<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
|
このちょっとした違いは?
b0024177_91342100.jpg
Andiamo,
non mangiare così in fretta
finirai con fare indigestione.


「バカヤロー、そんなに慌てて喰うなよぉ、
 胃が受けつけねぇぞぉ!?」
b0024177_9152146.jpg

Se mi dai 12 ore
ti faccio fuori un treno merci.


「ぶっふぇへーい!(うっるせーい!)
 12時間もありゃあ、
 ジェット機だって直らぁ!!」

んー・・・ この訳の違いはナニかな??
fare fuori は 【(人を)殺す、除外する、はずす; (物を)浪費する、出費する; 差し引く;
持ち出す、盗む; 壊す; (争いを)解決する】 と、辞書にはたくさん意味が載ってますねー。
「12時間くれれば、お前に貨物列車を盗んできてやるよ」 ってな感じの意味なのか?
で、でも なにゆえ貨物列車!? そして貨物列車ってホントに盗めるのか!!?
なにかの符号なのかなぁ~ (私が無知なだけだったらゴメンなさい)

merce : 商品、品物、物品/[複で]貨物≫
treno merci 「貨物列車」 / treno passeggeri 「旅客列車」

indigestione : 消化不良、不消化≫ ( ⇔ digestione : 消化 )
fare un'indigestione 「食べすぎる; うんざりする」
Quest'estate ho fatto un'indigestione di film di fantascienza.
 (= ne ho visti un numero esagerato.)
 「この夏、私はうんざりするほどSF映画を見た。」

finirai con fare + 名詞 (状態や感情を表す名詞・・・かな?) は
「~の状態を引き起こして終わるぞー / しまいには~の状態になっちゃうぞー」
ということでしょうかね。 この表現ってなにかと使えるかも。。


b0024177_9173155.jpg
Ecco, te l'avevo detto,
ti senti male?


「ほーれっ、言わんこっちゃねぇや、
 洗面器かっ!?」
(直訳 : ほーれっ、言わんこっちゃねぇや、
 気持ち悪いのか!?)


b0024177_918563.jpg


Cosa?

「ん? なにぃ? ンン!?」
b0024177_9182536.jpg

Sarà meglio prendere
una bacinella.


「喰ったから寝るって・・・」
(直訳 : 洗面器持ってきた方がいいって…)

「喰ったから寝るって・・・」 では イタリアでは笑えないのかなー?
すっごく普通の展開になっていました。 これではルパンが普通の人だぞ。

◆       ◆       ◆

最後に、ちょっとお気に入りのシーン。

b0024177_9314059.jpg

A quale ci affianchiamo?
Alla sposa, Jigen.

次元  「どっちにつく?」
ルパン 「オンナ~ぁ!」
b0024177_9314960.jpg


È naturale.

次元 「だろうな!」

affiancare : 傍らに置く、並べる/(補助者に)付ける、加える/助ける、協力する≫
affiancarsi : 横に並ぶ/《相互的》助け合う≫
affiancare il debole al forte 「強きをくじき弱きを助ける」
Il monumento era affiancato da due statue.
 「記念碑の横には2つの彫像が並んで立っていた。」

それにしても 次元って、いいヤツだなぁ~~

※ カリ城シリーズ、今後も続きそうなので (← ばかだねー(^^;)
  独立カテゴリを作成し "マンガの中のイタリア語" から移動いたしました。
[PR]
| by dicotomia | 2006-02-24 23:32 | カリオストロなイタリア語
気になる単語(フレーズ) ・ その2
Come si usa? 「どうやって使うのかしら?」
Si fa scorrere nella fessura sulla porta. 「扉の溝に通すんですよ。」

以前ちょっと話題に挙げた、ひたすら丸暗記したNHKラジオ講座のスキットの一部です。
「あー、それはですねっ、扉の溝に こーやって通すんですよ~」
と、私がイタリア語で発する機会は一生涯ないと思いますが、
すぃ ふぁ すこっれーれ ねっら ふぇっすーら すっら ぽるた
この響きに魅了され、気がづいたら何度もつぶやいている自分がいました。
scorrere : 流れる、スムーズに動く/よどみなく出る/(時が)経過する≫
fessura : (岩や山などの)割れ目、裂け目、亀裂/すき間/溝≫
ちなみにこれはホテルの部屋のカードキーのお話です。

さらに別のスキット。
Scusi, signore, questa borsa è Sua? Potrebbe spostarla un po'?
「すみませんが、このバッグはあなたのですか? 少し寄せていただけますか?」

うほー、 「ぽとれっべ すぽすたーるら うんぽ?」 これも甘美な響きですねぇ~。 ウットリ。
spostare : 移動させる、移す/(時間を)変更する、延期する/配置転換する≫

こうやって記憶に入り込んだ言葉ってムダに忘れません。

しかし、今日は ≪giudizio : 判断≫ と ≪giustizia : 正義≫ を取り違えるという
恥ずかしい失態を犯していました。 ジャッジメントとジャステスなのにー!
でも、どっちも発音しづらいんだもん・・・。

今のところ、マイ発音しづらい単語ランキング堂々第一位は ≪situazione≫ です。
"una situazione" になるともっとイヤです。
「シャア少佐、シャア少佐、シャア少佐」 と いい勝負です。

◆       ◆       ◆

La strada scorre lungo il fiume. 「道はその川に沿って通っている。」
Qesta frase non scorre. 「ぎこちない文だ。」
Tutto scorre. 「万物は流転する」

Per spostare questa libreria ci vogliono tante persone.
 「この本箱を動かすのには人手が何人も要る。」
Elisa ha spostato lo sguardo dalla madre verso il padre.
 「エリザは母から父へと視線を移した。」
spostare di un'ora un appuntamento
 「約束の時間を一時間ずらす」
Finita l'ora legale bisogna spostare all'indietro le lancette dell'orologio di un'ora.
 「夏時間が終わったから時計を一時間戻さなければならない。」

[PR]
| by dicotomia | 2006-02-21 02:18 | いろんなイタリア語
どんな形ですか? ≪Di che forma è?≫
私の好きなマンガ家さんのひとり、伊藤理佐さんの一押しコミック
『やっちまったよ一戸建て!!』
≪伊藤理佐 著/双葉社・文藝春秋≫
マイホーム購入を決意した作者が、まるで八百屋に大根を
買いに行くかのような安易さで不動産屋を訪れるところから始まり、
個性豊かな不動産屋さん、設計士さん、工務店さんと出会いながら
実際に "吹き抜けトイレ付 ・ 一人用一軒家" を
完成させるまでのドキュメンタリー・コミック。
これから家を建てようとお考えの方には必見のバイブルです(嘘)

この作品の中で描かれている作者の習性で
「そう、そう、私も同じだ~!」 と共感できる点はいくつもあったのですが、
その中のひとつがコチラ。 以下、作者と設計士の先生との会話を抜粋しますと
作者  : 「私は ピシーッの カクーッの マッスグーみたいな家が好きです!」
設計士 : 「それ、わかります!
       私もつねづね電化製品、家具、何から何まで “丸い丸い” と思っていました」
作者  : 「便器とかスイッチとか蛇口とか洗面台も もっと四角ならいいのにって!!」

・・・ああ、そう、私も四角がスキ!!
並べたモノのツラがキッチリ揃ったときの恍惚感!
棚や引き出しの中、無駄な隙間なくピッチリ収納できたときの爽快感!

なのに、いざ探してみると ほとんどのモノが丸っこい。
危険性の軽減、原材料や製造過程のコスト削減等、必然的な理由もあるかと思われますが、
デザインの選択肢のひとつとして、もっと四角い製品があってもよいのではないでしょうか・・・

Che forma ha?
Di che forma è? 「どんな形ですか?」

● 丸 ・ 円 ・ 輪
 circolo (圏/同好会、サークル/[複で]環境、勢力範囲/行政区/循環/儀礼的な会談)
 cerchio (円形の物、輪状の物/円運動/範囲、枠)
● 丸い ・ 円形の
 rotondo (体の線が丸々とした/調和のとれた、(ワインが)コクのある/端数のない)
 tondo (端数の無い、0で終わる/ローマン体の/ 【s.】 丸い物/円、円形、輪/皿)
 circolare (円を描く/巡回する/ 【s.】 回状、通達/(電車・バスなどの)循環線)
 
■ 四角形
 quadrangolo : 四角形
 quadrato : 正方形 (二乗、平方/ほぼ四角な区画/(ボクシングの)リング)
 rettangolo : 長方形 (サッカー競技場)
■ 四角い
 quadro (平方の/頑丈な、頑固な)
 quadrato (正方形の、真四角の/頑丈な、逞しい/まともな、考えの正しい)
 
▲ 三角形
 triangolo (三角形の物/三者で構成するもの/トライアングル)
▲ 三角形の
 triangolare (三者で構成する)

◆ 菱形
 losanga (菱形の物)
 rombo 《幾何》
◆ 菱形の
 losangato (菱形模様の)

○楕円
 ovale (卵形(のもの)/ 【agg.】 卵形の、楕円形の)
 ellisse 《幾何》
○楕円の
 ellittico

segnare con un cerchio le voci prescelte
 「項目を○で囲む」

Una retta incontra un cerchio in due punti.
 「直線は2点で円と交わる。」

incontro triangolare
 「《政》三者会談/《スポ》三国対抗試合、三つ巴」

l'eterno triangolo
 「(夫、妻、愛人の)三角関係」 (永遠なのね・・・)

Quest'auto è di forma quadrata.
 「この自動車は角張っている。」

Questo parco ha una superficie di 10kmq.chilometri quadrati
 「この公園の面積は10km2 である。」

Tutti i poligoni, cioè il quadrato, il rettangolo, il triangolo,
eccetera sono figure piane.

 「すべての多角形、つまり正方形、長方形、三角形などは平面の図形である。」

・・・ということで、ただいまワタクシ、
オシャレな四角いバケツと四角い洗面器を探しております。
どこかにいいの、売ってないかなあ~。
(力説したわりには非常にスケールの小さい話で終ワリマス・・・)
[PR]
| by dicotomia | 2006-02-12 09:02 | いろんなイタリア語
なんとなく 徒然思い出話 ~美術編~
ビデオ・アートの先駆者として国際的に活躍、日本とも深い関わりを持つ
韓国生まれの現代芸術家、ナムジュン・パイク氏が死去 (asahi.com)

1月29日に73歳でお亡くなりになったとのこと。 非常に残念です。
各地の近・現代美術館で しばしばお目にかかりましたが
彼の作品は私の心の中で、常にエンタイトル・ツーベースを放っていました。

大変不謹慎ながらふと考えると、敬愛する彫刻家 ダニ・カラヴァン氏も今年で76歳。
ガウディやイサム・ノグチも 計画ないし着工した作品が未完成のまま逝去されましたが、
その意思は後世の人々に引き継がれ 建設は続けられました。
カラヴァン氏にもまた建設途中の広大な作品がいくつか残っているはず・・・ (完成したのかな?)
兎にも角にも 彼にはいつまでも健康で、第一線で活躍し続けていただきたいと
今回改めて強く願った次第です。

ところで自分が記憶する偉大な芸術家の逝去といえば
忘れもしない、元号が平成となった半月後の1989年1月23日。
サルバドール・ダリの訃報を耳にしたときも大きなショックを受けました。
亡くなったという事実も勿論ですが、正直なところ
「(昨日までまだ)生きていた人だったのか・・・!」 ということに衝撃。
当時はまだコドモだったので、美術の課題ではよく あからさまにダリ真似作品を描いていました。

La notizia della sua morte mi colpì profondamente.
 「彼の逝去の報に私は衝撃を受けた。」
Accetti le mie più sincere condoglianze per la morte di Suo padre.
 「お父上のご逝去を深くお悔やみ申し上げます。」

高校時代は美術部に(にも)在籍していました。
今はなき旧校舎。 冬には隙間風により雪が吹き溜まる 渡り廊下の向こう側。
別棟三階にある美術室の一角に ベニヤ板で仕切られた小さな部室があり、
放課後ここでインスタントコーヒーを淹れ、一息つく 穏やかな時間が好きでした。
隣の部室街から流れてくる軽音部のギターを聴きながら のんびりと油絵を描いたり、
いつからココにあるのか、毒が染み付いてるかと思うほど古びた画集を眺めたり・・・

美術室の床一面に生徒達の作品を並べて
苦渋の表情で成績をつけている先生の姿を横から覗いていると、
「おまえはどう思う?」 と尋ねられたこともありました。
もちろん私の意見を参考にするために尋ねたわけではなく
先生の意図は別なところにあるということは察しつつも、
つい嬉しくなって自分の所感を力説する私。
それをいつものようにニコニコしながら聞く先生・・・

そんな高校時代の美術の先生は、荒川修作とゴッホが好きだったため
自分の息子に 「修作」 か 「剛歩」 と名付けようとしたが、
周囲の猛反対を受け断念した、というエピソードを笑いながら話してくれました。

・・・・・・

ナムジュン・パイクのニュースから、
こんな過去の記憶がとめどなく溢れ出てきたのですが、いい加減このへんで。

高校卒業後、筆を持つことは一切なくなったのですが、
なんだか久しぶりに何か描きたくなってきましたよ。
よし。 こうなったら今度
どさんこワイド 『奥さん、お絵描きですよ』 に 二人で出演しましょう (笑) > ユリさん

una folla di ricordi
 「尽きせぬ思い出」
I vecchi ricordi mi ritornano in mente come un caleidoscopio.
 「古い思い出が走馬灯のようによみがえる。」

folla : 群衆、人混み、雑踏/(雑多な感情、思想)の混乱≫
caleidoscopio : 万華鏡≫ ・・・ この例文の場合 "走馬灯" はこう訳されるのですね。
英訳からみて ≪fantasmagoria : (千変万化の)映像[光,色彩]の現出/魔術幻灯≫ も
アリなのかしらん?
[PR]
| by dicotomia | 2006-02-03 19:11 | いろんなイタリア語
| TOP |