カテゴリ:いろんなイタリア語( 114 )
|
今年の運勢は・・・ ≪oracolo scritto : 御神籤 ≫
今年も初詣に行った際、おみくじを引いてまいりました。
(1月も既に後半に突入したというのに こんな話題とは、いったいなんということでしょう!??)

これまでの人生、折に触れ、まあ幾度となく おみくじを引いてきたわけですが、
私のクジ運ときたらそりゃあもうヒドイもので、
大吉を手中に収めたのは 生涯 たったの二回のみ。
いつもいつもいつも 小吉、吉、末吉 のオンパレード☆

そ、それが、今年はなんとビックリ!!
わーい、中吉だぁーーー♪♪♪ (こんなレベルで喜ぶお手軽な私)

――― が、コレはいったいなんということでしょう!?? (以下、拙伊訳)
i desideri
 Avrai molte preoccupazioni ed i risultati non saranno soddisfacenti.
 Non affrettarti!
la persona che stai aspettando
 Verrà, ma molto tardi.
gli oggetti perduti
 Li ritroverai, ma non varranno niente.
i viaggi
 Fai attenzione ai furti!
gli affari
 Non renderanno molto né di comprare né di vendere.
gli studi
 È importante prendere decisioni affrettate.
le liti
 Se prenderai la parola per primi, le perderai.
l'amore
 Aspetta il momento propizio pazientemente.
i traslochi
 Se ti agiterai, subirai una perdita.
il parto
 Non c'è problema. Senza difficoltà.
le malattie
 Se sceglierai un medico qualificato, guarirai.
le proposte di matrimonio
 Non saprai più che fare. Accerta la verità!


More
[PR]
| by dicotomia | 2007-01-19 06:58 | いろんなイタリア語
復活のホタテ祭り
今年もホタテがやってきました。
道南の海沿いの町で暮らす親戚が毎年この時期に送ってくれる、まさしく COOL な宅急便。

―― 宅配兄ちゃんから発泡スチロールの箱を受け取ると、早速ゴソゴソと中から音が。
できるだけそお~っとキッチンに移動し、できるだけそお~っとフタを開け
隙間から覗いてみると・・・ 異変に気付いたホタテくん(pl.)、慌てて一斉に貝を閉じる閉じる・・・

「ああ・・・!! やっぱりキミたち、生きてるのね~~!!」 (※嬉しいけど悲鳴)
毎回のことながら、この命と対峙には畏怖の念を抱かずにはいられません。

しばしの現実逃避・放置ぷれいの後、意を決して再びご対面。
軍手とナイフ、ボウルにザル、ペーパータオルにラップ、塩、
そして、最重要アイテム≪ワサビ醤油とお箸≫を事前にしっかり準備して、貝剥き作業に入ります。
貝の隙間からナイフを差し込んでぐりぐり・・・ まず片面の貝柱をこそいで外し、
貝を二つに開いたら 反対側の貝柱、ワタ、ヒモと外していく。
そしてそれらを三つのザルに分け入れ、水洗い。

当然我慢できずに早速1コ目から味見・・・
貝柱はとろけるように柔らかく、豊潤な甘味が口いっぱいに広がる。
そしてコリコリ食感のヒモからは、噛めば噛むほど旨味がにじみ出てきて・・・
―― えっと、ホタテって男性名詞? 女性名詞? 一応口にしたのは1コだから単数形でOK?
いや、そもそもホタテってイタリアでも食べられているのかな?
・・・ええーい、どっちでもいいや~!―― ということで、 「È squisitoooo!!!」

途中、まだまだ血気盛んな一部ホタテくんたちの必死の抵抗にあいながらも(ゴメンよ・・・)
なんとか全ての貝を処理し、ヒモのヌメリや黒ズミを塩水で洗い落とし、
ペーパータオルで水気をふき取り、明日の分を除いてラップで小分けして冷凍庫へ。
当初40コ近くあったはずのものが、この時点で30コ少々に減っているのは多分ご愛嬌。
作業終了まで要2時間。 冬の冷たい水で指先はすっかりかじかんでしまいましたが、
ホタテのお供に飲んだ Birra(いつ用意した?)で 顔はポカポカでした。

◆       ◆       ◆

電子辞書によると ≪ホタテガイ : pettine di mareventaglio(m.)≫ とのこと。
しかし、手元にある他の単語集(pl.)の魚介類ページには
どれにもホタテは掲載されていませんでした。
冷たい海に分布する貝だから、イタリア近海では獲れないのでしょうか?

◆       ◆       ◆

12月頭から勉強どころじゃない状況で(と言い訳にして)
以前のエントリで触れた学習計画など たった一ヶ月で もろくも崩れ去ったわけですが、
家中の観葉植物たちが見事にしおれまくっているのを見て我に返り、
(ワイヤープランツなんてカラカラだった・・・ でも慌てて水を与えたら復活した。すごい生命力だ)
おかげ様で、ようやく気持ちも落ち着き 復調してまいりました。
コメントを寄せてくださった皆様、ありがとうございました。

リハビリ期間ということで、本日は ≪pettine : 櫛≫、≪ventaglio : 扇子、扇≫
という単語を覚えただけでヨシとしてみることにしましたよ。てへ。
[PR]
| by dicotomia | 2006-12-23 23:52 | いろんなイタリア語
いろいろ言ってみる
per così dire / per modo di dire : 言わば
per meglio dire : より正確に言えば、言い換えれば
per dire la verità / a dire il vero / in verità : 実を言うと
per sentito dire : 聞くところによれば
mi hanno detto che... : ~と私は聞いている

detto fatto : 言うやいなや、即座に
come ti ho già detto : 前にも言ったけど
detto tra noi / rimanga tra noi : ここだけの話だけど
a dire di tutti : みんなの言い分によると
come non detto : これは言わなかったことにしましょう [してください]
dispensarsi dal dire che... : ~と言わざるを得ない
è inutile dire che... : 言うまでもなく~
non è detto che... : ~とも言えない [限らない]
quindi mi stai dicendo che... : つまり君が私に言っているのは~ということだね

dire ql.co. chiaro e tondo : 歯に衣着せずに言う、<何か>を率直に言う
dire ql.co. a mezza bocca [fra i denti] : 言葉を濁して言う、<何か>をぼそぼそ言う
dire ql.co. a mezz'aria : <物>を暗ににおわせるように言う
non dire né ai né bai : うんともすんとも言わない

Come dicevo io. 「私が言った通りでしょ。」
Te l'ho già detto. 「前に言っておいたじゃないか。」
Non volevo dire questo. 「そう言いたかったわけじゃないんだ。」
Proprio come dici tu. 「まさしく君の言うとおりだ。」
Lo puoi ben dire. 「君がそう言うのは無理もない。」 「当然だ。」
Ma che dici? 「いったい何を言ってるんだ!」 「まさか!」
Dici sul serio? 「本気で言ってるの?」

Non me ne parlare! / Non parlarmene! 「その話はもうやめて!」
Non me lo dire! / Non dirmelo! 「私にそのことは言わないで!」
Non ne parliamo più. / Non parliamone più. 「もうその話はやめにしよう。」
Non ho nulla da dire. 「何も言うことはない。」

◆       ◆       ◆

先日、恥ずかしながら 初めてホットワインを飲みました。 美味しかったです。
これは家でも作ってみようと ネットでレシピ検索してみたのですが、
(まあ当然ながら)どれも様々な分量で、スパイス・柑橘類を煮込む、ハチミツを入れる、
水を加える、ブランデーを加える、沸騰させない/煮立たせてアルコール分をとばす、
簡単にレンジで温める・・・ などなど、多くのページがヒットしました。

で、適当に作ってみたのですが、それがなんだかイマイチで・・・(T-T
うーん、、、 自分好みのレシピを探して いろいろ試してみるかな~。
[PR]
| by dicotomia | 2006-11-26 05:46 | いろんなイタリア語
秋色 ≪i colori autunnali≫
b0024177_4214160.jpg
【門-1/GATE-1】
作品の入口となる高さ7mの門


More
[PR]
| by dicotomia | 2006-10-25 01:27 | いろんなイタリア語
接続法を用いる接続詞(句)
■ 譲歩
 ancorché : たとえ~にしても、~にもかかわらず
 benché
 dato che
 magari
 malgrado
 nonostante (che)
 per quanto
 sebbene

 quantunque : たとえ~にしても、~にもかかわらず
 comunque : どんなふうに~しようと
 dovunque : どこへ~しようと

 chiunque : 誰が~しようと、誰であろうと (※不定代名詞が導く譲歩節)
 qualunque : どんな~であろうと、どんな~をしようと (※不定形容詞が導く譲歩節)

■ 条件
 a condizione che : ~という条件で、~である限り
 a patto che : ~するなら
 basta che : もし~ならば、~しさえすれば
 nel caso (che) : ~の場合には
 purché : もし~ならば、仮に~すれば、~の条件で
 qualora : (万一)~の時には、~の場合は
 semmai : (万一)~の時には、~の場合は
 sempre che : ~の時はいつでも

■ 除外
 a meno che (non) : ~を除いて、からでなければ/~する間もなく
 salvo che : ~の場合を除いて、ただし~の場合はこの限りにあらず
 senza che : ~でないのに、~しないで
 tranne che : ~を除いて

■ 時
 prima che : ~する前に、~しないうちに/~よりはむしろ
 avanti che
 finché (non) : ~するまで、~する間は

■ 目的
 affinché : ~するように、~するために
 perché
 in modo che : ~するように、~になるように

■ 様態
 come se : まるで~であるかのように
 quasi (che)

副詞節を導く、接続法を用いる接続詞(句)を集めてみました。
この他にも 「こんな語句もあるよー」 とのご教示をいただければ幸いです。。

◆       ◆       ◆

先日、とある文中に eroismo という単語を目にし、
なんの違和感もなく 私の脳内で変換された訳で読み進めていったわけですが、
「このような心温まるお話に、なにゆえ・・・!??」

読後 その恥ずべき誤解に気付くまで、数十秒も要した自分にガックリでした・・・。 ああん、ばか。
(eroismo≠erotismo)
[PR]
| by dicotomia | 2006-09-22 00:09 | いろんなイタリア語
数値いろいろ
 n : n 年間 ― n 年の、n 歳の ― n 年毎の、n 年間継続する
02 : bienniobiennebiennale
03 : trienniotriennetriennale
04 : quadriennioquadriennequadriennale
05 : quinquennioquinquennequinquennale
06 : sessenniosessennesessennale
07 : settenniosettennesettennale
08 : ottennioottenneottennale
09 : novennionovennenovennale
10 : decenniodecennedecennale
12 : dodicenniododicennedodicennale
15 : quindicennioquindicennequindicennale
20 : ventennioventenneventennale
25 : venticinquennioventicinquenneventicinquennale
30 : trentenniotrentennetrentennale
40 : quarantennioquarantennequarantennale
50 : cinquantenniocinquantennecinquantennale
60 : sessantenniosessantennesessantennale
70 : settantenniosettantennesettantennale
80 : ottantennioottantenneottantennale
90 : novantennionovantennenovantennale
100 : centenniocentennecentennale
1000 : millenniomillennemillenario

約10 : decina
約20 : ventina
約30 : trentina
約40 : quarantina
約50 : cinquantina
約60 : sessantina
約70 : settantina
約80 : ottantina
約90 : novantina
約100 : centinaio

[PR]
| by dicotomia | 2006-08-18 07:37 | いろんなイタリア語
代名動詞いろいろ i verbi pronominali
お勉強仲間のTさんに資料をいただいたので (ありがとうございます!)
そちらを元に書き出し&まとめてみました。
("-sene" は かな~り以前に取り上げましたので、それ以外です)

◆       ◆       ◆

≪-ci
metterci : (犠牲を)払う、時間をかける (≒ impegnare)
sentirci : 耳が聞こえる
vederci : 目が見える
vederci (+chiaro) : (状況を)はっきり把握する、見抜く
volerci : 必要である、時間[金]がかかる (≒ essere necessario)

≪-la
finirla : 止める
smetterla : 止める
sentirla : (前文、前の状況を漠然と指して)そのことを感じる[受け止める]
prenderla : 反応する、思う
rappezzarla : 間違いをごまかす、(なんとか)修正する
vincerla : 目的を達成する

≪-cela
avercela (+con qualcuno) : (人)に腹を立てる、怒る (≒ essere arrabiato con)
farcela : うまくやる、成功する (≒ riuscire)
mettercela (+tutta) : 懸命に取り組む、頑張る (≒ fare tutto il possibile)

≪-sela
cavarsela : 切り抜ける、何とかやっていける (≒ riuscire a risolvere il problema)
filarsela : 逃げ出す、こっそり抜け出す
legarsela (+al dito) : ひどい仕打ちに復讐を誓う
prendersela : 怒る、根に持つ (≒ offendersi); 心配する
passarsela (+bene/male/discretamente) : 暮らし向きが良い/悪い/まずまずである
sentirsela : ~する気がある、乗り気である; ~する勇気がある (≒ avere il coraggio)
spassarsela : 楽しく過ごす、享楽にふける (≒ divertirsi)
vedersela : 適切に処理する、処置を講じる
vedersela (+brutta) : ひどい目に遭う (≒ fare male)
sbolognarsela : こっそり逃げ去る、逐電する
sbrigarsela : 厄介事を片づける
sbrogliarsela : 面倒から逃れる、窮地を脱する
sbucciarsela : (嫌なことを)切り抜ける、うまく逃れる
scialacquarsela : 楽しむ

Ci ho messo molto tempo per fare questo lavoro.
 「この仕事はとても手間がかかった。」
Più ci penso meno ci vedo chiaro.
 「考えれば考えるほどわからなくなる。」

Ti dirò come la sento. 「私がその点どう思っているかを言おう。」
Non devi prenderla così seriamente. 「そんなに難しく考えることはない。」
Basta, smettila di fare la predica ! 「説教はもうやめてくれ!」

Perché ce l'hai con me ? 「なぜ私を怒っているの?」
Forza ! Metticela tutta ! 「力一杯やってこい!」
Ce l'ha messa tutta nel suo lavoro. 「彼は仕事に全力をつぎ込んだ。」

Me la lego al dito ! / Me la pagherai !
 「覚えてろ!」
Non te la prendere troppo.
 「そんなにくよくよするな。」
Non me la sento di dargli questa notizia. 
 「私には彼にその知らせを伝える勇気がない。」
Vedetevela tra voi.
 「君たちでよろしく取り計らってくれ。」

[PR]
| by dicotomia | 2006-08-02 22:00 | いろんなイタリア語
過去最大まであと少し・・・ ≪crisi : 危機的状況≫
先日、運転免許証の更新をしてきました。
真新しい免許証を手にしたとき、充分にわかっていたはずのこととはいえ
5年前に比べ確実に変化した頬から顎にかけてのラインを見て5秒ほど固まってしまいました・・・
本気で考えなければならないときがきたようです > dieta

ちなみに9年前に作ったパスポート写真の私は
なぜか80年代ブームばりのリッパな眉をしています。
・・・・なにゆえこの写真で手続きに行ったのだろう? 自分がわからない。
とにかく来年が待ち遠しい。

patente di guida 「運転免許証」
prendere la patente 「免許証を取得する」
esibire la patente 「免許証を提示する」
rinnovare la patente scaduta 「期限がきた免許証を更新する」
sospensione/ritiro della patente 「免許停止」 (7/14修正)
revoca della patente 「免許取消」 (7/14修正)
Domani scadrà la tua patente. 「君の免許証は明日失効する。」
Gli hanno tolto la patente. 「彼は免許証の取り消しをくらった。」
Per guidare la macchina è d'obbligo la patente.
 「自動車を運転するには免許証が必要である。」
Per avere la patente è necessario essere maggiorenni.
 「免許証を持つためには成人でなくてはならない。」
guancia 「頬」 / mascella 「顎」 / sopracciglio/a 「眉」 

[PR]
| by dicotomia | 2006-07-11 00:27 | いろんなイタリア語
いろいろ取り除いてみる ≪curiosità : 好奇心≫
以前、あるイタリア語・日本語学習者交流掲示板の書き込みで
こんなふうなやりとりを見かけました。

日本人:
 「ちょっと教えていただきたいのですが、
  Toglimi una curiositàとは どういう意味ですか?」

イタリア人:
 「あなたが今言ったことと だいたい同じです。」

イタリア人、ナイスです(笑)
ちなみに、小学館・伊和中辞典で ≪curiosità≫ を引いてみると
この表現は、「Levami una curiosità」 と
"togliere" ではなく "levare" を用いた例文のみが掲載されていました。

が、試しに Google Italia でフレーズ検索してみたところ

 「Toglimi una curiosità」 - 37,800件
 「Mi tolga una curiosità」 - 687件
 「Toglietemi una curiosità」 - 12,200件

 「Levami una curiosità」 - 432件
 「Mi levi una curiosità」 - 105件
 「Levatemi una curiosità」 - 224件

という大差の結果でした。 ・・・うーん、辞書ってこんなもんなのね。

◆       ◆       ◆

上は 二人称単・複命令法+目的語代名詞 という形ですが、
ちょっと面白かったので "togliersi/levarsi + ql.co." の表現をちょこっと集めてみました。

togliersilevarsi le scarpe 「靴を脱ぐ」
togliersilevarsi gli occhiali 「眼鏡をはずす」
togliersilevarsi il trucco 「化粧をおとす」
togliersilevarsi un capriccio 「好き勝手にする」
togliersilevarsi una voglia 「自分の欲求を満たす」
togliersilevarsi la fame 「空腹を満たす」
togliersilevarsi gli anni 「年をごまかす」
togliersilevarsi la maschera 「仮面を脱ぐ、本性を現す」

[PR]
| by dicotomia | 2006-07-01 08:58 | いろんなイタリア語
今世紀初
このような瞬間に立ち会えることは
今後またしばらく無いとは思いたくないけどかなり思われるので記念エントリ。 えい!
b0024177_1304786.jpg

初夏の清々しい青空。 日射しと涼風とが大変心地よい土曜日の午後、
厚別競技場で行なわれた コンサドーレ札幌vs東京ヴェルディ1969 戦を見てきました。

b0024177_23564712.jpg
結果は4-0という驚きの完勝。 そして、これで J2で優勝した
2000年(岡田武史監督&エメルソン(年齢詐称タイホ@ブラジル)時代)
以来の5年8ヶ月振りの4連勝!!
しかも仙台、横浜C、東京Vと、3試合連続での上位チーム撃破です。
んでも、長いトンネルを抜けた・・・ なんて決して言えない我がチーム。

この試合展開にラモス監督、さぞかし怒り心頭で
エキサイティングに指示出ししているのかと思いきや、
わりと大人しくベンチに座ったままで・・・・

と思ったら、この日の晩、
日テレのW杯特番に出演しているではありませんか。
そのために体力温存モードだったのでしょうか?
オファーを断り切れなかったのか、
札幌戦を楽勝と見なしていたのか・・・(多分正解)。

ところで、ローカルTVでは 『コンサ・今世紀初の4連勝!』 との報道が!
"今世紀初" なんていう表現、今世紀になってから久方ぶりに聞きました。


secolo : 世紀、100年 ;[複で]きわめて長い時間(年月)
        /(特定の)時代 ;現代/多くの日々、長年月、長い時代
        /世俗(の生活)、浮き世、世間 ;現世、この世≫

il più grande capolavoro del secolo 「世紀の大傑作」
il più grande avvenimento del secolo 「今世紀最大の出来事」
il secolo d'oro della pittura italiana 「イタリア絵画の黄金時代」

Non mi diverto così da secoli.
 「こんなおもしろい思いをしたのは本当に久し振りだ。」
È un'opinione avallata da secoli di esperienze.
 「何百年もの経験によって裏づけされた見解だ。」

イタリアvsオーストラリア戦の結末に絶句・・・。 これを劇的な勝利と言ってよいのでしょうか~!?
一試合を通して非常に不安定だったジャッジ。 オーストラリアもよく頑張ったね。
この後のスイスvsウクライナ戦も見ていたいけど、本日はこれにて多分就寝。

★オマケ★
最近のお気に入りブログ : つば九郎ひとこと日記
『はじめてのパソコン』、および友情出演・千葉ロッテマリーンズのマーくん(+スタッフ)の
小芝居がいとおかし。 スワローズも交流戦での好調を維持していけるのか、今後が楽しみです。
[PR]
| by dicotomia | 2006-06-27 02:36 | いろんなイタリア語
| TOP |