カテゴリ:いろんなイタリア語( 114 )
|
Qualcuno potrebbe darmi una mano!??
前々回ご紹介したクロスワードパズルですが、 秋さんmaccarelloさんmonoさん
ご協力をいただき(コメント欄および追記参照)、なんとココまで埋めることができました! わお!

b0024177_0312429.gif
残すは 28タテ、47ヨコ
のみなのですが・・・

"Passaggio risolutore nel basket" って、そもそも問題文の意味がわかりません(T-T


そうそう、18ヨコ:
Amò Leandro -> INO ってなんじゃろ? と思っていたのですが、どうやらギリシャ神話のレアンドロス と イーノ という神らしいです。



ORIZZONTALI (ヨコのカギ)
1. Londra per gli inglesi 「"Londra" を英語で言うと」 -> LONDON
6. Una costruzione sul tetto 「屋根の上の建造物」 -> ALTANA
11. Sono anche combustibili 「燃料にもなる」 -> OLI
12. Può esserlo anche l'angolo 「角にもなれる」 -> RETTO
14. Cavaliere in breve 「"Cavaliere" を短く言うと」 -> CAV
15. Isola nell'Egeo 「エーゲ海の島」 -> RODI
16. Non tutto, solo una 「全部ではなく ひとつだけ」 -> PARTE
17. Nata a metà 「"Nata" の半分」 -> NA
18. Amò Leandro 「Leandro が愛した」 -> INO
19. Grave, importante 「重大な、重要な」 -> SERIO
20. Regio Decreto Legge 「勅令」 -> RDL
21. Simbolo del calcio 「カルシウムの化学記号」 -> CA
22. Fiume africano 「アフリカの川」 -> CONGO
23. Fu re d'Israele 「イスラエルの王であった」 -> SAUL
24. Tutt'altro che rapida 「速くはない」 -> LENTA
25. Il divo Cruise 「人気スターのクルーズ」 -> TOM
26. Donne di Sassari 「シチリアの女性たち」 -> SARDE
27. Greta del cinema 「映画のグレタ」 -> GARBO
29. Andate 「(あなたたちは)行く」 -> ITE
30. Puro 「純粋な、純潔な」 -> CASTO
32. Il luogo di residenza 「住居、居住地、本拠地」 -> SEDE
34. Sembrate 「~のように思われる」 -> PARSE
35. Parolina avversativa 「反意を表すひとこと」 -> MA
36. Aferesi di questa 「"questa" の語頭音(音節の)消失」 -> STA
37. Ottusa, non particolarmente sveglia 「鈍い、鈍感な、のろまな」 -> TARDA
38. Caloria in breve 「"caloria" を短く言うと」 -> CAL
39. Sono sempre in fondo alle bottiglie 「いつも "bottiglie" の底にある」 -> IE
40. Una parte dell'intestino 「腸の一部」 -> COLON
41. Non hanno bisogno del medico 「医者の必要がない」 -> SANI
42. Sacro Romano Impero 「神聖ローマ帝国」 -> SRI
44. Il Sal del cinema 「映画のサルと言えば」 -> MINEO
46. Abbreviazione di senatore 「"senatore" の略語」 -> SEN
47. Cesura 「中間休止、句切れ、息継ぎ(の箇所)」 -> 
48. Una cosa quasi unica 「ほぼ唯一のもの」 -> RARITA

VERTICALI (タテのカギ)
1. Antica corazza romana 「古代ローマの鎧」 -> LORICA
2. Il fiume che scorre sotto Milano 「ミラノの下を流れる川」 -> OLONA
3. Ricovero per pennuti 「鳥の収容所」 -> NIDO
4. È quasi ora 「ほとんど今」 -> OR
5. Pianta carnivora malese 「マレーシア産の食虫植物」-> NEPENTE
6. Vestibolo, ampia entrata 「ロビー、ホール、広い入り口」 -> ATRIO
7. Il fiore dell'oblio 「忘却の花」 -> LOTO
8. Avanti Cristo 「西暦紀元前」 -> AC
9. Uccelo corridore 「走禽類」 -> NANDU
10. Sostegno al credito di un altro 「他人に貸し付る際の支え」 -> AVALLO
13. Identifica il veicolo 「乗り物を識別する」 -> TARGA
19. Ci sono anche spaziali 「宇宙空間にも存在する」 -> SONDE
20. Noto film con Stallone  「スタローンの代表作」-> RAMBO
22. Sicure 「確かな、確実な」 -> CERTE
23. Il destino 「運命」 -> SORTE
24. Lorda, sporchissima 「汚過ぎる」 -> LAIDA
25. Una gabella 「関税、物品税」 -> TASSA
27. Ava che fu grande attrice 「大女優であったエヴァ」 -> GARDNER
28. Passaggio risolutore nel basket -> 
30. Leslie del cinema 「映画のレスリー」 -> CARON
31. È situata in genere vicino al mare 「一般に海の近くにある」 -> SALINA
33. Antica donna di facili costumi 「古代の遊女」 -> ETERA
34. Il più noto si svolge a Siena 「シエナで開催される最も有名な行事」 -> PALIO
35. Uno dei più noti pittori francesi dell'800
    「1800年代の有名なフランス人画家のひとり」 -> MANET
37. Libri poderosi e ponderosi 「膨大で重厚な本」 -> TOMI
38. Avvenimenti del tutto fortuiti 「全て偶然の出来事」 -> CASI
43. Stanno sempre al centro del poligono 「いつも "poligono" の中央にある」 -> IG
45. Le ultime lettere di Pessoa 「"Pessoa" の最後の文字」 -> OA
[PR]
| by dicotomia | 2006-06-03 00:33 | いろんなイタリア語
ヨコのカギ・タテのカギ
道端でもらった 無料新聞 『metro』 。 帰国の飛行機の待ち時間、その中に掲載されていた
コチラの ≪Parole Crociate : クロスワードパズル≫ に挑戦してみました。 ※5/28 追記あり
b0024177_226399.gif
ORIZZONTALI
1. Londra per gli inglesi / 6. Una costruzione sul tetto
11. Sono anche combustibili / 12. Può esserlo anche l'angolo
14. Cavaliere in breve / 15. Isola nell'Egeo / 16. Non tutto, solo una
17. Nata a metà / 18. Amò Leandro / 19. Grave, importante
20. Regio Decreto Legge / 21. Simbolo del calcio / 22. Fiume africano
23. Fu re d'Israele / 24. Tutt'altro che rapida / 25. Il divo Cruise
26. Donne di Sassari / 27. Greta del cinema / 29. Andate / 30. Puro
32. Il luogo di residenza / 34. Sembrate / 35. Parolina avversativa
36. Aferesi di questa / 37. Ottusa, non particolarmente sveglia
38. Caloria in breve / 39. Sono sempre in fondo alle bottiglie
40. Una parte dell'intestino / 41. Non hanno bisogno del medico
42. Sacro Romano Impero / 44. Il Sal del cinema
46. Abbreviazione di senatore / 47. Cesura / 48. Una cosa quasi unica

VERTICALI
1. Antica corazza romana / 2. Il fiume che scorre sotto Milano
3. Ricovero per pennuti / 4. È quasi ora / 5. Pianta carnivora malese
6. Vestibolo, ampia entrata / 7. Il fiore dell'oblio / 8. Avanti Cristo
9. Uccelo corridore / 10. Sostegno al credito di un altro
13. Identifica il veicolo / 19. Ci sono anche spaziali
20. Noto film con Stallone / 22. Sicure / 23. Il destino
24. Lorda, sporchissima / 25. Una gabella / 27. Ava che fu grande attrice
28. Passaggio risolutore nel basket / 30. Leslie del cinema
31. È situata in genere vicino al mare
33. Antica donna di facili costumi / 34. Il più noto si svolge a Siena
35. Uno dei più noti pittori francesi dell'800
37. Libri poderosi e ponderosi / 38. Avvenimenti del tutto fortuiti
43. Stanno sempre al centro del poligono / 45. Le ultime lettere di Pessoa


電子辞書を駆使して埋めることができたのはココまででした(^^;

More
[PR]
| by dicotomia | 2006-05-22 22:15 | いろんなイタリア語
まだまだ頭がカタイようです・・・
2006年度・NHKテレビイタリア語会話、今週で3回分の放送が終了しました。
昨年度のような ついニヤリとしてしまう面白味 (イタリア街角インタビュー(一般人の珍回答)とか、
ターニャの言動とか、日本研究プロジェクトの小芝居とか・・・) や
生徒役出演者の魅力には欠けますが、真面目に勉強したいという視聴者にとっては
非常にまともで親切な構成になっているのではないかと思います。

入門編は一年コースということで かなりゆっくり進行です。
綴りと発音の習得から始まり、「カタカナでいいからとにかく言葉を聴き取って書いてみよう!」 という
昨年度とは対極の内容。 去年を補う形で文法に重点を置いていくのでしょうか。

中級編はマッテオのボローニャ・ロケ。 イタリア語での街紹介は興味津々で聞いております。
こちらは半年コースなので、後期は再放送になるのかな?? それはちょっと残念です。

◆       ◆       ◆

ところで、今週のマッテオのインタビュー/中級編・リスニングコーナー において
ひとつ、最初に聞いたときに 「???」 な会話文がありました。

マッテオがベンチに座っているカップルに近づき、
女性の方に 「Lui è il tuo ragazzo?」 と確認した後の、マッテオの質問。
会話の "音" は一回目で問題なく聴き取れたのですが
各々の単語の意味はわかっても質問の意図を理解することができませんでした・・・


Matteo: Come ti saluta di solito il tuo ragazzo?



・・・・ううう。 だって、こんな質問、聞いたことないよお~。

Matteo: Come ti saluta di solito il tuo ragazzo?
 「彼はふだんきみにどんなふうにあいさつするの?」

Ragazza: Mi saluta sempre con un bacio.
 「いつもキスであいさつするわ」

bacio の挨拶習慣については理解しておりますが、
「どんなふうにあいさつするの?」 なんていう質問文が成立するとは
とっさには想像もできませんでした・・・(T-T
[PR]
| by dicotomia | 2006-04-21 22:15 | いろんなイタリア語
茶の湯のココロ <後編>
前回 (前編) の続きです。 まずはともかく、かな~り適当な <拙・要約> を付けつつ、
友人が送ってくれた、『茶の湯』 に関する本の記述を以下に引用いたします。

(前略)
Il Chanoyu è simile alla funzione di una cerimonia religiosa, quella, cioè, di procurare alle persone la condizione ambientale emozionale per la meditazione, che dopotutto è il tratto che distingue l'essere pensante.
Proprio come gli occidentali hanno sviluppato certi criteri per la meditazione ― luce sommessa delle vetrate istoriate nelle chiese e nei templi, silenzio, abiti decorosi per accedere in chiesa, con particolare enfasi sull'uso dei copricapo ― allo stesso modo il Chanoyu si basa sull'espressione di quattro concetti basilari. Essi sono wabisabishibuifura, già trattati in precedenza, che non hanno paragoni con altre lingue e sono densi di sottili sfumature intellettuali ed emozionali.

『茶の湯』 は、瞑想のための、思考の存在を強く意識させるための場を演出し提供する宗教上のセレモニーと同類の効用を持っている。 西洋人が作り上げた瞑想のための規範 ― 教会や聖堂を飾るステンドグラスの穏やかな光や静寂さ、独特な司祭服など― と 同様に、 『茶の湯』 の世界は 『わび』、『さび』、『しぶい』、『ふら』 という4つの基本的概念に基づいている。
ふら』、 出ましたっ!!ヽ(゚□゚;)ノ


Fosco Maraini, un professore italiano che ha trascorso gran parte della sua vita in Giappone, in collegamento con l'Università di Tokyo, si trova egli stesso in difficoltà a definire queste parole in termini occidentali.
Egli cita D.T.Suzuki, un autorevole interprete dello Zen per l'Occidente:

人生の大半を日本で過ごしたイタリア人・文化人類学者のフォスコ・マライーニ氏ですら、これらの概念を西洋の言葉で定義することは困難であるとしている。 彼は、禅を西洋に伝えた第一人者・鈴木大拙の言葉を次のように引用している。
フォスコ・マライーニ 氏 および 鈴木大拙 という人物をこれで初めて知りました。
どちらも有名な方のよーですね・・・


Wabi in senso stretto indica ‘una vita di povertà, scevra dal lusso, lontana dalla falsità e dall'intrigo’. Colui che vive secondo il concetto wabi si accontenta di cose semplici, ha compreso la saggezza delle pietre e delle cavallette, accetta serenamente la povertà come arricchimento dello spirito, della vita che è così tipica dell'Estremo Oriente.

狭義では、『わび』 は “贅沢や偽り・策略のない貧しい暮らし” を指すが、さらに、簡素であることを徳とし、清貧な暮らしを心の豊かさとして肯定的に受け入れる様を意味する。
"delle pietre e delle cavallette" ・・・ええ~っと、石とバッタ って!?
賢明さの象徴なんでしょうか?? なんだろう?


Sabi non ha un significato dissimile, ma si riferisce piuttosto alle cose e ai luoghi; conduce la mente a una certa ‘rusticità senza pretese, a una imperfezione arcaica’, che mette gli uomini e le cose in una relazione di intimità amorosa. Questo implica che in qualche luogo, in disparte, un solitario, un eremita metta attivamente tutto questo in pratica.

『さび』 はどちらかといえば物や場所を指し、それらは 人と物とを情愛で結ぶ “慎み深い素朴さ、古風な不完全さ” の風情を引き起こす。 またどこか人里離れて暮らす孤独な隠者の意も含む。
う・・・、メタメタな訳。
しかし、そもそも 『寂び』 ってこんな解説でよいのかなぁ? σ(' ' ;???
(さらにシングルクォーテーションマークの位置がおかしい気が・・・)


Shibui significa letteralmente severo, più in generale significa buon gusto. Implica sobrietà, assenza di ostentazione, semplicità, gusto impeccabile.

『しぶい』 は品の良さ表し、地味で虚飾がなく、簡素で欠点のない様を意味する。
うーむ、、、 なんだか微妙に違うような~~~


Fura indica un modo di vivere prescritto dai principi Zen. ‘Un puro godimento della vita... l'identificazione del sé con lo spirito creativo, lo spirito della bellezza della natura. Un uomo di fura trova i suoi amici fra i fiori e gli animali, le pietre e l'acqua, i temporali e la luna’ ”.

『ふら』 は禅の第一人者によって規定されたひとつの生き方である。 “人生の純粋な喜び・・・ 創造的な精神、自然美の精神を備えた自己同一性の証明。 『ふら』 である人々は、花と動物に、石と水に、嵐と月に友人を見つける”
・・・ううう。 もはや意味不明―― (T-T

◆       ◆       ◆

出典は Julia V. Nakamura の 『La cerimonia del tè』 という本だそうで、
ちょっと検索してみたところ、この本の内容を紹介しているサイトも見つかりました。

 ・ NGC-Japanese Corner - Libri "La cerimonia del té" 【伊語】
 ・ Zen-Taoist Aspects of the Japanese Tea Ceremony 【英語】


『侘び』、『寂び』、『渋い』 の解説の微妙さは、まあさておき、問題の 『ふら』 ・・・
こちらでは "divertimento puro della vita" / "the sprit of beauty in nature"
と説明されておりますが、各種国語辞典やネット検索において
日本語の 『ふら』 を見つけ出すことはできませんでした・・・
うーん、、、 禅の世界の業界用語? なにかの隠語??


ちなみに、これらの文章を読む前に私が立てていた仮説はこうでした(^^;;

More
[PR]
| by dicotomia | 2006-04-05 22:12 | いろんなイタリア語
茶の湯のココロ <前編>
大変ありがたいことに、イタリア語の勉強を始めてから
日本が好きだという数名のイタリア人と友達になることができました。
そして彼らと話すたび、彼らの日本文化に対する造詣の深さに
自分自身、日本人でありながら自国の文化に疎いという事実を
何度も再認識させられては、非常に恥ずかしい思いをしております。

正直なところ 私、生け花や茶道の経験など全くなく、
小津安二郎も黒澤明も篠田正浩も見たことがない、源氏物語も三島由紀夫も読んだことがない。
さらに、歌舞伎、能、狂言、文楽等の定義も違いもよくわからず、
和装をしたのは確か小学五年生のときが最後か・・・ (成人式も卒業式も洋服で行っちゃいました)

◆       ◆       ◆

以前、イタリア人の友人と話をしていたときのこと。
"日本庭園" から "侘び寂び" の概念に話が及ぶと、すかさず彼がこう言いました。
「 『わび』 『さび』 の他にもあと2つ、全部で4つのキーワードがあったはず・・・」

・・・・ エ?(゚-゚ ???  よ、4つ って!?  え、えーっと・・・ 何だろう!??(汗)

私にはわからず、結局彼も思い出せず、その場はこれで話が終わってしまったのですが、
後日、彼が私に(日本語で)こんなメールを送ってくれました。

---------------------------------------------------------------------
 (前に話をした) 「侘びと寂びと、、、」 のことを思い出しました。
 茶の湯について書かれた本に、次のように記述されていました。

 わび
 さび
 しぶい
 ふら
---------------------------------------------------------------------




なるほど、 『侘び』、 『寂び』、 『渋い』、、、、、『ふ、 ふら』!???


ふら、ふら、ふら、ふら、ふら・・・ って何デスカっ!?? ΣΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)????


その後、しばら~~~くの間 悩み続けた果てに、ようやく ある一つの仮説に辿り着きました。
その仮説でもって彼にメールで問い合わせてみると、
親切にも彼は、そのイタリア語の本の該当ページをスキャンして送ってくれました・・・・。

◆       ◆       ◆

結論を先に申し上げてしまいますと、
その本には確かに 「"茶の湯"の根底にある4つの基本概念」 として
わび』、『さび』、『しぶい』、『ふら』 と書かれており、
そのイタリア語を読んだ限りでは 私の仮説は正しいとは言えませんでした。
しかし、そこにあった 『ふら』 についての解説を読んでも
「(日本語としての) 『ふら』 とはなんぞや?」 という私の疑問は解明されないままであります。

そこで、ぜひぜひ皆様のお知恵をお借りしたい、教えを乞いたいと願いまして、
この場で そのイタリア語文を紹介したいと思った次第でございます。
・・・が、しかし、それは次回掲載することと致しまして(^^;;;
まずは上のメール文のみで

  「茶の湯の4つの概念」 をご存知の方、
  『ふら』 をご存知の方、
  『ふら』 の正体に ピン!ときた方、
  私の仮説に ピン!ときた方、

もし、いらっしゃいましたら
是非 非公開コメントでこっそり教えていただければありがたいです。
continua ...

[PR]
| by dicotomia | 2006-03-29 00:56 | いろんなイタリア語
メンバー募集 ≪バグパイプ : cornamusa≫
b0024177_2016656.jpg

このところのサッカー日本代表戦・TV放映時に流れている アディダスのCM 楽しいですね~!
中村俊輔とデルピエロが 2時間以内にそれぞれ自国の一般人・10人を集めてチームを急造、
"中村俊輔+10 (日本代表)" vs. "デル・ピエロ+10 (イタリア代表)" として
サッカーの試合を行なうというもので、現在公開されているのは
彼らがメンバーを探して街を歩き回り、チームを結成するまでの様子をまとめた120秒。
今後 続編としてゲームの模様もオンエアされるそうです。
(※追加修正:ゲーム編は上記webサイト限定公開となっていました※)

ワールドカップドイツ大会・各出場国のトッププレーヤー同士が
素人メンバーを集めて対戦するという、この 『+10 Recruitment』 という企画、
adidasのwebサイトでは 他にも 以下の5組の対戦を見ることができます  → コチラ
(ポップアップウィンドウ、右下に現れる "+10 Recruitment" の斜め帯をクリック)

  ■ Kaká+10 (Brasilie) vs. Riquelme+10 (Argentina)
  ■ Cole+10 (Inghilterra) vs. Cissé+10 (Francia)
  ■ Xavi+10 (Spagna) vs. Gomes+10 (Portugal)
  ■ Kuranyi+10 (Germania) vs. De Jong+10 (Olanda)
  ■ Mastroeni+10 (gli Stati Uniti) vs. Lozano+10 (Messico)

どっかのレストランのシェフやカメリエーレがメンバー選考テスト(?)に挑戦したり、
練習中に窓ガラスを割ってしまったりと、Kaká vs. Riquelme 編が面白かったです。

◆       ◆       ◆

で、この 「俊輔 vs. デルピエロ」 編、なんとかイタリア語のセリフを聴き取ろうと試みましたが、
やはり私のリスニング力では限界が・・・(T-T
それならと、adidasイタリア版サイトをのぞいてみました。 ・・・・が、コチラ、
日本語にはイタリア語字幕がついてますが、イタリア語のセリフには残念ながらありませんでした。
(日本バージョンでは日本語のセリフにも日本語字幕がついています)

とりあえず聴き取れた分を書き出してみましたが、ハテナだらけですね。
冠詞、前置詞等も全く自信がありません。 文法的に これじゃおかしいなーというところも。
うううー、こうなったら 「地球のみんな、オラに力をわけてくれ~!!」
というわけで、もし ご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、
間違いのご指摘やハテナ部分の穴埋めをしていただけたら嬉しいです。

C'è qualcuno qui che gioca a calcio?
(俊輔) 「この中でサッカーやる人いますか?」
Qualcuno di voi è giapponese?
(俊輔) 「日本人いますか?」
Come? Neanche un giapponese qui?
(俊輔) 「あー 何だよ、全員日本人じゃない・・・」
Sono Shunsuke Nakamura.
Dobbiamo sfidare la squadra italiana guidata da Del Piero.

(俊輔) 「中村俊輔です。デルピエロ率いるイタリア代表と試合することになったんだけど・・・」
Io sto allestendo la squadra per giocare contro i giapponesi.
(デルピエロ) 「日本代表とヤルためにチームを作ってるんだ」
Sa giocare a pallone?
(デルピエロ) 「サッカーやらない?」
No, no, no, (?????)
(おじいチャン) 「駄目、もう 歳だから・・・」
Sono Del Pero.(?)
(デルピエロ) 「俺はアレッサンドロ・デルピエロ」
Solo due ore per reclutare(?) la squadra italiana, gioca contro la squadra giapponese.
(デルピエロ) 「2時間でイタリア代表を集めるんだよ。日本代表とヤルためにね」
Non ci sono tanti giapponesi a Glasgow, la ricerca non sta andando benissimo.
(俊輔) 「グラスゴーにはあんまり日本人いないんでね、あんまり集まらないすね」
Signora, c'è un campetto qui vicino per giocare?
(デルピエロ) 「どこかサッカーする所ある?」
Vicino c'è una (?) piazza lì.
(シニョーラ) 「あっちに広場があるよ」
"SCUOLA DI INGLESE DI GLASGOW"... Forse qui.
(俊輔) 「グラスゴー・スクール・オブ・イングリッシュ・・・ ここはいそうだな」
Non gioco a calcio, ma so suonare la cornamusa.
(日本人) 「サッカーはやれないけど バグパイプなら吹けますけど」
Cornamusa?
(俊輔) 「バグパイプですか!?」
Proprio ora, sta chiamando uno dei suoi amici chi conosce 10 calciatori giapponesi.
(俊輔) 「ちょっと今、彼の知り合いに 日本人で10人いると言うことなので」
Per favore.
(俊輔) 「来てください! お願いします!」
Questo (?????) adesso...
(デルピエロ) 「今 ボールをキープしているヤツ」
La maglietta gialla (????) ?
(イタリア人) 「黄色いシャツの?」
Sono tre..
(デルピエロ) 「これで3人目」
Sette, e... è otto...
(デルピエロ) 「7人、8人・・・」
Per il momento.
(デルピエロ) 「とりあえず」
Rappresenteremo il Giappone.
(日本人) 「僕らは日本代表として試合します」
Il capitano della squadra italiana è Del Piero.
(日本人) 「えーと、イタリアのキャプテンは、デル・ピエロ」
Tutti dicono quanto sia stupendo giocare con Del Piero, ma sono qui per schiacciarlo!
(日本人) 「デルピエロとできるとか 嬉しいとか 言ってますけど、僕は潰しに行きます」
(?????) voglio fare la squadra molto offensiva...
(デルピエロ) 「攻撃的なチームがいい」
Tecnica e offensiva.
(デルピエロ) 「華麗で攻撃的」
Questa è la mia squadra.
(デルピエロ) 「これが俺のチームだ」
Vediamo il Giappone.
(デルピエロ) 「待ってろ日本」
Vi facciamo un culo così.(?)
(イタリア人) 「ボコボコにしてやる」
Chi non salta giapponese è! è! ♪
(イタリア人) 「♪ジャンプも出来ないのは 日本人だけ!♪」
Non è italiano quello?
(日本人) 「あれイタリアじゃない?」
Figo? Grande!
(日本人) 「あいつ怖っ」  「でけっ、こえーよ」
Oggi ci giochiamo gli italiani.
(日本人) 「今日はイタリアとやります」
Starò vicino a Shunsuke: (続き字幕無し.. perché?)
(日本人) 「なるべく俊輔と近づいて、僕 いっぱいカメラに写ろうと思っています」
non (?????) niente che fare, sempre gioca i videogiochi.
(イタリア人) 「日本人はサッカー下手なんだよ。コンピュータゲームばっかりやってるから」
Vi facciamo un culo così!(?)
(イタリア人) 「ボコボコにしてやろうぜ!」
Questa è la mia squadra.
(俊輔) 「これが俺のチームだ、俊輔 +10!」

何度も聞いていたら 「♪Chi non salta giapponese è ! è ! 」 が
頭から離れなくなってしまいました・・・ エッ! エッ!
[PR]
| by dicotomia | 2006-03-01 20:21 | いろんなイタリア語
気になる単語(フレーズ) ・ その2
Come si usa? 「どうやって使うのかしら?」
Si fa scorrere nella fessura sulla porta. 「扉の溝に通すんですよ。」

以前ちょっと話題に挙げた、ひたすら丸暗記したNHKラジオ講座のスキットの一部です。
「あー、それはですねっ、扉の溝に こーやって通すんですよ~」
と、私がイタリア語で発する機会は一生涯ないと思いますが、
すぃ ふぁ すこっれーれ ねっら ふぇっすーら すっら ぽるた
この響きに魅了され、気がづいたら何度もつぶやいている自分がいました。
scorrere : 流れる、スムーズに動く/よどみなく出る/(時が)経過する≫
fessura : (岩や山などの)割れ目、裂け目、亀裂/すき間/溝≫
ちなみにこれはホテルの部屋のカードキーのお話です。

さらに別のスキット。
Scusi, signore, questa borsa è Sua? Potrebbe spostarla un po'?
「すみませんが、このバッグはあなたのですか? 少し寄せていただけますか?」

うほー、 「ぽとれっべ すぽすたーるら うんぽ?」 これも甘美な響きですねぇ~。 ウットリ。
spostare : 移動させる、移す/(時間を)変更する、延期する/配置転換する≫

こうやって記憶に入り込んだ言葉ってムダに忘れません。

しかし、今日は ≪giudizio : 判断≫ と ≪giustizia : 正義≫ を取り違えるという
恥ずかしい失態を犯していました。 ジャッジメントとジャステスなのにー!
でも、どっちも発音しづらいんだもん・・・。

今のところ、マイ発音しづらい単語ランキング堂々第一位は ≪situazione≫ です。
"una situazione" になるともっとイヤです。
「シャア少佐、シャア少佐、シャア少佐」 と いい勝負です。

◆       ◆       ◆

La strada scorre lungo il fiume. 「道はその川に沿って通っている。」
Qesta frase non scorre. 「ぎこちない文だ。」
Tutto scorre. 「万物は流転する」

Per spostare questa libreria ci vogliono tante persone.
 「この本箱を動かすのには人手が何人も要る。」
Elisa ha spostato lo sguardo dalla madre verso il padre.
 「エリザは母から父へと視線を移した。」
spostare di un'ora un appuntamento
 「約束の時間を一時間ずらす」
Finita l'ora legale bisogna spostare all'indietro le lancette dell'orologio di un'ora.
 「夏時間が終わったから時計を一時間戻さなければならない。」

[PR]
| by dicotomia | 2006-02-21 02:18 | いろんなイタリア語
どんな形ですか? ≪Di che forma è?≫
私の好きなマンガ家さんのひとり、伊藤理佐さんの一押しコミック
『やっちまったよ一戸建て!!』
≪伊藤理佐 著/双葉社・文藝春秋≫
マイホーム購入を決意した作者が、まるで八百屋に大根を
買いに行くかのような安易さで不動産屋を訪れるところから始まり、
個性豊かな不動産屋さん、設計士さん、工務店さんと出会いながら
実際に "吹き抜けトイレ付 ・ 一人用一軒家" を
完成させるまでのドキュメンタリー・コミック。
これから家を建てようとお考えの方には必見のバイブルです(嘘)

この作品の中で描かれている作者の習性で
「そう、そう、私も同じだ~!」 と共感できる点はいくつもあったのですが、
その中のひとつがコチラ。 以下、作者と設計士の先生との会話を抜粋しますと
作者  : 「私は ピシーッの カクーッの マッスグーみたいな家が好きです!」
設計士 : 「それ、わかります!
       私もつねづね電化製品、家具、何から何まで “丸い丸い” と思っていました」
作者  : 「便器とかスイッチとか蛇口とか洗面台も もっと四角ならいいのにって!!」

・・・ああ、そう、私も四角がスキ!!
並べたモノのツラがキッチリ揃ったときの恍惚感!
棚や引き出しの中、無駄な隙間なくピッチリ収納できたときの爽快感!

なのに、いざ探してみると ほとんどのモノが丸っこい。
危険性の軽減、原材料や製造過程のコスト削減等、必然的な理由もあるかと思われますが、
デザインの選択肢のひとつとして、もっと四角い製品があってもよいのではないでしょうか・・・

Che forma ha?
Di che forma è? 「どんな形ですか?」

● 丸 ・ 円 ・ 輪
 circolo (圏/同好会、サークル/[複で]環境、勢力範囲/行政区/循環/儀礼的な会談)
 cerchio (円形の物、輪状の物/円運動/範囲、枠)
● 丸い ・ 円形の
 rotondo (体の線が丸々とした/調和のとれた、(ワインが)コクのある/端数のない)
 tondo (端数の無い、0で終わる/ローマン体の/ 【s.】 丸い物/円、円形、輪/皿)
 circolare (円を描く/巡回する/ 【s.】 回状、通達/(電車・バスなどの)循環線)
 
■ 四角形
 quadrangolo : 四角形
 quadrato : 正方形 (二乗、平方/ほぼ四角な区画/(ボクシングの)リング)
 rettangolo : 長方形 (サッカー競技場)
■ 四角い
 quadro (平方の/頑丈な、頑固な)
 quadrato (正方形の、真四角の/頑丈な、逞しい/まともな、考えの正しい)
 
▲ 三角形
 triangolo (三角形の物/三者で構成するもの/トライアングル)
▲ 三角形の
 triangolare (三者で構成する)

◆ 菱形
 losanga (菱形の物)
 rombo 《幾何》
◆ 菱形の
 losangato (菱形模様の)

○楕円
 ovale (卵形(のもの)/ 【agg.】 卵形の、楕円形の)
 ellisse 《幾何》
○楕円の
 ellittico

segnare con un cerchio le voci prescelte
 「項目を○で囲む」

Una retta incontra un cerchio in due punti.
 「直線は2点で円と交わる。」

incontro triangolare
 「《政》三者会談/《スポ》三国対抗試合、三つ巴」

l'eterno triangolo
 「(夫、妻、愛人の)三角関係」 (永遠なのね・・・)

Quest'auto è di forma quadrata.
 「この自動車は角張っている。」

Questo parco ha una superficie di 10kmq.chilometri quadrati
 「この公園の面積は10km2 である。」

Tutti i poligoni, cioè il quadrato, il rettangolo, il triangolo,
eccetera sono figure piane.

 「すべての多角形、つまり正方形、長方形、三角形などは平面の図形である。」

・・・ということで、ただいまワタクシ、
オシャレな四角いバケツと四角い洗面器を探しております。
どこかにいいの、売ってないかなあ~。
(力説したわりには非常にスケールの小さい話で終ワリマス・・・)
[PR]
| by dicotomia | 2006-02-12 09:02 | いろんなイタリア語
なんとなく 徒然思い出話 ~美術編~
ビデオ・アートの先駆者として国際的に活躍、日本とも深い関わりを持つ
韓国生まれの現代芸術家、ナムジュン・パイク氏が死去 (asahi.com)

1月29日に73歳でお亡くなりになったとのこと。 非常に残念です。
各地の近・現代美術館で しばしばお目にかかりましたが
彼の作品は私の心の中で、常にエンタイトル・ツーベースを放っていました。

大変不謹慎ながらふと考えると、敬愛する彫刻家 ダニ・カラヴァン氏も今年で76歳。
ガウディやイサム・ノグチも 計画ないし着工した作品が未完成のまま逝去されましたが、
その意思は後世の人々に引き継がれ 建設は続けられました。
カラヴァン氏にもまた建設途中の広大な作品がいくつか残っているはず・・・ (完成したのかな?)
兎にも角にも 彼にはいつまでも健康で、第一線で活躍し続けていただきたいと
今回改めて強く願った次第です。

ところで自分が記憶する偉大な芸術家の逝去といえば
忘れもしない、元号が平成となった半月後の1989年1月23日。
サルバドール・ダリの訃報を耳にしたときも大きなショックを受けました。
亡くなったという事実も勿論ですが、正直なところ
「(昨日までまだ)生きていた人だったのか・・・!」 ということに衝撃。
当時はまだコドモだったので、美術の課題ではよく あからさまにダリ真似作品を描いていました。

La notizia della sua morte mi colpì profondamente.
 「彼の逝去の報に私は衝撃を受けた。」
Accetti le mie più sincere condoglianze per la morte di Suo padre.
 「お父上のご逝去を深くお悔やみ申し上げます。」

高校時代は美術部に(にも)在籍していました。
今はなき旧校舎。 冬には隙間風により雪が吹き溜まる 渡り廊下の向こう側。
別棟三階にある美術室の一角に ベニヤ板で仕切られた小さな部室があり、
放課後ここでインスタントコーヒーを淹れ、一息つく 穏やかな時間が好きでした。
隣の部室街から流れてくる軽音部のギターを聴きながら のんびりと油絵を描いたり、
いつからココにあるのか、毒が染み付いてるかと思うほど古びた画集を眺めたり・・・

美術室の床一面に生徒達の作品を並べて
苦渋の表情で成績をつけている先生の姿を横から覗いていると、
「おまえはどう思う?」 と尋ねられたこともありました。
もちろん私の意見を参考にするために尋ねたわけではなく
先生の意図は別なところにあるということは察しつつも、
つい嬉しくなって自分の所感を力説する私。
それをいつものようにニコニコしながら聞く先生・・・

そんな高校時代の美術の先生は、荒川修作とゴッホが好きだったため
自分の息子に 「修作」 か 「剛歩」 と名付けようとしたが、
周囲の猛反対を受け断念した、というエピソードを笑いながら話してくれました。

・・・・・・

ナムジュン・パイクのニュースから、
こんな過去の記憶がとめどなく溢れ出てきたのですが、いい加減このへんで。

高校卒業後、筆を持つことは一切なくなったのですが、
なんだか久しぶりに何か描きたくなってきましたよ。
よし。 こうなったら今度
どさんこワイド 『奥さん、お絵描きですよ』 に 二人で出演しましょう (笑) > ユリさん

una folla di ricordi
 「尽きせぬ思い出」
I vecchi ricordi mi ritornano in mente come un caleidoscopio.
 「古い思い出が走馬灯のようによみがえる。」

folla : 群衆、人混み、雑踏/(雑多な感情、思想)の混乱≫
caleidoscopio : 万華鏡≫ ・・・ この例文の場合 "走馬灯" はこう訳されるのですね。
英訳からみて ≪fantasmagoria : (千変万化の)映像[光,色彩]の現出/魔術幻灯≫ も
アリなのかしらん?
[PR]
| by dicotomia | 2006-02-03 19:11 | いろんなイタリア語
気になる単語
響きの美しさ、愛らしさに心惹かれた単語やフレーズについては
今までにも何度か取り上げてきましたが、
一方で、その音の並びに大きな衝撃を受け、不本意にも(?)
気になって頭から離れない単語というものもあります。
例えばそのひとつがコチラ、 ≪svilupparsi : 発展する≫

初めてこの単語に接したのは 昨年、『イタリア語検定・3級突破』 を勉強していたとき。
「注意すべき再帰動詞」 の項目で、"日常でよく使われる再帰動詞" として
取り上げられていました。 (あ・・・、日常レベルの単語なんだ・・・T-T )

えーと、有声子音の前にある s の音は濁るから、この単語の発音は・・・
そう、 「ズヴィルッパるシ!」 ( ← 無意味に "!" を付けたくなる?)

そして そこに書かれていた例文は
La tecnologia si sviluppa ogni giorno di più. 「テクノロジーは毎日発展している」

スィ ズヴィルッパ!!」  う~ん、強烈です。

◆       ◆       ◆

ちなみに、昨年12月放映のNHKテレビ・イタリア語会話、Telegiornale Lezione 11 にて
(再帰動詞ではなく 他動詞 sviluppare としてですが)
"今週のParole chiave" のひとつとして取り上げられておりました。

"DVD : i due gruppi prendono strade diverse"
Martedì la Sony e la Toshiba hanno annunciato che i due gruppi
hanno abbandonato l'idea di standardizzare i formati della prossima generazione di DVD. La Sony e la Matsushita stanno promuovendo
il formato disco Blu-ray, mentre la Toshiba e altre aziende
hanno sviluppato il formato HD-DVD. (後略)

『DVD問題 : 2つのグループは別々の道を歩む』
火曜日、ソニーと東芝は、次世代のDVDをめぐる新たな規格への統一を断念したことを
発表した。 ソニーと松下はブルーレイディスク方式を推し進めているが、東芝などは
HD-DVD方式を開発した。(後略)

sviluppare : 【v.tr.】 発展させる、成長させる、拡大させる/(計画、考えなどを)展開させる≫
svilupparsi : 【rifl.】 発展する、成長する、拡大する/(戦争、疫病などが)発生する≫
sviluppo : 【s.】 発展、進歩/(計画、議論などの)展開/(肉体的、知的)成長≫
[PR]
| by dicotomia | 2006-01-15 02:19 | いろんなイタリア語
| TOP |