかしらかげがある。」

Quel libro è qualcosa di divertente. 「あの本は結構おもしろい。」

[PR]
| by dicotomia | 2004-11-08 20:21 | いろんなイタリア語
<< 今さらなんですが ・・・ ≪i... | TOP | 『PEANUTS』 その5 ≪... >>