カテゴリ:ガイドブックのイタリア語( 8 )
|
SOCIETÀ E COSTUMI #1
ロンリープラネット・イタリア語版/日本のガイドブックより。
以前のエントリ 『I giapponesi e l'inglese』 と同様のイタさを感じます・・・

Fare conoscenza con i giapponesi
In linea di principio è abbastanza facile fare conoscenza con i giapponesi, almeno su un piano superficiale. Scoprirete che i giapponesi sono molto curiosi di apprendere notizie e informazioni sugli altri popoli e si mostrano particolarmente interessati a capire come il Giappone venga percepito dagli stranieri.
Il luogo in cui avrete più opportunità di fare conoscenza con qualche giapponese è l'izakaya (bar-ristrante giapponese). In questi locali potreste anche ritrovarvi con una fila di persone che attendono il proprio turno per parlare con voi: in questo caso potreste anche averne abbastanza di essere al centro dell'attenzione.
in linea di : <何か>の点で、見地で≫
  in linea di principio : 原則の点で、原則的に
  in linea di massima : 大筋において、だいたい
apprendere : 覚える、習得する/(体験を通して)聞き知る、分かる、了解する≫
mostrarsi : 姿を見せる、現われる/[形容詞と共に] 態度(様子)を示す、~に見せる≫
percepire : 知覚する、感知する; 理解する、認知する≫
opportunità : 適切さ、好都合/好機、チャンス≫
una fila di persone : 行列≫
attendere il proprio turno : 順番を待つ≫
essere al centro dell'attenzione : 注目を浴びる≫


Timidezza
I giapponesi sono persone tendenzialmente timide, soprattutto con gli stranieri. Due sono le ragioni principali di quest'atteggiamento. In primo luogo, molti giapponesi parlano pochissimo l'inglese e temono di fare errori se si cimentano nella lingua straniera. Inoltre gran parte dei giapponesi ha parlato poche volte con uno straniero e quindi ha molti dubbi sul comportamento più corretto da tenere.
Ecco perché, nel rivolgersi ai giapponesi, conviene parlare lentamente e in modo chiaro, presentandosi sempre con un sorriso.
Esiste poi una tipologia di giapponese che è tutto il contrario della persona timida. Questi personaggi vengono chiamati 'serial English sperkers' e sono quelli che attaccano bottone con chiunque abbia un aspetto vagamente occidentale nella speranza di ottenere una lezione gratuita di conversazione in inglese.
Non vi sarà difficile distinguere una persona sinceramente desiderosa di comunicare con voi da una meramente interessata a far pratica linguistica. In quest'ultima evenienza la cosa più semplice da fare è dichiararsi molto occupati.
tendenzialmente : 傾向として、素質的に≫
in primo luogo : 第一に≫
temere di + inf. : ~することを恐れる、心配する、懸念する≫
cimentarsi : (~に)思い切って取り組む、あえて行なう(in)/(~と)張り合う(con)≫
nel + inf. : (ジェルンディオと同様の働きをする) ~するとき、~しながら≫
convenire + inf. : (非人称)~しなければならない、~する必要がある≫
tutto il contrario : 全く逆に、正反対の≫
attaccare bottone con + qlcu. : 長話で<人>をうんざりさせる≫
vagamente : 漠然と、ぼんやりと≫
nella speranza di + inf. : ~することを期待して≫
distinguere da : ~と見分ける、区別する≫
meramente : 単に、単純に≫
evenienza : 不測の出来事、万一の場合≫

日本人、またもやすごい言われようです・・・ さすがロンプラ。 最後の一文もヒドイなぁ ^^;;

◆       ◆       ◆

先日、「たまには社会の役に立ってみよう!」(笑) と 献血ルームに立ち寄ったのですが、
事前の血液検査でヘモグロビン量不足と判定され、お断りされましたよ・・・・ (´・ω・`)ショボーン
体重は充分過ぎるほど足りてたのにね・・・・ (´・ω・`)モットショボーン

donare il sangue : 献血する≫
donazione di sangue : 献血≫
[PR]
| by dicotomia | 2007-03-19 02:04 | ガイドブックのイタリア語
日本人と英語と私
大変久し振りですが、ロンリープラネット・イタリア語版/日本のガイドブックより。
巻末 Guida linguistica の章に 『I giapponesi e l'inglese』 と題された
大変興味深く、イターイ 記事がありました・・・
(※このイタリア語版ガイドブックは、英語版をイタリア語に翻訳したものだと思います)

Chi visita il Giappone deve sapere che molti giapponesi non parlano capiscono molto bene l'inglese.

Sebbene questa lingua venga insegnata nelle scuole superiori e numerosi studenti continuino a studiarla anche all'università, diversi fattori intervengono nel far sì che molti giapponesi non riescano mai a conoscerla a sufficienza e a usarla con proprietà.

Potrebbe essere a causa della grandissima differenza tra l'inglese e il giapponese per quanto riguarda la pronuncia e la grammatica o, forse, per la reticenza tipica dei giapponesi, troppo timidi per parlare una lingua che non padroneggiano a sufficienza.

Ci sono diversi modi per facilitare le comunicazioni con un giapponese che non ha un'ottima conoscenza dell'inglese parlato:

  Iniziate sempre a parlare sorridendo, per mettere a proprio agio
   l'interlocutore.

  Parlate molto lentamente e scandite bene le parole.

  Quando chiedete informazioni, cercate di parlare con giovani
   in età universitaria, perché esistono maggiori probabilità che
   conoscano l'inglese.
   Le donne giapponesi, inoltre, tendenzialmente parlano e capiscono
   l'inglese meglio degli uomini.

  Se necessario, scrivete la domanda che volete fare
   -- spesso, infatti, i giapponesi sono in grado di leggere l'inglese
   anche se non capiscono la lingua parlata.

  Usate le frasi semplici riportate in questo capitolo
   (e, se necessario, indicate sulla guida al vostro interlocutore la frase
   che fa al caso vostro).

[拙訳&意訳]
日本を訪れる人は、多くの日本人が英語を話すことも理解することも得意としていないことを知っておくべきである。 中学・高校で英語を教わり、さらに多くの学生が大学においても勉強を続けているにも関わらず、大多数の日本人が英語を十分に理解し 的確に使うことができないのには、いくつかの要因が考えられる。 例えば、発音と文法に関して英語と日本語には大きな違いがあるため、あるいは、恐らく日本人の大人しく寡黙な性格、また十分に操ることができない言語を話すには臆病すぎる性格のため、といったことであろう。

英語に精通していない日本人とのコミュニケーションを容易にするためには、以下のような方法が挙げられる。
・ 相手に緊張を与えないように、常に微笑みながら話しかける。
・ できるだけゆっくりと話す。 また、言葉をひとつずつ区切りながらはっきりと発音する。
・ 情報を得たいときは、より英語を理解している確率の高い 大学生などの若者に話しかけるようにする。 また、傾向として、男性より女性の方が英語を理解し話せる人が多い。
・ 必要に応じて質問を紙に書き出す。 なぜなら日本人は、会話を聞き取ることができなくても読むことができる場合がある。
・ 簡単な言葉を使う (必要ならば このガイドブックに記載されている適当なフレーズを指で差して伝えるとよいだろう)

うおおおー、すごい言われようですね(^^;;;
コミュニケーションを容易にするための方法として
"Iniziate sempre a parlare sorridendo" から始まるとは・・・ イタすぎです。

◆       ◆       ◆

sebbene : ~ではあるが、~にも関わらず、~なのに(+接続法)≫
intervenire : 介入する、手を出す、発言する(in)/参加する、出席する/手術をする≫
sufficienza : 十分な量、たくさん、適格/及第点、最低合格点≫
reticenza : 故意の言い落とし、黙止、口が重いこと≫
padroneggiare : (主人として)支配する、指揮を執る、掌握する/精通する≫
interlocutore : 対話者、対談者/話し相手、相手≫
scandire : 音節をひとつずつ切りながらはっきりと発音する≫

con proprietà : 的確に≫
a sufficienza : 十分に≫
essere causa di ~ : ~に起因する≫
a causa di ~ : ~のせいで、~のおかげで≫
per quanto riguarda : ~に関しては≫
avere un'ottima conoscenza : 精通している≫
mettersi a proprio agio : くつろいだ気分になる、ゆったりとした気分になる≫
se (fosse) necessario : 必要ならば≫
essere(sentirsi) in grado di + inf. : ~することができる(できる気がする)≫
fare al caso : 適切である≫
[PR]
| by dicotomia | 2006-03-21 00:47 | ガイドブックのイタリア語
一日遅れですが ・・・
ガイドブックのイタリア語より。
Seijin-no-hi (Festa del raggiungimento della maggiore età)
 Il secondo lunedì di gennaio.
 Si svolgono cerimonie per i ragazzi e le ragazze che hanno compiuto
 i 20 anni di età.


 成人の日(1月の第二月曜日) : 二十歳を迎えた若者達のために祝賀式が行われます。
raggiungimento : 到達、達成、成就≫
la maggiore età : 成人、成年≫
svolgersi : 解ける、解き放たれる/発展する、展開する/行われる、起こる、設定される≫
compiere : (主に良い結果について)成し遂げる、果たす、完了する≫

和伊辞典では
≪成人の日 : Festa per il compimento della maggior età≫ とありました。

Ha già compiuto gli ottanta anni. 「彼はもう80歳を迎えた。」
La cerimonia si è svolta senza difficoltà. 「式は滞りなく済んだ。」

[PR]
| by dicotomia | 2005-01-11 21:46 | ガイドブックのイタリア語
「なぜコレが!?」 ≪glossario : 語彙集≫
ひさびさに、ロンリープラネットのガイドブックのイタリア語より。

巻末に 『Glossario linguistico』 と題して アルファベット順に
  "aimai" - ambiguo e poco chiaro
  "aka-chochin" - lanterna rossa; pub frequentato da operai
  ・・・・・・
といった日本語の用語解説がありました。
本日はその中から 「なぜコレがある!?」 の単語、第一弾。

"sukebe"
lascivo nei pensieri e nelle azioni;
nel contesto appropriato può anche essere un complimento
(per esempio, tra uomini che si fanno una bevuta),
ma in generale non dovrebbe essere usato con leggerezza
perché è un apprezzamento alquanto volgare


みだらな考えや行為。 場合によっては褒め言葉にもなる (例えばお酒の席で)。
しかし一般に、少々下品な意になるため軽々しくは使われないでしょう。
lascivo : みだらな、好色な≫
azione : 行動、活動/運転、作動/行為、実践/働き、作用≫
contesto : 文脈、話の前後関係≫
appropriato : (~に)適切な、ふさわしい、当てはまる≫
complimento : 褒め言葉、賛辞、世辞/(複で間投詞的に)祝意≫
leggerezza : 軽いこと、軽さ/軽快、敏捷/軽率、不真面目≫
apprezzamento : 評価、鑑定/敬意、尊敬≫
alquanto : 多少の、かなりの、少なからず≫
volgare : 庶民の、民間の/俗語の、口語の/俗語の、イタリア語の/下品な、俗悪な≫

                     ◆       ◆       ◆

・・・ ちょっと悩んでしまいました。 どうもうまく訳せない。

     ・・・・・・ 褒め言葉?? そうか? そうなのか!!?

                 使用例1 「おまえもまったく sukebe なヤツだなあ!」
                 使用例2 「いや~ん、アナタったら su・ke・be!」

                                            こんな感じかな。
[PR]
| by dicotomia | 2004-11-19 18:11 | ガイドブックのイタリア語
日本のおばあさん? ≪gomitata : ひじの一突き≫
本日は以前ご紹介したこの言葉です。

"Obattalion"
Termine che deriva dalla contrazione del giapponese obaasan (nonna) e dell'inglese battalion (battaglione).
日本語の "おばあさん" と英語の "battalion" を縮めて作られた言葉。

Una traduzione plausibile potrebbe essere 'ascia di guerra', ma ciò che s'intende con obattalion è una donna anziana che sa farsi strada a suon di gomitate su autobus e treni della metropolitana, terrorizza i commessi dei negozi e, più in generale, se la cava egregiamente in ogni situazione.
最も的確な訳は "戦いの斧" ということでしょうか。
オバタリアンとは、大都市のバスや電車において、ひじで人を押しのけながら前に進み、店では店員を恐れおののかせ、あらゆる状況でも巧みに切り抜けることができる年をとった女性を意味します。
termine : 終わり/期日/程度、状況/要素/用語、表現≫
derivare : 由来する、原因がある/(結果として)生じる、起きる≫
contrazione : 収縮/減少、縮小≫
traduzione : 翻訳≫
plausibile : もっともらしい、納得のいく≫
ascia : 斧、まさかり≫
guerra : 戦争、争い≫
intendere : 理解する/解釈する、意味する≫
anziano : 年老いた、高齢の、年長の≫
gomitata : ひじで押すこと、ひじの一突き≫
metropolitano : 首都の、大都市の≫
terrorizzare : 恐れおののかせる≫
in generale : 一般に、概して、たいてい≫
cavare : 掘る/抜く/脱ぐ、取り除く/獲得する≫
egregiamente : 優れて、巧みに≫

                     ◆       ◆       ◆

ちょっと分解して見てみましょう。

まずは突っ込み所(?)、「オバサン」 ではなく何故か 「オバアサン」。
"nonna" と説明まで付いています。

そして、今回改めて "battalion" を英和辞典で引いてみたのですが、
"- lion" の "o" の部分の発音記号は 逆さe なので 「ア」 の音になるんですね。
っていうか、そうじゃなきゃ映画タイトルが 「バタリアン」 にならないか~、と今さら気づくバカな私。
この言葉はイタリア語の "battaglione" に由来するそうです。

わからなかったのが "ascia di guerra" ・・・ 「戦いの斧」 「戦斧」??
何かの比喩や独特な言い回しなのかな? と思い調べると
dissotterrare l'ascia di guerra 「(再び)戦う構えを見せる、[諺] 反論する」
という例文がありました。 戦う意志の象徴ということでしょうか。
また、ネット検索してみると "ascia di guerra" も 英語の "axe of war"、"war axe" も
かなりの件数がヒットしました。
が、理解可能な日本語サイトで見ても 「戦斧」 という武器の意でしか説明されていません。
・・・ もし、この場合の適切な解釈・訳をご存知の方、ぜひ教えてください!!

次は "farsi strada a suon di gomitate"
farsi strada a gomitate : ひじで人を押しのけて通る≫ という成句はありましたが、
"suon di" はどう訳すのでしょうか? 「ひじを鳴らして」 ?

"- e, più in generale," のカンマの前の "e" はなに?

最後に "se la cava"。 最初は各単語の品詞すらよくわかりませんでした。
調べてみるとこの単語たちは
cavarsela : 難関(危険)を切り抜ける、なんとかやっていける≫ のようです。
これを分解すると
  ・ se → 【代名詞】 si の強勢形 「自分を」 (この場合 "la" の前にあるので強勢形になる)
  ・ la → 【代名詞】 互いに通じ合う事柄を指して会話などで使用される
  ・ cavarsi → 【再帰動詞】 「脱出する、免れる」
となるのでしょうか。

例文はコチラ。
Se la cava abbaztanza bene con l'italiano. 「彼は結構イタリア語を話す。」
Se la cava bene a Tokyo. 「彼は東京で立派にやっている。」
Ora i miei figli se la cavano da soli. 「子供もやっと手が離れた。」
この "se la cava" もネット検索してみると、イタリア語サイトでかなりヒットしたので
これまたよく使用されるフレーズなんでしょうかね~。

似た表現ではコチラなど ~ ≪farcela : うまくやる、成功する≫
Ce l'ho fatta! 「うまくいった!」
Non ce la faccio più. 「もうお手上げだ。」 「もうだめだ。」

・・・ ああ、今回の文章はまだ私には難しすぎた!!
[PR]
| by dicotomia | 2004-10-15 23:58 | ガイドブックのイタリア語
ニッポンの街々 ≪guida : ガイドブック≫
3日目にしてようやくガイドブック本来の使用目的に迫ります!!(笑)

この本の最初の日本地図ページに、主要都市・観光地の一言説明文が添えられていました。
本日はその中からいくつかをご紹介します。
しかし、動詞の無い、体言止めのコメントなので訳するのが難しい!! かなり直訳です ・・・!

TOKYO
Una delle più vivaci città dell'Asia : vedere per credere
「アジアで最も活気のある街のひとつ : 」
vivace : 活発な/活気のある/鮮やかな≫

ええと、いきなりですが、 "vedere per credere" ってどう訳したらよいのでしょう??

     =============================================
       10/16 追加  ≪vedere per credere : 百聞は一見にしかず≫
        tomo_lunaticaさん よりコメント欄にて教えていただきました!
                                  ありがとうございました~!!
     =============================================

OSAKA
Brulicante città commerciale, ottimi ristoranti e vita notturna
「大勢の人でごった返す、商業と美味しい食事と夜の街」
brulicante : (虫や人々の)群れなす、うじゃうじゃいる≫
commerciale : 商業の、貿易の/大衆的な≫

"夜の生活の街"?? 直訳でいいのか? 夜の街は大阪だけ突出してるわけじゃないと思うけど。

KYOTO
Il cuore della cultura giapponese, con alcuni dei più bei templi, santuari e giardini del paese
「美しい神社仏閣、日本庭園などがある、日本文化の中心地」
santuario : 聖地、聖域≫

FUKUOKA / HAKATA
Vibrante metropoli cosmopolita
「様々な国民が集まる国際的な大都市」
vibrante : 【形】 震える、振動する≫ (vibrare : 【動】 振り回す/震える/振動する)
metropoli : 首都、主要都市、大都市≫
cosmopolita : 国際的な、世界各地の人が訪れる/国際性豊かな≫

"vibrante" は名詞の前にあるので形容詞ではなく動詞 (3単現) かな?
この地域には行ったことがないのですが、そんなに国際色豊かなんでしょうか?
長崎はわかるけど・・・。 中国・韓国系が多いのかな??

SAPPORO
Il Giappone moderno non affollato
「混み合っていない現代的な日本の街」
affollato : 混み合った、満員の/群がった/圧倒された≫

混み合っていない、は直訳過ぎますね ・・・。
札幌は全国5番目の180万人都市だけど ・・・ 確かに人口密度は低いのかも。

MONTE FUJI
La vetta sacra del Giappone, tipica immagine da cartolina,
laghi spettacolari e splendide escursioni

「日本の絵ハガキに象徴される、見事な湖と素晴らしいハイキングコースを持つ、
 日本の聖なる頂き」
vetta : 頂上、頂点/梢、枝先≫
sacro : 神聖な、宗教的な、畏敬すべく≫
tipico : 典型的な、標準的な/特徴的な、象徴的な≫
spettacolaro : 【名】 ショー、番組、興行/光景、壮観/【形】人目を引く≫
splendido : 光り輝く/華麗な、素晴らしい/気前のよい≫
escursione : 周遊旅行、遠足、ハイキング≫

一瞬 "laghi" が "larghi (広い、大きい)" で、
"larghi spettacolari (雄大な風景)" かと思ったのですが ・・・?
富士五湖のことでいいんでしょうか? でも "laghi spettacolari" ってよくわからん?

                     ◆       ◆       ◆

ガイドブック本編ではもっと詳細に記述されています。
もし、自分の街をイタリア語で紹介する場合、何て言ったらいいんだろう? と
興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、どうぞリクエストしてください!
各都道府県、都市、観光地、かなり網羅されています。
(例えば北海道でいったら、松前町、羅臼町、池田町まで紹介されています! ビックリ!!)
[PR]
| by dicotomia | 2004-10-12 19:42 | ガイドブックのイタリア語
ヤンキー ≪alla moda : 流行りの≫
本日は昨日と同じ章から、以下のイタリア語を意訳してみました。

"Yanqui"
Si pronuncia come l'inglese "yankee".
 英語の "ヤンキー" と同様の発音をします。

Gli appartenenti a questo gruppo amano tingersi i capelli di castano o
di biondo, sfoggiano abiti alla moda e tengono un cellulare permanentemente incollato all'orecchio.

 このグループのメンバーは髪を茶色や金髪に染めることを好み、流行りの服で着飾り、
 そして常に携帯電話を耳にひっつけています。

Gli "yanqui" di sesso maschile spesso lavarano nel settore edilizio e tradiscono un debole per l'abbigliamento eccentrico indossando pantaloni nikka-bokka dai colori sgargianti.
 男性の "ヤンキー" は、しばしば土木関係の仕事に就いていて、派手な色のニッカボッカ
 ズボンを着用するなど異様な服装で弱者を威嚇しています。

appartenente : 【名】 <~の>メンバー/【形】 <~に>属している≫
tingersi : 染める/化粧する≫
sfoggiare : 見せびらかす、誇示する、着飾る≫
incollato : のりを付けた、くっついた≫
settore : 分野、部門、方面≫
edilizio : 建築の、土木の≫
tradire : 裏切る/傷つける、欺く/漏らす、暴露する/不足する、見捨てる≫
debole : 【名】 弱者/弱点、欠陥/【形】 弱い、乏しい≫
abbigliamento : 服装、衣料/ファッション業界≫
indossare : 身に着ける、着用する≫
sgargiante : 鮮やかな、強烈な、派手な≫

「しばしば土木関係の仕事をしている」 なんて、すごい断定をしてます!
そして携帯電話 ・・・!! なぜ!!?
しかもこの項目には、携帯電話を使用している普通の兄ちゃんの写真が添えられていました ・・・。
[PR]
| by dicotomia | 2004-10-11 23:44 | ガイドブックのイタリア語
ヤン-ママ ≪antropologia : 人類学≫
イタリアの本屋の旅行コーナーで見つけた、ロンリープラネットの "日本" のガイドブック。
イタリア語で日本がどのように紹介されているのか興味津々で購入してきました。
もちろん英語版の翻訳なのでイタリア人が捉えた日本というわけではないのですが、
・・・ こ、これはネタの宝庫です! 特に日本文化の紹介にはおもしろい文がたくさんありました。
(Lonely Planet社 : 世界最大の旅行ガイドブック専門出版社。 日本語版 もあります。)

本日は、"Antropologia urbana" と題された章より。
antropologia : 人類学≫、≪urbana : 都市の/都会風の、優雅な、洗練された≫
ですので、 「都会における日本人学」 または 「今どきの日本人」。 (意訳しすぎか?)
なんとそこでは、"Bosozoku"、"Chimpira"、"Salarymen" を始め、
以下の言葉が説明されていました。

"Yan-mama"
La parola è una formata dall'inglese "young (giovane)" o dal giapponese "yanqui" e da "mama (madore)".
 これは英語の "ヤング" または日本語の "ヤンキー" と、"ママ" という単語から作られた
 言葉です。

Una "yan-mama" è una donna che si è sposata, ha generato dei figli
in età molto giovane (prima dei vent'anni) e continua a vestire in minigonna e zatteroni, suscitando l'indignazione dei settimanali più conservatori.

 "ヤンママ" は結婚し子供がいる大変若い(20歳前の)女性のことで、
 それでもなおミニスカートや厚底サンダルをはきつづけ、保守的な週刊誌等において
 怒りや非難を引き起こす原因となっています。

zatterone : コルク製ヒールの女性用サンダル/大いかだ/(石・金属の)厚板≫
suscitare : 引き起こす、原因となる、挑発する≫
indignazione : 憤り、憤慨、義憤≫ = 同意語 : ira
settimanale : 【名】 週刊誌/【形】 一週間の、毎週の、週一の≫
conservatore : 【形】 保存する、保持の/保守的な、保守主義者の≫

他にも "Ko Gyaru"、"Obattalion" なんて言葉もありました。
"Obattalion"  死語のうえに "オバッタリオン" って ・・・。
[PR]
| by dicotomia | 2004-10-10 23:55 | ガイドブックのイタリア語
| TOP |