<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
|
これでまともな勉強を始めました。
思い出し書きをしていたら、なんだか長くなってしまいました。
しかも今回の話で紹介する参考書(テキスト)はもう販売されていないものなので、
本当は書く意義もあまりありません。 ああ、スミマセン・・・・

◆       ◆       ◆

前回ご紹介した本をきっかけとしてイタリア語に触れ
「なんだかよくわからないンだけどとにかく楽しい」 というイタリア語マジックにかかると同時に、
2000年4月より NHKラジオイタリア語講座・入門編を聴き始めました。
ここで初めて 動詞活用や時制、冠詞・形容詞の性数変化など文法事項も意識するようになり、
私のイタ語習得への果てしなく長い道程がいよいよスタートいたしました。

この入門編は白崎容子先生の 『みるみる話せるステップ100』 (1999年4~9月の再放送)。
アシスタント役がマリネッラ・ヴァーネさん。 会話コーナーに ダリオ・ポニッスィさん、
ヴィオレッタ・マストラゴスティーノさん、アレッサンドロ・クレメンティさんなども出演。

月・火・水曜日は一日一個の なにはともあれキーフレーズ! 木曜日がその週のまとめと復習。
白崎容子先生の心地よい声とマリネッラさんとの掛け合い、軽快で小ネタ満載のスキット、
ダリオのラップコーナー、ダリオとアレッサンドロの小芝居・・・・
後になってわかったことですが、これが運命的な出会い<その2>でした。
というのはその後のラジオ講座、新規開講するたびにとりあえずチェックはしているのですが、
私にとってこの回ほどおもしろく、またわかり易くて魅力的な構成のものはなかったのです。

ただし、このときはテキストを読んでしっかり予習・復習をやっていたわけではなかったため、
やはり週4日のラジオ進行にはついていけず、3ヶ月ももたずに挫折。
(ただし、MDへの録音だけは半年間し続けました)
その後の数年間は時々思い出したようにこのMDを聴いたり、テキストを眺めるだけ。
この時点でのイタ語習得度は、いわゆる 「旅行会話・初級者レベル」 以下であったと思います。

しかし2003年4月、3回目のイタリア訪問で簡単な会話が通じたことよりイタリア語熱が再発!
このテキストとMDを引っ張り出して、また一から勉強を開始しました。
ただ違ったのは勉強方法。 以前のように音声をただ聴くだけではなく、
目指してみたのは 一話4~8行×ステップ100 の会話文の とにかく丸暗記
通勤中、ドライブ中、家事の最中、MDを繰り返し聴いて、声に出して言う、日本語訳から
伊文を紙に書き出してスペルチェック、テキストで文法確認。 これを反復・反復・反復・・・・
(ちょっとやりすぎですが、テキストをスキャナ+OCR機能で Accessデータベースに取り込んで、
 スキット単位で検索して出題、解答表示ができる簡易プログラムを作成し活用していました)

■ステップ59 : アレッサンドロダリオ の会話です。 二人とも迫真の演技でした。
AlessandroChe bella sciarpa! Dove l'hai trovata
           「ステキなスカーフ! どこで見つけたの?」

Dario     : Non te lo dico. È un segreto.
           Sono belli i tuoi orecchini. Dove li hai trovati
           Me li dai quando non li metti più?
           「教えな~い。 ヒミツ。 そのイヤリング、ステキ。 どこで見つけたの?
            もうつけなくなったら、ぼくにくれる?」

AlessandroNo, non te li do.
           Io li metterò per sempre, per sempre, per sempre...
           「ダーメ、あげない。 ずうっと、ずうっと、ずうーっと、つけるんだからぁ」

少しずつですがこんな勉強を約半年ほど続けたでしょうか。
最終的にスキットの9割方は暗記できたと思います。
(2年以上経った今でも、このときの蓄積はかなり記憶に残っていて役に立っています)
その結果、ラジオ講座入門編で扱われる現在形、近過去・半過去形、未来形あたりまでは
なんとか理解できるようになりました (命令形、条件法等の理解はちょっと不十分でしたが)。
ただ、当然ながら リスニング力、スピーキング力はほとんどナシ。
語彙力もこのラジオ講座および前述の参考書で出てきた単語分しかありませんでした。

※当時の私・回顧メモ
・ 「Comunque proviamo!」 に出会う
・ ちょっと不本意ながらも ダリオのラップコーナーで月と曜日を覚える
・ 数字トレーニング。 トランプを使い、カードをめくって出た数字をイタリア語で素早く言う
  (同時にめくるカードを2枚、3枚と増やして桁数を増やす)
・ 「Tutte le lettere sono minuscole.」 で性数一致による音の妙に改めて感心する
・ 「Che ne dici?」 や 「Non ci riesco.」 などの短いフレーズを、日常生活で
  無意味に(?)使うようになる
・ 「Non ne avete un'altra?」 ・・・ 「飲んで暴れてうなるトラ?」 と覚える
continua ...

[PR]
| by dicotomia | 2005-10-26 21:21 | イタリア語参考書
こんな感じで勉強を始めました。
イタリア語をどのように勉強してきたか、
どんな学習参考書を使用しているか、
今までにこのようなご質問を何度かお受けしております。

勉強法にしても参考書にしても 人それぞれ相性というものがあると思いますし、
私自身、現在も模索中なので 「これがオススメ!」 と自信を持って言えるわけではないのですが、
いつのまにか参考書の数だけはやたらに増えてしまったので
自分のイタ語学習の道を振り返りつつ、
今までに使用したテキストたちをちょっとご紹介してみようかなと思います。 (不定期連載)

◆       ◆       ◆

もはや記憶はおぼろげなのですが、イタリア語を勉強しようと思い立ったのは
確か2000年の初め。 その年の春に二度目のイタリア旅行を夢想しておりました。
その際、初めてのイタリア旅行で知り合った あるSignore (参照) を再訪したい!
でもって少しでもイタリア語で会話ができたらなぁ・・・・
そんな動機から 書店で手にしたのがこの本でした。

参考書 その1. 『イタリア語が面白いほど身につく本』
           ≪町田亘 著/中経出版≫ (超初心者向け)

最初にこの本を購入したというところからでもご想像できると思いますが、
このときはあくまでも 「挨拶やちょっとした意思表示ができたらいいなぁ」
であって、本気でイタリア語を習得しようとは思ってもいませんでした。
数ある書籍の中からなぜこれを選んだかについてはよく覚えていません。
内容が簡単そうで、CDがついていて、発音やアクセント表記があるから・・・
ぐらいでしょうか。 しかしこの本が私にとっては運命的な出会い<その1>だったのだと思います。

もちろん、このときの私のイタ語知識は 「ボンジョ~ルノ」 と 「グラッツェ」 のみ。
当初 テキスト自体はほとんど読んでいません。 時々気になった単語を確認するくらいです。
しかし 通勤中、ドライブ中、家事の最中、CDを毎日とにかく リピートして聴いていました。
このCDではキーフレーズが 1.イタ語でゆっくり2.日本語訳3.イタ語でやや早く と
繰り返されます。 おかげでテキストを読まなくてもフレーズの意味を知ることができます。
このサンドイッチ音読構成が私にピッタリ合っていました。

これを何度も聴いて 時に自分でも声に出して言ってみて・・・ とやっているうちに、
イタリア語独特の響きがなんとなく耳馴染んできて、真面目にイタリア語を勉強しようという
心意気がなくとも、少しずつフレーズが記憶の片隅に残るようになりました。

※当時の私・回顧メモ
・ 「perché」 ぺるけ! ぺるけ! ぺるけ最高!
・ 「destrasinistra」 ・・・ 「デストラーデは右利き」 と覚える
・ 文法的なことは全くわかっていなかったが 「dà sul cortile (ダッスルコるティーレ)」 と
 「dal binario tre (ダルビナーりオトれ)」 の響きに惚れ、毎日呪文のようにつぶやく
continua ...

[PR]
| by dicotomia | 2005-10-16 14:28 | イタリア語参考書
una notte insonne : 眠れぬ夜
「あなたの特技はなんですか?」 と尋ねられたとき、大抵こう答えています。

「タッチタイピング、 ケン玉、 どこでも眠れること」

もちろん履歴書には書けません。
(あ、タッチタイピングは書いてもいいのかな?)

◆       ◆       ◆

1つ目は幼少の頃にピアノを、過去にSEもどきをやっていた賜物か、かなりのスピードで打てます。
2つ目も子供の頃にたしなみました。 そのケン玉は今でも本棚に飾ってあります。

3つ目。 私、いつでもどこでも眠ることができます。
枕が変わっても、夜中に珈琲をがぶ飲みしても、化粧を落としていなくても。
(よくない)
授業中の居眠りはもちろん、学校帰り、仕事帰り、気がつけば・・・ ああ~ん、また終点だよ・・・
(我が家の最寄駅が終点駅の1コ前であったのが、せめてもの救いでした)
大学受験失敗でショックを受けても、ふぉーりんらぶで悩んでいても、毎晩ちゃんと熟睡できました。
(たぶんそんなにショックでも悩んでもいない)

で、先日ユリさんとの話題にもあがったのですが、
国際線での飛行時間、日本-ヨーロッパ間の約12時間、これもがっつり寝倒せます。
往路も復路も、離着陸+食事時間以外は眠ってしまいます。
あ、この映画、見たいなぁ・・・ って思ってても、眠ってしまいます。
しかもその後のホテルまたは家でも、すぐ眠れます。

飛行機が怖くて長時間は乗れないとのたまう人に
「えー、寝てればあっという間に着くよ?」 なんて軽く言ってのけてたのですが。

しかし、その後 いろんな人に話を伺ってみると
飛行機では眠れないという人が意外と多くいらっしゃるようで・・・・
(ゴメンよ、母)

なんでこんなことを書いているのか、
ユリさんとのお話を思い出したのと、久々にオフコースの曲を耳にしたからです。

- 眠れない夜と 雨の日には
- 忘れかけてた 愛がよみがえる

 Non ho chiuso occhio tutta la notte. 「一晩中眠れなかった」
 Ho passato la nottata in bianco.
 Ho vegliato tutta la notte.

 Ha qualche capacità particolare? 「何か特技をお持ちですか?」

[PR]
| by dicotomia | 2005-10-09 07:12 | いろんなイタリア語
おお! 意外といいかも・・・!! その2
10月に入り、今回の放送から新バージョンとなった NHKテレビ 「イタリア語会話」。

昨年度から 後期(10月~3月)の放送は半分が新規、半分が前期の再放送という
昨今のNHKの台所事情が反映された(?)番組構成となっており、
(さらに今年度は放送時間も5分短縮され)ちょっと不満に感じていました。 が・・・

後期の新企画 『Telegiornale ニュースを聴こう!』、 なかなかイイじゃないですか~。

NHK国際放送 NHK World (Italiano)
実際に放送されたニュースを題材としてリスニング学習をしよう、というスタイル。
モニカさんとマッテオがキャスター役となりニュースを解説していくのですが、
(実際のニュース音声はNHK国際放送局のスタッフの朗読)
まず初めにリスニングのポイントとなるいくつかのキーワードを繰り返し紹介。
そして、通常のスピード、その後ゆっくりとしたスピードで
これまた何度も繰り返しニュースVTRが流れます。

ゆっくり・・・ といっても 私にとっては充分早いし、
モニカさんとマッテオの解説にもなかなかついていけないのですが、
この番組構成はリスニングのいいトレーニングになるな~、って感じです。
(イタリア語の勉強を始めたばかりの人には難しいかもしれませんし、
 上級者の方には物足りないかとは思いますが・・・)
HDD録画をしているので これは何度も聴いてみたいと思います。

二年前は 土屋アンナのやる気のなさ + アンナ vs ジローラモのバトル、
昨年度は 加藤ローサのベタベタ発音 + 棒読み小芝居 (しかも題材が 『ピノッキオ』)・・・ と
惰性で見てはいたものの、勉強になるとはちょっと言い難い内容&状況だったのですが、
いやー、今年度の企画は前期も後期もいいですね!
番組制作スタッフが変わったのでしょうか?

さらに、この番組をよい方向へと導いているのは モニカさんとマッテオ、
このお二人の力も大きいのではないかと思います。
どこまでが台本でどこからがアドリブなのかわかりませんが、
お二人とも大変好感のもてる話し方・表情ですよね~。 来年度も出演してくれないかなぁ。

  『Dopo 13 anni forte terremoto a Tokyo -東京で13年ぶりの強震-』

  ≪calamità naturali : 天災≫
  ≪l'ente meteorologico : 気象庁≫
  ≪l'epicentro : 震源地≫
  ≪le scosse : 揺れ≫
  ≪magnitudo : 【f.】 マグニチュード≫
  ≪un'intensità : 震度≫

p.s.
後番組、半年振りにあのシュールなオープニング曲&映像が帰ってきた~!
p.s.s.
モニカさんは 「さん」 付けなのに、マッテオは呼び捨てにしたくなるのはなぜだろ~?
[PR]
| by dicotomia | 2005-10-04 01:10 | いろんなイタリア語
| TOP |