カテゴリ:旅先のイタリア語( 52 )
|
calcio観戦(できちゃった)記 - 最終回
b0024177_0165739.jpg
中に入りそのまま通路を真っ直ぐ進むと、
どうやら ややユーベ寄りの primo arancio 席に
辿り着いたようです。 既に立ち見客でいっぱいです。

b0024177_0172130.jpg
一階席、
二階席、
三階席、
人、人、人、
人、人、人、人 ・・・
なんとかちょっと上にあがってみると

b0024177_0173746.jpg

b0024177_0174866.jpg
ピッチが
見えました!
おお~っ
感動です~!!

More
[PR]
| by dicotomia | 2005-05-21 01:28 | 旅先のイタリア語
calcio観戦(できるかも?)記 - その2
5月8日(日)、午前中 早起きをして急ぎ足でパルマを観光し、
その後ミラノに向かいホテルにチェックイン。 手荷物をできるだけ軽くして、いざ出陣!

b0024177_7462717.jpg
地下鉄M1線LOTTO駅からスタジアムまでは
臨時便の市バスに乗りました。
この時点で既にpm3:00。
試合は始まってしまいましたが
そもそもチケットが無いので
まあいいでしょう。
b0024177_7464578.jpg
2、3分程でバスはスタジアム前に到着。
そびえ立つ巨大な建物に圧倒されます。
そしてスタジアムからは大歓声が
地響きのように聞こえてきます!
こ、これが8万5000人分の声なのか~!


More
[PR]
| by dicotomia | 2005-05-20 02:45 | 旅先のイタリア語
まずは calcio 観戦記から!
地元の某弱小J2チームの応援から始まり
国内サッカーには注目するようになったものの、海外には全く疎かった私。
しかし、イタリアの情報に触れるたびに必ずといっていいほど含まれる calcio情報。
イタリアのサッカーを知りたい・・・ イタリアでサッカー観戦をしてみたい!!
という気持ちが徐々に芽生えてきました。
そんなとき、こちらのブログを通じてお声をかけていただき、
お知り合いになれた 尊敬すべき Tさんに感銘、影響を受け、
今回の旅程で Juventus戦を観戦できないかな? と 探してみると ・・・
あったのは 5月8日の このビッグゲーム!
しかし当然ながら、出発前のネット販売分チケットは即完売。
そもそもイタリアサッカーの発券システム自体、結局よく理解できないまま
何事も経験じゃ~! と、試合一週間前の土曜日ミラノにて Milan Point に行ってみると
「チケットは来週の月曜日にいつ販売されるか決まる」 とのこと!!(既に一週間前なのに~!?)
(ええと、この販売分のチケットは、余って回された最終段階のモノなのかな??)
まあ、とにかく 試合後半の20分くらいでチケットがなくてもスタジアムに潜り込むことができる(^^;; という
ネット上で見つけた情報に命運を懸け、5月8日にミラノに戻ることを誓ったのでした・・・。


b0024177_21443472.jpg
New Milan Point (Milan オフィシャルショップ)

M2線のPorta Genova駅から
Piazza XXIV Maggio方面へ徒歩8分程度。
大通りに面したアーケード街の中にありました。
(1F : チケットショップ、B1F : カフェ、B2F :グッズショップ)
向かいの Naviglio運河(でいいのかな?)沿いには
市が立っていて大変な賑わいでした。


b0024177_21444673.jpg問題の試合に関する貼り紙(下)
1Fチケット売場の入口に貼ってありました。
が、それぞれの単語の意味はわかっても
総合して何を言っているのか
理解できませんでした(><

当のチケット売場は閉まっていたので
地下2Fのグッズショップに降りて行き
店員さんに尋ねてみると、
前述の答えが返ってきました。

・・・でも未だに
この文法構造がわかりません(><

ちなみに上の貼り紙には
Per informazioni
 rivolgersi in negozio
と書かれております。


b0024177_2145059.jpg
同じくウィンドーにあった
他の貼り紙。

Milan カラーの
rosso-nero の文字が
かわいらしいですね♪
Fiorentina は
ちゃんと viola だしね。
(↑ もはや完全に
 和訳することを放棄)


ちなみに、滞在中にお会いしたイタリア人の方数名に
「サッカーは好きですか?」 と尋ねてみたところ(ベタな質問をしてすみません)
「好き」 と答えたのはメル友のお父さんただ一人で、後の方は皆、苦笑いをしておりました。
そんなもんなのね・・・。
                                                 continua ...
[PR]
| by dicotomia | 2005-05-13 22:03 | 旅先のイタリア語
「僕はここにいる」 by 山崎まさよし
b0024177_1147651.jpg

 Prenotazioni per i giorni successivi e biglietti internazionali
           si effettuano nella adiacente biglietteria sussidiara


  「連日予約および国際列車の予約は、隣りにある臨時切符売場で行なっています。」

successivo : 続きの、連続的な≫
effettuare : 実行する、実施する/実現する≫
adiacente : (~の)近くの、近隣の、(~に)隣接した<a>≫
sussidiario : 補助の、援助の、支援の、補足的な、付帯的な≫

                     ◆       ◆       ◆

ボローニャ中央駅構内の案内板です。 左右に列車発着時刻表がありました。
イタリア語の内容については別になんてことない案内板なのですが、
大きな旅行カバンを持った人間のイラストが 矢印に沿って3回も描かれているところに
なんともいえない可笑しさを感じて写真を撮りました。
ところで文中の 「sussidiara」 。 右下隅の表記では 「biglietteria sussidiaria」
(形容詞 "sussidiario" の女性形)ですが、sussidiara は・・・?
"sussidiare" (動詞)の変化形か誤植なのか ・・・ ちょっとわかりません。

また、この写真を見ていて気になったのが

  IO SONO QUI   「私はここにいます。」

英語では、案内図で "現在地" を示して 「You are here」 と表記される等、
人間を中心とした表現が多いと習いましたが、
(というか日本語に、主体を人間としない表現が多いということかな)
しかし 「Io sono qui」 とは!!

この点を意識して見ていたわけではないので
他の案内板ではどう表記されていたのか覚えていないのですが、
イタリアでは 「人間」 以上に 「私」 が中心なのか~ とちょっと笑ってしまいました。。。
(深読みしすぎ!?(^^;)

mezzi sussidiari 「補助的手段」
fermata sussidiaria 「臨時停車場」
Torno il giorno successivo. 「その翌日彼は戻ってきた。」

adiacente a casa mia 「私の家の隣りの」
  │accanto a casa mia
  │a fianco di casa mia
  │nelle adiacenze di casa mia
  │vicino a casa mia

È stata effettuata la premiazione del festival cinematografico.
 「映画祭の授賞式が催された。」
La partita verrà effettuata con qualunque tempo.
 「晴雨にかかわらず試合は決行する。」

[PR]
| by dicotomia | 2004-12-27 13:04 | 旅先のイタリア語
イタリアの工事現場より ≪i mezzi di ~ : ~の手段≫
b0024177_22312752.jpg
工事現場に掲示されていた看板です。

È obbligatorio usare i mezzi di protezione personale in dotazione a ciascuno.

 「各人に保護装具の使用を義務付けます。」


obbligatorio : 義務的な、強制的な≫
mezzo : 半分/中央、中間/手段、方法/(交通・輸送の)便/中庸、適度/素質、資力、≫
dotazione : (公共機関の)基金、資金、寄付金/設備、備品、〔軍〕装備、装具≫
protezione : 保護、防備、防止/後援、後ろ盾、保護者≫
ciascuno : 【代名】 各自、各々、すべての人/【形】 各自の、各々の、すべての≫

istruzione obbligatoria 「義務教育」
materia obbligatoria 「必修科目」
È obbligatorio per legge di + 不定詞 「~することは法律で義務付けられている」

avere in dotazione + 物 「~を備えている」
dotazione di libri della bibilioteca 「図書館の蔵書」

I bambini crescono sotto la protezione dei genitori.
 「子供達は親の庇護のもとに育つ。」

Tentiamo tutti i mezzi possibili.
 「いろいろやってみよう。」
I mezzi di comunicazione avvicinano i popoli.
 「メディアが人々の距離を狭める。」
A causa del tifone, tutti i mezzi di trasporto sono fermi.
 「台風の影響ですべての交通機関が麻痺している。」

A ciascuno studente venne dato un testo.
 「各学生にテキストが渡された。」
Ho chiesto a ciascuno la sua opinione.
 「一人一人に意見を聞いた。」

[PR]
| by dicotomia | 2004-11-18 22:45 | 旅先のイタリア語
生命の危機 ≪luna-park : 遊園地≫
連続勤務もようやく終わりましたので、イタリア語の勉強を再開します~。
といっても一週間のブランクからのリハビリを兼ねて、今日は軽めに。

                      ◆       ◆       ◆

b0024177_2050560.jpgこれは4月下旬、オランダ・ハーレムでの写真です。 オランダはアムステルダム、ハーグ、ハーレム、ロッテルダムと周ったのですが、どこの街にも、ほんの小さい広場に移動遊園地がありました。 特にこのハーレムの遊園地には驚きました~! この広場は道路に面していたり、川沿いだったり、角地だったりといった開放的な空間ではなく、四方を建物にすっぽり囲まれた、せいぜいテニスコート2、3面程度の実に狭~い広場。 その空間にギュウギュウに詰められた遊具施設。

b0024177_1956208.jpgそして中でも強烈だったのが左の写真、『BOOSTER』 という乗物。
横軸の両端に2人掛座席
(足場はない。真下が見える、
足宙ぶらりんこ状態) があって
中心軸より大回転+座席360度回転。
それだけでも怖いのに、その回転は、
教会と隣の建物のほんの数メートルの隙間を高速で通り抜けるのです!!
これって日本じゃ、安全基準を満たしてないんじゃないか!?

・・・乗らずにはいられませんでした。 そして、こんな異国の地で短い一生を終えるかと思いました。
先日初めて乗った 『FUJIYAMA』 は、今迄で最高に楽しいジェットコースターでしたが、
今迄で最も生命の危機を感じた絶叫マシーンはコレですわ ・・・。
しかし、このマシーンから降り立ったとき、周囲のオランダ人に拍手で出迎えられました(^^;
思わずへなへな顔を強調してみせると皆さん笑っていました。
会話は成り立たなくても万国共通、心が通じ合う瞬間でした~。

このようにヨーロッパには移動遊園地がよくあるようですが、
時期が合わないのでしょうか、残念ながらイタリアを始め他の国では出会えていません。
(私のヨーロッパ旅行は4~5月が多いのですが、もうちょっと夏の頃だと開設されているのかな?)

                      ◆       ◆       ◆

さて。 こじつけのように、ようやくイタリア語の勉強を。
"遊園地" を調べると ≪parco dei divertimentiluna-park≫ と載っていました。
luna-park はよく耳にしますが、どういう由来なんでしょう?
montagne russe : ジェットコースター≫ の由来のように、何かいわれがあるのかな?
と調べてみましたが見つかりませんでした。

ruota panoramica : 観覧車≫
carosellogiostra : 回転木馬、メリーゴーラウンド≫
casa degli orrori : お化け屋敷≫
tiro a segno : 射的≫

伊和辞典から遊園地関連例文をつらつらと。
最後の文は、やはり日本人編纂者が作成したのでしょうか(笑)。。。
un giro molto eccitante sulle montagne russe
 「スリル満点のジェットコースター」

Non c'era quasi nessuno al luna-park a causa della pioggia.
 「雨のために遊園地は閑散としていた。」

Mio figlio insiste per farsi portare al luna-park.
Mio figlio mi chiede insistentemente di portarlo al luna-park.
 「息子が遊園地に連れて行けと私を責める。」

[PR]
| by dicotomia | 2004-11-04 21:55 | 旅先のイタリア語
ナポリを見るなら・・・ ≪Attenzione! : 気をつけて!≫
ナポリの街が一望できることで有名な サンテルモ城(Castel Sant'Elmo) に向かっていたとき、
最寄のフニコラーレ ≪funicolare : ケーブルカー≫ の駅のそばで、一人のイタリア人男性に
「ドコ行クノデスカ?」 「ニホンジンデスカ?」 と日本語で声をかけられました。
怪しい!? とは思いましたが、サンテルモ城の場所を尋ねると 「コッチ」 と教えてくれるので、
とりあえず案内に従って一緒に歩きました。

すると彼は言いました。 「城ノ近クニ 私ノ "カメオ"ノ店ガアル」 「見テイカナイカ?」
おお~っ! キタキタ~!!
続けて 「私ノ弟、"カメオ"作ル人。 去年、日本ノ大丸デパートニ行ッタ」

「 ・・・ んん!?」  確かにちょうどその半年前(今から約1年前)、
イタリア人職人を招いたイタリアンフェアが札幌の大丸デパートでも開催されていました。
そしてここぞとばかりに、私はそこでカメオ職人に話し掛けていたのです。
(ほんっとに迷惑なヤツでゴメンなさい)
その催事は既に大阪や京都の大丸を回り、札幌が最後だったからでしょうか、
ホームシック気味の職人さんは大変喜んでイタリア語で話してくれました。
でもその職人さんは、ナポリの近くに住んでいると言ってたけど、ナポリではなかったな~
そういえば、「本当は今日の担当は別の人だったけど、彼が体調を崩したので僕は代わりなんだ、
だからこのテーブルに貼ってある写真と名前は別の人のなんだ」 とも言ってたな~
う~ん、彼なのか~!!?

そうこうしているうちに、カメオ兄の案内は正しく私達はサンテルモ城に着き、
そして本当にその向かいにカメオ工房がありました。
「買ワナクテイイ。 見ルダケ。」 との常套文句で誘うカメオ兄。
まあ、角地の開放的な店舗だったので 「買うつもりはない」 と念を押してお店に入りました・・・。

で、結果を先に言うと、やはりそのカメオ弟は私が札幌で話した職人さんではなかったのですが、
私が札幌から来たと言うと、ちょうどその週に北海道で起こった十勝沖地震の話をし出したので
そのとき北海道にいたのは間違いないんだな~。 ということはもう一人の職人だったのかなぁ・・・
でも、私のイタリア語能力ではそれを確かめるほどの会話はできませんでした(^^;)
まあ、そうそう偶然の再会はありませんネ。

Vedi Napoli, e poi muori. 「ナポリを見てから死ね」

で、帰国後、何気にナポリ情報をネット検索していたところ、
この場所でこのカメオ兄に話かけられたという旅行記をいくつも発見!!
やはりサンテルモ城に行く日本人を狙っているみたいです。
ま、実際 カメオは日本のデパート価格よりも安いようで (質はよくわかりませんが)
また、別に何も買わなくても しつこく迫られることも脅されることもなく
「Ciao~!」 で店を出てこれたので全く問題はなかったのですが、
もし皆様もこの辺りに行くことがありましたら ちょっとお気をつけくださいませ。

                     ◆       ◆       ◆

morire : 死ぬ≫ の活用って実に不規則ですよね。 現在形活用を取り上げると
muoio - muori - muore - moriamo - morite - muoiono

他にもこの言葉を使用したことわざ(?)を拾ってみました。 下の二つはスゴイですネ。
Chi non muore, si rivede. 「命永らえば巡り会う」
L'amore non muore mai. 「愛は不滅である」
A pagare e a morire c'è sempre tempo. 「金の払いと死ぬのとは急がずともよい」
Chi vive sperando, muore cantando.
 「夢を追って生きる者は歌いながら死ぬ (夢想家の末路は哀れ)」

                     ◆       ◆       ◆

・・・ 全く関係ないのですが、今このタイトルをつけてて
以前相方が 「♪Gli uo~mini so~no i lu~pi! Attenzio~ne~♪」
と嬉々として歌っていたのを思い出しました ・・・。 ばかだわ。
( ピンクレディー 『S・O・S』 です。 いったい何歳までの方がご存知なのでしょうか ・・・?)
[PR]
| by dicotomia | 2004-10-25 17:55 | 旅先のイタリア語
旅先で理解していたいイタリア語 ≪architecture : 建築≫
本日のイタリア語は、イタリア旅行前にぜひ覚えておきたい (と毎回私が思う)、
建築、美術に関する単語を集めてみました。

palazzo reale : 王宮
basilica : 聖堂、寺院 (Basilica di San Pietro サン ・ ピエトロ寺院 [Vaticano]
cappella : 礼拝堂 (Cappella Sistina システィーナ礼拝堂 [Vaticano]
battistero : 洗礼堂 (Battistero San Giovanni サン ・ ジョヴァンニ洗礼堂 [Firenze]
cripta : 地下礼拝堂
campanile : 鐘楼 (Campanile di Giotto ジョットの鐘楼 [Firenze]
convento : 修道院 (Convento di San Damiano サン ・ ダミアーノ修道院 [Assisi]
abbazia : 大修道院
monastero : 僧院
santuario : 本堂
altare : 祭壇
mausoleo : 霊廟
catacomba : 地下墓所 (Catacombe di San Callisto サン ・ カッリストのカタコンベ [Roma]

cupola : クーポラ、円屋根、円蓋
facciata : ファザード、建物正面
corridoio : 回廊
chiostro : 回廊つき中庭 (Chiostro della Santa Chiara サンタ ・ キアーラ教会回廊 [Napoli]
torre : 塔 torre pendente : 斜塔)
arco : アーチ (凱旋門) (Arco di Costantino コンスタンティヌスの凱旋門 [Roma]
colonna : 円柱
ruderirovine : 遺跡(複)
anfiteatro : 円形劇場、円形闘技場
tempio : 神殿
castello : 城 (Castello Sforzesco スフォルツェスコ城 [Milano]
rocca : 城塞 (Rocca Maggiore 大城塞 [Assisi]
mura : 城壁(複)

affresco : フレスコ画
pittura murale : 壁画
dipinto su soffitto : 天井画
mosaico : モザイク
mattone : レンガ
tappezzeria : タペストリー
scultura : 彫刻
statua : 像・彫刻
marmo : 大理石 statua di marmo : 大理石像)
prospettiva : 遠近法
chiaroscuro : 明暗法
sfumato : スフマート、ぼかし画法
disegno geometrico : 幾何学模様
Annuciazione』 : 受胎告知
Adorazione dei Magi』 : 東方三博士の礼拝
Giudizio Universale』 : 最後の審判
Pietà』 : ピエタ
Maestà』 : マエスタ、荘厳の聖母

età antica : 古代
medioevo : 中世
romanico : ロマネスク
gotico : ゴシック
rinascimento : ルネサンス
barocco : バロック
rococo : ロココ
età moderna : 近代・現代
[PR]
| by dicotomia | 2004-10-19 23:55 | 旅先のイタリア語
どっちもダメです・・・ ≪vietato fumare : 禁煙≫
本日もまずイタリア旅行での失敗談(?)から。

ポンペイ駅ホームでナポリ行きの列車を待っていたときのこと。
案の定、「少々遅れています・・・」 「20分遅れの予定です・・・」 「30分遅れです・・・」 と
幾度となく列車遅延のアナウンスが流れていました。
ま、その遅延時間についてはなんとかヒアリングできていたのですが、
それ以外の言葉はやはり速くてよく聞き取れませんでした。
そこで、少しでもイタリア語でイタリア人と会話したかった私は(迷惑なヤツです)
近くにいたおばあさんに 「なんてアナウンスされているのですか?」 と質問してみました。
するとおばあさんは、同じく近くで列車を待っていた若い女性に何かを言い、
それを受けてその女性は私に英語で尋ねてきました。
「英語とフランス語、どっちがいい?」

・・・ そりゃそーだ。 たとえイタリア語で質問したとしても、
アナウンスの内容を尋ねてきた外国人にイタリア語で答える人はいないだろう!!
しかも 英語とフランス語、どっちがいい? だと!!?
少なくともどちらかはできることが前提の質問ときた!
っていうか、英語できなくてフランス語できる日本人なんてそういないだろう!
っていうか、あなたは少なくとも3ヶ国語 話せるのね~~!!

結局、 「え、えいご で ・ ・ ・ 」 弱々しくそう答えるしかありませんでした ・・・。

                     ◆       ◆       ◆

今回の旅行では、ホテルや駅ではイタリア人と会話する絶好のチャンスと思い、とにかくイタリア語で話しかけました。 しかし相手から返ってくる言葉は英語。 それでも負けじとさらにイタリア語で返答しても、また返ってくるのは英語 ・・・。 実に奇妙な会話のやりとりでした ・・・。
あああ。 他国では、母国語以外に英語+α ができて当たり前なんですよね~。

                     ◆       ◆       ◆

本日のイタリア語は、列車のドアに貼られていたコチラの文章より。
b0024177_15531941.jpg

Su questo treno è vietato fumare
Dal 14 aprile 2003 è vietato fumare su tutti i treni regionali,
interregionali e diretti. Su questo treno, pertanto,
non ci sono più spazi riservati ai fumatori.
Ai trasgressori sarà applicata la sanzione di Euro 7,00
prevista dall'art. 28 del DPR 753/80,
previa facoltà di pagamento in misura ridotta
in caso di esercizio del diritto di oblazione.
Il divieto si applica indipendentemente dalla presenza
di eventuali indicazioni contrarie esposte nelle carrozze.


この列車は禁煙です
2003年4月14日から全てのローカル列車、地方列車、準急列車において禁煙となります。
したがって、この列車にはもう喫煙スペースはありません。
違反者に罰金の支払請求権を行使する場合は、まず少額前納の後に
イタリア共和国大統領令753/80の第28条により7ユーロの罰金を科します。
この禁令は、たとえ車内にこれに反する表示があったとしても無関係に適用されます。

vietato : 禁じられた≫
regionale : 地方の、地域の/州の≫ → treno regionale : ローカル列車
interregionale : 州(地方)間の≫ → interregionale regionalo : 地区間列車
pertanto : 【接】 だから、その結果≫
riservato : 特定の個人用の/慎み深い/留保された、保護(保存)された≫
trasgressore : 違反者≫
applicare : (~に)貼り付ける/(精神・注意を)傾ける/(刑罰など)加える、科する≫
sanzione : 認可、批准/罰則、制裁≫
previsto : 予想された、予知された、予定された≫
articoloart.) : 条項、箇条≫
D.P.R. (略)Decerto del Presidente della Repubblica : イタリア共和国大統領令≫
previo : 【形】 予めの、先立つ、前もって~した後に≫
facoltà : 能力、才能/権力、権限/機能、効果/(大学)の学部≫
ridotto : 【形】 縮小した、引き下げた/【名】 (劇場などの)ロビー、休憩場≫
in caso di : ~の場合には≫
esercizio : 練習/練習問題/行使、運用/経営、営業≫
diritto : 権利、請求権/法/正当性≫
oblazione : 奉納、寄進、奉納金/(法律違反免除のための)罰金の支払い≫
presenza : 居ること、出席/容姿/存在、存在感≫
eventuale : 起こりうる、もしもの時の≫
indicazione : 表示/指示、指図、情報/注意書き≫
esposte : 展示された/露出した/述べられた、説明された≫
carrozza : 馬車、幌馬車/客車≫

また自分には難易度の高すぎる文章にチャレンジしてしまいました ・・・。
"previa ~ oblazione." のあたりはほとんどわかりません ・・・。
想像で訳してみましたが、おそらく間違っていると思います ・・・。
あ。 写真左の人影は、ガラスに反射した私であって、心霊写真ではないです ・・・。

しかし "indipendentemente" ってすごい単語ですね。
この言葉を3秒以内に3回続けてどーぞ!  ・・・ あ、意外と言えちゃうか!?(笑)
[PR]
| by dicotomia | 2004-10-18 16:22 | 旅先のイタリア語
Bar にて・・・ ≪bomba : 爆弾≫
大変お恥ずかしい話ですが、私はほとんど英語ができません。
ましてや他の外国語の知識など全くありませんした。

なのにイタリアに惚れ、イタリア語を勉強するようになってからというもの、
私にとって横文字は全てイタリア語になりました。

「come」 はもう 「コメ」 以外の何者でもありません。 「カム」 なんて言葉は知りません。

イタリア旅行中、小腹がすいてバールに入り、ショーケースに貼られたメニューを見て
「Vorrei un caffè e un "ブリオケ", per favore!」 ・・・ と元気よく注文しましたさ!
しばらくの間があって 店員が
「 ・・・ ブリオッシュ??」

・・・・・ Σ(゚д゚lll)!!!

とっさに 「Sì! Certo!! ブリオーッシュ!!」 と叫びました(心の中で)。
brioche : フランス語。クロワッサン型の甘い菓子パン)

ああ。 イタリアの達人の皆様に教えていただきたいことがあります。
バールでちょっと悩むときがあるのです。
注文のレジと食べ物のショーケースの位置が離れていて
指をさして注文することができないとき、何と言って頼めばよいのでしょうか!?
"pane" とか "pasta" と言えばいいのですか?
いろいろと種類があっても、それらを個体識別する必要はないのですか?
壁のメニュー表にも飲み物以外は記載されていない。
そもそもショーケースに数種類のパンやケーキが並んでいても値札がついていない。
あれは全て同じ価格ということ!?

とあるバールで私は、遠くにあるショーケースをムリヤリ指さして
「Vorrei un caffè e quella lì, per favore!」 と注文しました。
すると店員のお兄さんに 「Croissant?」 と尋ねられました。
ごめんよ signore、それは私の意中のパンじゃない!!
結局 3、4m 離れたショーケースの前まで行って 「これよ! これ!」 と指さしました ・・・。

その後カウンターでカッフェとパンを食べながら、パンを指さし
「Come si dice questa in italiano?」 と、その店員に尋ねてみました。
兄ちゃんは一瞬キョトンとした後、苦笑いしながら
「bomba ・・・ bombolone.」 と教えてくれました。

                     ◆       ◆       ◆

bomba : 爆弾/作り話、衝撃のニュース≫
bombolone : 大型液体ガスボンベ≫

そしてこれにはさらに、
「中にジャムやクリームの詰め物をした球状の揚げ菓子」 の意味があるそうです。
そう、ミスタードーナツなんかによくある、
中にクリーム、外に粉砂糖がまぶしてある、あの揚げ菓子パンですよ!
今ネットで検索してみたら、何件かヒットした。 結構なじみの言葉なのか~!!?
そして 「大型液体ガスボンベ」 と同じ呼び方でいいのか~!!!?


  
[PR]
| by dicotomia | 2004-10-05 19:18 | 旅先のイタリア語
| TOP |