<   2004年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
|
イタリア語検定対策<4級> その9
不定代名詞・不定形容詞 については、試験前に一度整理しておく必要があると
前々から思っていたのですが、その不可解さから今日まで避けて参りました ・・・。
しかし、一昨日の件で nessunoniente が出てきてしまい、
自分の理解が足りないことに観念して、早速調べてみることにしました。

・・・ が、私の所有する書籍では、不定代名詞・不定形容詞について
わかりやすくまとめられているものがありませんでした。
仕方がないのでいつもの通り、辞書より例文抜粋にて、んごにょごにょ ・・・。
 (※後述の単語の意味・用法は一部です。 4級なら最初の1・2項目程度かな、と)

nessuno
 【不定形容詞】 ※常に単数名詞を伴い、単数扱い。 不定冠詞と同様の語尾変化。
■ なんの~もない (否定文で)
Non ho nessun dubbio.
 「私は何の疑いも持たない。」
Non lo farei per nessuna cosa al mondo.
 「私はどうあってもそんなことはしない。」
Non lo trovo in nessun luogo.
 「彼はどこにもいない。」

■ 全く~でない、何ひとつ~でない (強意)
Non c'è nessun pericolo.
 「なんら危険もない。」
Non c'è nessuna novità.
 「何一つ変わったことはない。」
 【不定代名詞】
■ 誰も~ない、何ひとつ~ない (否定文で)
Nessuno ci aiuta. / Non ci aiuta nessuno.
 「誰も私たちを助けてくれない。」
Nessuno di noi l'ha visto.
 「私たちの誰も彼に会ってはいない。」
Nessun altro che lui può farlo.
 「彼のほか誰もそれはできない。」
Hai qualche domanda da farmi?Nessuna.
 「何か私に尋ねることがあるのかい?」 - 「何もないよ。」

niente
 【不定代名詞】
■ 何も~ない、何ひとつ~ない (否定文で)
Non ho detto niente.
 「彼は一言も話さなかった。」
Non c'è niente di più facile.
 「これ以上簡単なことはない。」
Non c'è niente da fare.
 「どうしようもない。手の打ちようがない。」

・・・・・・。
明日もまだまだ、不定代名詞・不定形容詞、続きます ・・・。

                     ◆       ◆       ◆

だいぶ以前にいろんなところで出回っていましたが、
何度見ても笑える三ツ星ホテル、 ローマの一番よい三流のホテル で息抜きを~。
言葉ってムズカシイネ!
[PR]
| by dicotomia | 2004-09-30 20:41 | イタリア語検定
イタリア語検定対策<4級> その8
初心にかえって基本の基本。 イタリア語単語集。 e で終わる名詞の性。

■ 男性名詞
latte : 牛乳≫   ≪sale : 塩≫   ≪pepe : コショウ≫
dolce : 菓子≫   ≪miele : 蜂蜜≫   ≪pane : パン≫
salame : サラミ≫   ≪maiale : ブタ≫   ≪cinghiale : イノシシ≫
pesce : 魚≫   ≪fiore : 花≫   ≪seme : 種≫
ascensore : エレベーター≫   ≪balcone : バルコニー≫
garage : 車庫≫   ≪mobile : 家具≫   ≪sapone : 石鹸≫
bicchiere : グラス≫   ≪canale : チャンネル≫
diamante : ダイヤ≫   ≪dente : 歯≫   ≪sedere : 尻≫
dolore : 痛み・苦痛≫   ≪raffreddore : 風邪≫   ≪ospedale : 病院≫
colore : 色≫   ≪pedone : 歩行者≫   ≪colle : 丘≫
amore : 愛情≫   ≪rancore : 恨み≫   ≪favore : 好意≫
costume : 習慣・癖≫   ≪ambiente : 環境・雰囲気≫   

■ 女性名詞
carne : 肉≫   ≪volpe : キツネ≫   ≪tigre : トラ≫
lepre : 野ウサギ≫   ≪radice : 根≫   ≪parete : 内壁≫
pelle : 皮革≫   ≪fronte : 額≫   ≪salute : 健康≫
febbre : 熱・発熱≫   ≪fame : 空腹≫   ≪sete : 喉の渇き≫
valle : 谷≫   ≪abitudine : 習慣≫   ≪torre : 塔≫
patente : 運転免許証≫

[PR]
| by dicotomia | 2004-09-29 17:12 | イタリア語検定
イタリア語検定対策<4級> その7
本日は、イタリア語検定4級には必須問題のネで。

【代名詞 : ne】 その種類のなかで 「別のもの」 を指す。 または 「数量」 を示す。
           ※ ただし 「全て」 は ne で受けない。

 ■ 間接目的語代名詞と同時に使用される場合の語尾変化
   mine ⇒ me ne    /  cine ⇒ ce ne
   tine ⇒ te ne      /  vine ⇒ ve ne
   Lene ⇒ Gliene    /  gline ⇒ gliene
   glilene ⇒ gliene

本日は辞書からではなく、参考書・問題集より簡単な例文を探してみました。
Prendi questo treno? 「この列車に乗るの?」
No, non lo prendo, ne prendo un altro. 「いや、乗らないよ。 別のだよ。」

Queste mele mi sembrano buone! 「こちらのリンゴ、美味しそうね!」
Quante ne vuole, signora? 「奥さん、いくつ要りますか?」
Le prendo tutte. 「全部いただくわ。」

Hai comprato tanti vestiti in Italia? 「イタリアで洋服をたくさん買った?」
Ne ho comprato solo uno. 「1着だけ買ったよ。」
No, ne ho comprati pochi. 「いや、少ししか買わなかったよ。」
No, ne ho comprati solo alcuni. 「いや、少ししか買わなかったよ。」

Quanto vino c'e? 「ワインはどれくらいありますか?」
Ce n'è una bottiglia. 「1瓶あります。」

Mi dai una caramella? 「アメ 一つくれる?」
Mi dispiace, non ce ne sono più. 「残念だけど、もう 一つもないんだ。」

Alla festa di ieri c'erano tante persone?
 「昨日のパーティーには大勢の人がいましたか?」
Sì, ce ne erano tante. 「はい、たくさんいました。」

È buono questo vino? Posso assaggiarne un po' ?
「このワイン美味しい? 少し飲んでみてもいい?」

あ、あの~、上級者様に質問してもよろしいですか??
上記例文 「イタリアで洋服をたくさん買った?」 に
「いや、ひとつも買わなかったよ。」 と答える場合はどうなるのでしょうか?
No, non ne ho comprato nessuno. でよいのでしょうか???
[PR]
| by dicotomia | 2004-09-28 20:53 | イタリア語検定
イタリア語検定対策<4級> その6
イタリア語検定試験は ≪COMPRENSIONE AUDITIVA : リスニング問題≫ と
PARTE SCRITTA : 筆記問題≫ とに分かれています。
今回受験する4級の合格基準は、各分野ごとに 約60%以上の得点、
かつ総合で 約70%以上の得点が必要となるそうです。
恐らく私にとって鍵となるのは リスニングの方で、正直全く自信がありません~!!(T-T)
初めてCDで問題を聴いたときは、スピードが速くて何を言っているのかほとんど理解不能!
これはマズイ! と繰り返し何度も聴いているうちに
単語単語を認識できるようになっていたのですが ・・・
これは聴き取れるようになったのではなくて、単に音を憶えてしまっただけなんじゃないか~!?
多分そうネ ・・・。 でもそれを確かめる術も無く、試験に挑んで参ります ・・・。
インターネットでイタリア語のテレビ・ラジオニュースなどを聴いてみたりもしましたが、
こちらはさらに私には難易度が高すぎました~。 フニャ。

                     ◆       ◆       ◆

【人の性格を表す形容詞】
diligente : 勤勉な≫ - ≪pigro : 怠惰な≫
sincero : 誠実な≫ - ≪bugiardo : 嘘つきな≫
intelligente : 利口な≫ - ≪stupido : 愚かな≫
ubbidiente : 素直な≫ - ≪ribelle : 反抗的な≫
coraggioso : 勇敢な≫ - ≪codardo : 臆病な≫
gaio : 陽気な≫ - ≪malinconico : 陰気な≫
audace : 大胆な、厚かましい≫ - ≪timido : 内気な≫
generoso : 寛大な、気前の良い≫ - ≪avaro : けちな≫
ottimista : 楽観的な≫ - ≪pessimista : 悲観的な≫
estroverso : 外向的な≫ - ≪introverso : 内向的な≫
emotivo : 感情的な≫ - ≪tranquillo : 落ち着いた、物静かな≫
impulsivo : 衝動的な≫ - ≪riflessivo : 思慮深い、分別のある≫
affidabile : 信頼できる≫ - ≪inaffidabile : 信頼できない≫
responsabile : 責任感のある≫ - ≪irresponsabile : 無責任な≫

すごい例文いっぱいアルネ。
Che stupido a non cogliere l'occasione!
「チャンスを逃すなんてばかだな!」

Il fratello maggiore è diligente, invece il minore è pigro.
「兄の勤勉さに引きかえ、弟はぐうたらだ。」

Da ricco era molto generoso.
「金のあった頃は、彼はとても気前の良い男だった。」

[PR]
| by dicotomia | 2004-09-27 17:28 | イタリア語検定
イタリア語検定対策<4級> その5
イタリア語では前置詞や副詞の使い方によく迷います。
どうしても英語が先に(かすかに)頭の中にあって、
それに対応させて憶えようとしてしまうので、混乱するんですよね ・・・。

本日も紛らわしい単語シリーズで。 これらも試験によく出ますネ。
あと他にも ≪diritto : 【形】 真っ直ぐな、一直線の≫ と
diretto : 【形】 直行の、直接の≫ が混乱してしまいます ( ・・・ 私だけ?)
deritto だったっけ? ということも ・・・。 (※そんな単語はナイ)

davanti
【副】 (英 : in front) (場所) 前に、前方に、先に
 andare davanti 「前進する/先に行く、前を行く」
【前】 ~の前に(で)、正面に(で)
 davanti alla stazione 「駅の前で」 ※davanti a
 Sedeva davanti a me a tavola. 「食卓で彼は私の正面に座っていた。」
dietro
【副】 (英 : behind) 後ろに、後に
 chiesa vista di dietro 「後ろから見た教会」
【前】 ~の後ろに、後に
 dietro il palazzo 「建物の裏手に」 ※dietro (a)
 portarsi dietro + 人 「~を連れて歩く」

avanti
【副】 (英 : forward/before) 前に、前方に、先に進んだ
 La farmacia è un po' più avanti. 「薬局はもう少し先だ。」
 mettere l'orologio avanti 「時計を進める」
 alcuni giorni avanti 「数日前に」
【間】 前進、進め/お入り、どうぞ
 Chi è ? Avanti ! 「どなた? どうぞお入りなさい!」
---------------------------------------------------------------------------------
 ≪avanti Cristo : 西暦紀元前≫ ⇔ ≪dopo Cristo : 西暦紀元後≫
indietro
【副】 (英 : back/behind) 後ろに(へ、で)/遅れて、劣って
 farsi indietro 「後ろに下がる」
 andare avanti e indietro 「行ったり来たりする」
 essere indietro con lo studio 「勉強が遅れ気味である」
 Il mio orologio è indietro. 「私の時計は遅れている。」

 ※単語の意味は、全てを書き出しているわけではないのでご注意を~!
[PR]
| by dicotomia | 2004-09-26 21:05 | イタリア語検定
イタリア語検定対策<4級> その4
イタリア語検定の札幌会場は 『かでる2.7』 です。
市外の方には 「 ・・・ かでる2.7? なに??」 って感じでしょうが、
これは "北海道立道民活動センタービル" の正式名称なのです。
他にも札幌には 『きたえーる』 ・ 『ちえりあ』 ・ 『つどーむ』 ・ 『Kitara』 など
謎の施設名があふれています。
皆様の自治体でも施設にこのような名称・愛称を付ける風習があるのでしょうか ・・・??

かでる2.7』 北海道立道民活動センタービル
  ( 「かでる」 ・・・ 北海道弁で "仲間が集まる、仲間に入れる" 北2条西7丁目にある)
きたえーる』 北海道立総合体育センター
  ( 「きたえーる」 ・・・ "きた" は北海道(北)、"えーる" は声援を送ること、心身を "鍛える" )
ちえりあ』 生涯学習総合センター
  ( 「ちえりあ」 ・・・ "知恵と明るくたわむれる" という印象が得られることから (・・・?) )
つどーむ』 札幌コミュニティードーム
  ( 「つどーむ」 ・・・ "集う" + "ドーム" )
Kitara』 札幌コンサートホール
  ( 「Kitara」 ・・・ ギリシャ神話の音楽神アポロンが奏でた竪琴 "キターラ" に由来)

イタリア語でもギターは ≪chitarra≫ ですね。

                     ◆       ◆       ◆

avere + 名詞 + di + 動詞の不定詞】

abitudine :(名) 習慣≫ avere l'abitudine di +不定詞 : ~する習慣がある
occasione :(名) 機会≫ avere l'occasione di +不定詞 : ~する機会がある
voglia :(名) 欲求≫ avere voglia di +不定詞 : ~したい
bisogno :(名) 必要≫ avere bisogno di +不定詞 : ~する必要がある
intenzione :(名) 意図≫ avere intenzione di +不定詞 : ~するつもりである
paura :(名) 恐怖≫ avere paura di +不定詞 : ~することを恐れる
tempo :(名) 時間≫ avere tempo di +不定詞 : ~する時間がある
fortuna :(名) 幸運≫ avere la fortuna di +不定詞 : 幸運にも~する


Ho l'abitudine di alzarmi presto.
 「私は早く起きるのが習慣だ。」

Avevo bisogno assoluto di parlarti.
 「私は早急に君に話さなければならなかった。」

Non ho alcuna intenzione di farlo.
 「そんなつもりはさらさらない。」

Ho paura di camminare da sola di notte.
 「夜ひとりで歩くのは怖い。」

Ho avuto la fortuna di averlo conosciuto.
 「彼と知り合えてよかった。」

[PR]
| by dicotomia | 2004-09-25 21:39 | イタリア語検定
イタリア語検定対策<4級> その3
イタリア語勉強中の方がたくさんいらっしゃって嬉しいです!
私にはオペラ歌手や美大生やイタリア料理店シェフの友人はいなく、
周囲の人間に 「イタリア語を勉強している」 と打ち明けると
「どうしてイタリア語なの~?」
「英語もできないのに!?」 (☆持つべきものは真実を語る友 (T-T)。くうぅ )
「イタリア語人口、って少ないよね??」  などと返ってくるような環境・・・。

ココも、ただ調べるだけよりも、調べたことを書き留めておいた方が記憶に残るだろう ・・・と
ほとんど自分の勉強のためにと思って開設したのですが、
皆様よりコメントを寄せていただけて
日本中にはたくさんのお仲間がいるんだと、大変励みになっております。

私の伊語知識は まだまだ全くの初歩の段階で
辞書や テキストや NHKテレビ/ラジオ講座で得た程度のものなので、
もし内容に誤りがあった場合、タイプミスがあった場合などは どうぞ教えてください。

それでは本日も試験対策編で。

                     ◆       ◆       ◆

【 不規則動詞・紛らわしい動詞の現在形活用、過去分詞 】

spedire : 送る≫ ・・・ 過去分詞 : spedito
spedisco  spedisci  spedisce  spediamo  spedite  spediscono

spendere : 費やす≫ ・・・ 過去分詞 : speso
spendo  spendi  spende  spendiamo  spendete  spendono

spegnere : 消す≫ ・・・ 過去分詞 : spento
spengo  spegni  spegne  spegniamo  spegnete  spengono

spiegare : 説明する≫ ・・・ 過去分詞 : spiegato
spiego  spieghi  spiega  spieghiamo  spiegate  spiegano

spingere : 押す≫ ・・・ 過去分詞 : spinto
spingo  spingi  spinge  spingiamo  spingete  spingono

・・・ 何度憶えても、混乱しますネ。 
上記の過去分詞を使用した例文はこちら。
Ti ho spedito una cartolina.
 「あなたにハガキを送った。」

Ho speso tutti i soldi che avevo.
 「持っていた金を全部使い切ってしまった。」

Vado in cucina a vedere se ho spento o meno il gas.
 「台所に行ってガスを消したかどうか見てきます。」

Me lo ha spiegato minuziosamente.
 「彼は私にそのことを丁寧に説明してくれた。」

Ha spinto da parte il libro.
 「彼はその本を脇に押しやった。」

[PR]
| by dicotomia | 2004-09-24 19:56 | イタリア語検定
イタリア語検定対策<4級> その2
今日も真面目に試験対策を。

【近過去 : 助動詞の使い分け】

■助動詞に avere をとる 自動詞

 具体的な動作を表す自動詞
abitare : 住む   lavorare : 働く   parlare : 話す   giocare : 遊ぶ
nuotare : 泳ぐ   ballare : 踊る   ridere : 笑う   piangere : 泣く
telefonare : 電話する   pranzare : 昼食をとる   cenare : 夕食をとる
dormire : 眠る   camminare : 歩く   passeggiare : 散歩する
smettere : やめる、断つ   bussare : ノックする

■助動詞に essere をとる 自動詞

 状態や存在・場所の移動を表す自動詞
essere : ~である   stare : いる、ある   rimanere : とどまる
andare : 行く   tornare : 戻る   venire : 来る
entrare : 入る   uscire : 出る   partire : 出発する   arrivare : 到着する
salire : 昇る   scendere : 降りる   cadere : 落ちる

 状態の変化・出現を表す自動詞
nascere : 生まれる   morire : 死ぬ   crescere : 成長する
apparire : 現れる    sparire : 消える
ingrassare : 太る    dimagrire : 痩せる
diventare : ~になる   riuscire : 成功する   costare : (時間・金銭)がかかる
succedere : 起こる   accadere : 起こる   capitare : 出くわす/生じる


※他動詞として用いられる場合は avere、自動詞として用いられる場合は essere

  passare (他) ~ を通す/過ごす   (自) ~ が通る/過ぎる 
  trascorrere (他) ~ を過ごす   (自) ~ が過ぎる 
  aumentare (他) ~ を増やす   (自) ~ が増加する 
  diminuire (他) ~ を減らす   (自) ~ が減少する 
  cominciare (他) ~ を始める   (自) ~ が始まる 
  finire (他) ~ を終える   (自) ~ が終わる 

correre (走る)
  単に 「走る」 という動作を表す場合は avere
  目的地への移動を表す場合は essere
Ho corso con il cane. 「私は犬と走った。」
Sono corso dal medico. 「私は医者のもとに駆けつけた。」

vivere (生きる/暮らす)
  avereessere どちらでも可能
[PR]
| by dicotomia | 2004-09-23 23:55 | イタリア語検定
イタリア語検定対策<4級> その1
10月3日の実用イタリア語検定に初挑戦する予定です。 レベルはちょっと無理して4級。
せっかく勉強しているのだから、何か目標を持ってやってみようと申し込んでみました。
しかし、試験勉強をしていたのは申し込みの直後だけ・・・。
このところは勉強しようと思ってもすぐに気が散り、
それこそ電子辞書のジャンプ機能で延々と面白い語句を探してみたり、
イタリア語学習サイトを見てるはずが、いつの間にかイタリア旅行記サイトを巡っていたり・・・。

今さらながら、さすがにこれではマズイと焦ってきました。 そこで、今日から試験日までの間は
ちょっと真面目に試験対策用の例文を取り上げていこうかなと・・・。

イタリア語検定協会のサイトは コチラ です。 受験要綱や前回の過去問の一例
(春は1・2級は実施されないので、現在3~5級のみ) も掲載されていますので、
興味のある方、自分のレベルを確認してみたい方、どうぞご覧になってみてください。

【近過去/半過去/大過去】
Ieri ho trovato le scarpe che cercavo da tanto tempo.
 「昨日、随分前から探していた靴を見つけた。」 : 近過去半過去

Quando uscivo, è cominciato a piovere.
 「出掛けようとしたとき、雨が降り始めた。」 : 半過去近過去

Sabato sera sono rimasto la casa tutto il giorno.
 「土曜の夜は、一日中家にいた。」 : 近過去

Per poco non cadevo.
 「もうちょっとで転ぶところだった。」 : 半過去

Quando sono arrivato, la lezione era già cominciata.
 「私が着いたとき、授業は既に始まっていた。」 : 近過去大過去

Ero arrivato a scuola da pochi minuti quando è cominciato a nevicare.
「雪が降り始めた数分前に、学校に着いていた。」 : 大過去近過去

Maria aveva detto di venire ma non è venuta perché era impegnata.
 「マリアは来ると言っていたが、忙しくて来なかった。」 : 大過去近過去半過去

■主に近過去時制と共に使用される表現 = 動作の起点と終点を限定する
≪~中≫ tutto il giorno
per ~ : ~間≫ per una settimana
fino ~ : ~まで≫ fino alle duefino a tardi
daa ・・・ : ~ から ・・・ まで≫ dalle 9 alle 11da lunedì a venerdì
≪頻度 : ~回、~度≫ tre voltemolte volte
■主に半過去時制と共に使用される表現 = 期間を限定しない
mentre ~ : ~している間≫
da ~ : ~前から≫ da un annoda tanto tempo
≪時点を表す言葉≫ quel giornoquest'ora
≪過去の習慣≫ sempreogni giornoogni tantospesso
≪過去の期間≫ da piccoloda studente

[PR]
| by dicotomia | 2004-09-22 14:44 | イタリア語検定
FUJIYAMA ≪montagne russe : ロシアの山≫
帰宅しました。
3日間にかなり詰め込んでたくさんの場所を周ってきたのですが、中でもよかったのは
絶叫マシーンが大好きで 前々から行ってみたいと思っていた富士急ハイランド。
FUJIYAMA は期待通りの面白さ!!
特に1回目の搭乗では先頭の座席となったため、頂点(高さ79m)へと上がっていく間、
そびえ立つ富士山の雄姿とその裾野に広がる樹海が直接眼下に広がり
緊迫感と恍惚感が相俟って最高のトランス状態。 非日常感を満喫できました。
他にはしっぽり鎌倉散策など。 建長寺のビャクシンの古木が素晴らしかった・・・!

それでは本日のネタはこんな感じで。
Il Fuji è il monte più alto del Giappone.
 「富士山は日本で一番高い山です。」

Kamakura è una delle città più vecchie del Giappone.
 「鎌倉は日本で最も由緒ある街のひとつです。」

このような比較表現には語順等パターンがいくつかあるようなのですが、
取り敢えず上記例文の文法はこちら。

■ 定冠詞+名詞[A]+ più +形容詞+ di +比較する範囲の名詞
 「~ の中で最も ・・・ である」
uno/adi +定冠詞+複数名詞[B]+ più +形容詞+ di +比較する範囲の名詞
 「~ の中で最も ・・・ のうちのひとつである」

形容詞はそれぞれ修飾する名詞 ([A]・[B]) と性・数を一致させます。
città は単複同形名詞ですね~。

                     ◆       ◆       ◆

ちなみに、ジェットコースターってイタリア語で何ていうんだろう? と検索してみたところ、
montagne russe≫ または ≪otto volante≫ らしい。
後者は 「8の字型」 と 「飛ぶ[形]」 でなんとなくわかるけど、前者は?
ロシアの山」?? ペるケ ロシア~!??
と思って調べてみると、ジェットコースターのルーツがわかりました (コチラ)。
有名な話なのかな σ(^^*;)??  エヘヘ。 知らなかった!
[PR]
| by dicotomia | 2004-09-21 18:33 | 旅先のイタリア語
| TOP |