<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
茶の湯のココロ <前編>
大変ありがたいことに、イタリア語の勉強を始めてから
日本が好きだという数名のイタリア人と友達になることができました。
そして彼らと話すたび、彼らの日本文化に対する造詣の深さに
自分自身、日本人でありながら自国の文化に疎いという事実を
何度も再認識させられては、非常に恥ずかしい思いをしております。

正直なところ 私、生け花や茶道の経験など全くなく、
小津安二郎も黒澤明も篠田正浩も見たことがない、源氏物語も三島由紀夫も読んだことがない。
さらに、歌舞伎、能、狂言、文楽等の定義も違いもよくわからず、
和装をしたのは確か小学五年生のときが最後か・・・ (成人式も卒業式も洋服で行っちゃいました)

◆       ◆       ◆

以前、イタリア人の友人と話をしていたときのこと。
"日本庭園" から "侘び寂び" の概念に話が及ぶと、すかさず彼がこう言いました。
「 『わび』 『さび』 の他にもあと2つ、全部で4つのキーワードがあったはず・・・」

・・・・ エ?(゚-゚ ???  よ、4つ って!?  え、えーっと・・・ 何だろう!??(汗)

私にはわからず、結局彼も思い出せず、その場はこれで話が終わってしまったのですが、
後日、彼が私に(日本語で)こんなメールを送ってくれました。

---------------------------------------------------------------------
 (前に話をした) 「侘びと寂びと、、、」 のことを思い出しました。
 茶の湯について書かれた本に、次のように記述されていました。

 わび
 さび
 しぶい
 ふら
---------------------------------------------------------------------




なるほど、 『侘び』、 『寂び』、 『渋い』、、、、、『ふ、 ふら』!???


ふら、ふら、ふら、ふら、ふら・・・ って何デスカっ!?? ΣΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)????


その後、しばら~~~くの間 悩み続けた果てに、ようやく ある一つの仮説に辿り着きました。
その仮説でもって彼にメールで問い合わせてみると、
親切にも彼は、そのイタリア語の本の該当ページをスキャンして送ってくれました・・・・。

◆       ◆       ◆

結論を先に申し上げてしまいますと、
その本には確かに 「"茶の湯"の根底にある4つの基本概念」 として
わび』、『さび』、『しぶい』、『ふら』 と書かれており、
そのイタリア語を読んだ限りでは 私の仮説は正しいとは言えませんでした。
しかし、そこにあった 『ふら』 についての解説を読んでも
「(日本語としての) 『ふら』 とはなんぞや?」 という私の疑問は解明されないままであります。

そこで、ぜひぜひ皆様のお知恵をお借りしたい、教えを乞いたいと願いまして、
この場で そのイタリア語文を紹介したいと思った次第でございます。
・・・が、しかし、それは次回掲載することと致しまして(^^;;;
まずは上のメール文のみで

  「茶の湯の4つの概念」 をご存知の方、
  『ふら』 をご存知の方、
  『ふら』 の正体に ピン!ときた方、
  私の仮説に ピン!ときた方、

もし、いらっしゃいましたら
是非 非公開コメントでこっそり教えていただければありがたいです。
continua ...

[PR]
| by dicotomia | 2006-03-29 00:56 | いろんなイタリア語
日本人と英語と私
大変久し振りですが、ロンリープラネット・イタリア語版/日本のガイドブックより。
巻末 Guida linguistica の章に 『I giapponesi e l'inglese』 と題された
大変興味深く、イターイ 記事がありました・・・
(※このイタリア語版ガイドブックは、英語版をイタリア語に翻訳したものだと思います)

Chi visita il Giappone deve sapere che molti giapponesi non parlano capiscono molto bene l'inglese.

Sebbene questa lingua venga insegnata nelle scuole superiori e numerosi studenti continuino a studiarla anche all'università, diversi fattori intervengono nel far sì che molti giapponesi non riescano mai a conoscerla a sufficienza e a usarla con proprietà.

Potrebbe essere a causa della grandissima differenza tra l'inglese e il giapponese per quanto riguarda la pronuncia e la grammatica o, forse, per la reticenza tipica dei giapponesi, troppo timidi per parlare una lingua che non padroneggiano a sufficienza.

Ci sono diversi modi per facilitare le comunicazioni con un giapponese che non ha un'ottima conoscenza dell'inglese parlato:

  Iniziate sempre a parlare sorridendo, per mettere a proprio agio
   l'interlocutore.

  Parlate molto lentamente e scandite bene le parole.

  Quando chiedete informazioni, cercate di parlare con giovani
   in età universitaria, perché esistono maggiori probabilità che
   conoscano l'inglese.
   Le donne giapponesi, inoltre, tendenzialmente parlano e capiscono
   l'inglese meglio degli uomini.

  Se necessario, scrivete la domanda che volete fare
   -- spesso, infatti, i giapponesi sono in grado di leggere l'inglese
   anche se non capiscono la lingua parlata.

  Usate le frasi semplici riportate in questo capitolo
   (e, se necessario, indicate sulla guida al vostro interlocutore la frase
   che fa al caso vostro).

[拙訳&意訳]
日本を訪れる人は、多くの日本人が英語を話すことも理解することも得意としていないことを知っておくべきである。 中学・高校で英語を教わり、さらに多くの学生が大学においても勉強を続けているにも関わらず、大多数の日本人が英語を十分に理解し 的確に使うことができないのには、いくつかの要因が考えられる。 例えば、発音と文法に関して英語と日本語には大きな違いがあるため、あるいは、恐らく日本人の大人しく寡黙な性格、また十分に操ることができない言語を話すには臆病すぎる性格のため、といったことであろう。

英語に精通していない日本人とのコミュニケーションを容易にするためには、以下のような方法が挙げられる。
・ 相手に緊張を与えないように、常に微笑みながら話しかける。
・ できるだけゆっくりと話す。 また、言葉をひとつずつ区切りながらはっきりと発音する。
・ 情報を得たいときは、より英語を理解している確率の高い 大学生などの若者に話しかけるようにする。 また、傾向として、男性より女性の方が英語を理解し話せる人が多い。
・ 必要に応じて質問を紙に書き出す。 なぜなら日本人は、会話を聞き取ることができなくても読むことができる場合がある。
・ 簡単な言葉を使う (必要ならば このガイドブックに記載されている適当なフレーズを指で差して伝えるとよいだろう)

うおおおー、すごい言われようですね(^^;;;
コミュニケーションを容易にするための方法として
"Iniziate sempre a parlare sorridendo" から始まるとは・・・ イタすぎです。

◆       ◆       ◆

sebbene : ~ではあるが、~にも関わらず、~なのに(+接続法)≫
intervenire : 介入する、手を出す、発言する(in)/参加する、出席する/手術をする≫
sufficienza : 十分な量、たくさん、適格/及第点、最低合格点≫
reticenza : 故意の言い落とし、黙止、口が重いこと≫
padroneggiare : (主人として)支配する、指揮を執る、掌握する/精通する≫
interlocutore : 対話者、対談者/話し相手、相手≫
scandire : 音節をひとつずつ切りながらはっきりと発音する≫

con proprietà : 的確に≫
a sufficienza : 十分に≫
essere causa di ~ : ~に起因する≫
a causa di ~ : ~のせいで、~のおかげで≫
per quanto riguarda : ~に関しては≫
avere un'ottima conoscenza : 精通している≫
mettersi a proprio agio : くつろいだ気分になる、ゆったりとした気分になる≫
se (fosse) necessario : 必要ならば≫
essere(sentirsi) in grado di + inf. : ~することができる(できる気がする)≫
fare al caso : 適切である≫
[PR]
| by dicotomia | 2006-03-21 00:47 | ガイドブックのイタリア語
若くなくてもいつも過ち♪
「イタリア語検定」 関連で 初めてココにいらしてくださった方に
早速ですが このblogの真の姿を知っていただければと思い・・・ 自爆いたします。

b0024177_0345529.jpg
Riceverò un severo rimprovero dal generale di corpo d'armata Dozle!
 「ドズル中将に わたしは大目玉だ」


More
[PR]
| by dicotomia | 2006-03-15 01:22 | マンガの中のイタリア語
イタリア語検定対策 お試し問題-2 ・ 解答
前回の解答です。

More
[PR]
| by dicotomia | 2006-03-10 21:38 | イタリア語検定
イタリア語検定対策 お試し問題-2
3~5級の過去問+α です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------

Livello 5
(1) Lucia compra sempre delle riviste      .
   ( interessanta / interessante / interessanto / interessanti )

(2) Non      mai vino.
   ( bero / vero / bevo / bebo )

(3) Chi sono      signori?
   ( quelli / quegli / quei / quel )

Livello 4
(4)      che vedo zia Maria, lei mi regala i biscotti.
   ( Ogni volta / Tutta la volta / Ogni volte / Tutte volte )

(5) Di solito compro la frutta      fruttivendolo, vicino a casa.
   ( di / nel / a / dal )

(6) Anna ha preso      un appartamento in centro a Torino.
   ( in vendita / in affitto / con padrone / con agenzia )

(7) La settimana scorsa      tutta la domenica a studiare per l'esame.
   ( passavo / era passata / è passata / ho passato )

Livello 3
(8) - Questo è per te, un pensierino dal Giappone.
   - Oh grazie, ma non dovevate      .
   ( disturbarvi / disturbarti / disturbarmi / disturbarci )

(9) Quando viene a scuola in bicicletta, Luigi      circa un'ora.
   ( bisogna / ci mette / ci vuole / è neccessario )

(10) - Quanti dischi hanno i signori Rossi?
    - Ne      un centinaio.
   ( avevanno / avranno / abbiano / avrà )

--------------------------------------------------------------------------------------------------
スペルミス等、誤りがありましたらゴメンなさい。 教えていただけると有り難いです。
解答は後日!
[PR]
| by dicotomia | 2006-03-08 19:37 | イタリア語検定
メンバー募集 ≪バグパイプ : cornamusa≫
b0024177_2016656.jpg

このところのサッカー日本代表戦・TV放映時に流れている アディダスのCM 楽しいですね~!
中村俊輔とデルピエロが 2時間以内にそれぞれ自国の一般人・10人を集めてチームを急造、
"中村俊輔+10 (日本代表)" vs. "デル・ピエロ+10 (イタリア代表)" として
サッカーの試合を行なうというもので、現在公開されているのは
彼らがメンバーを探して街を歩き回り、チームを結成するまでの様子をまとめた120秒。
今後 続編としてゲームの模様もオンエアされるそうです。
(※追加修正:ゲーム編は上記webサイト限定公開となっていました※)

ワールドカップドイツ大会・各出場国のトッププレーヤー同士が
素人メンバーを集めて対戦するという、この 『+10 Recruitment』 という企画、
adidasのwebサイトでは 他にも 以下の5組の対戦を見ることができます  → コチラ
(ポップアップウィンドウ、右下に現れる "+10 Recruitment" の斜め帯をクリック)

  ■ Kaká+10 (Brasilie) vs. Riquelme+10 (Argentina)
  ■ Cole+10 (Inghilterra) vs. Cissé+10 (Francia)
  ■ Xavi+10 (Spagna) vs. Gomes+10 (Portugal)
  ■ Kuranyi+10 (Germania) vs. De Jong+10 (Olanda)
  ■ Mastroeni+10 (gli Stati Uniti) vs. Lozano+10 (Messico)

どっかのレストランのシェフやカメリエーレがメンバー選考テスト(?)に挑戦したり、
練習中に窓ガラスを割ってしまったりと、Kaká vs. Riquelme 編が面白かったです。

◆       ◆       ◆

で、この 「俊輔 vs. デルピエロ」 編、なんとかイタリア語のセリフを聴き取ろうと試みましたが、
やはり私のリスニング力では限界が・・・(T-T
それならと、adidasイタリア版サイトをのぞいてみました。 ・・・・が、コチラ、
日本語にはイタリア語字幕がついてますが、イタリア語のセリフには残念ながらありませんでした。
(日本バージョンでは日本語のセリフにも日本語字幕がついています)

とりあえず聴き取れた分を書き出してみましたが、ハテナだらけですね。
冠詞、前置詞等も全く自信がありません。 文法的に これじゃおかしいなーというところも。
うううー、こうなったら 「地球のみんな、オラに力をわけてくれ~!!」
というわけで、もし ご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、
間違いのご指摘やハテナ部分の穴埋めをしていただけたら嬉しいです。

C'è qualcuno qui che gioca a calcio?
(俊輔) 「この中でサッカーやる人いますか?」
Qualcuno di voi è giapponese?
(俊輔) 「日本人いますか?」
Come? Neanche un giapponese qui?
(俊輔) 「あー 何だよ、全員日本人じゃない・・・」
Sono Shunsuke Nakamura.
Dobbiamo sfidare la squadra italiana guidata da Del Piero.

(俊輔) 「中村俊輔です。デルピエロ率いるイタリア代表と試合することになったんだけど・・・」
Io sto allestendo la squadra per giocare contro i giapponesi.
(デルピエロ) 「日本代表とヤルためにチームを作ってるんだ」
Sa giocare a pallone?
(デルピエロ) 「サッカーやらない?」
No, no, no, (?????)
(おじいチャン) 「駄目、もう 歳だから・・・」
Sono Del Pero.(?)
(デルピエロ) 「俺はアレッサンドロ・デルピエロ」
Solo due ore per reclutare(?) la squadra italiana, gioca contro la squadra giapponese.
(デルピエロ) 「2時間でイタリア代表を集めるんだよ。日本代表とヤルためにね」
Non ci sono tanti giapponesi a Glasgow, la ricerca non sta andando benissimo.
(俊輔) 「グラスゴーにはあんまり日本人いないんでね、あんまり集まらないすね」
Signora, c'è un campetto qui vicino per giocare?
(デルピエロ) 「どこかサッカーする所ある?」
Vicino c'è una (?) piazza lì.
(シニョーラ) 「あっちに広場があるよ」
"SCUOLA DI INGLESE DI GLASGOW"... Forse qui.
(俊輔) 「グラスゴー・スクール・オブ・イングリッシュ・・・ ここはいそうだな」
Non gioco a calcio, ma so suonare la cornamusa.
(日本人) 「サッカーはやれないけど バグパイプなら吹けますけど」
Cornamusa?
(俊輔) 「バグパイプですか!?」
Proprio ora, sta chiamando uno dei suoi amici chi conosce 10 calciatori giapponesi.
(俊輔) 「ちょっと今、彼の知り合いに 日本人で10人いると言うことなので」
Per favore.
(俊輔) 「来てください! お願いします!」
Questo (?????) adesso...
(デルピエロ) 「今 ボールをキープしているヤツ」
La maglietta gialla (????) ?
(イタリア人) 「黄色いシャツの?」
Sono tre..
(デルピエロ) 「これで3人目」
Sette, e... è otto...
(デルピエロ) 「7人、8人・・・」
Per il momento.
(デルピエロ) 「とりあえず」
Rappresenteremo il Giappone.
(日本人) 「僕らは日本代表として試合します」
Il capitano della squadra italiana è Del Piero.
(日本人) 「えーと、イタリアのキャプテンは、デル・ピエロ」
Tutti dicono quanto sia stupendo giocare con Del Piero, ma sono qui per schiacciarlo!
(日本人) 「デルピエロとできるとか 嬉しいとか 言ってますけど、僕は潰しに行きます」
(?????) voglio fare la squadra molto offensiva...
(デルピエロ) 「攻撃的なチームがいい」
Tecnica e offensiva.
(デルピエロ) 「華麗で攻撃的」
Questa è la mia squadra.
(デルピエロ) 「これが俺のチームだ」
Vediamo il Giappone.
(デルピエロ) 「待ってろ日本」
Vi facciamo un culo così.(?)
(イタリア人) 「ボコボコにしてやる」
Chi non salta giapponese è! è! ♪
(イタリア人) 「♪ジャンプも出来ないのは 日本人だけ!♪」
Non è italiano quello?
(日本人) 「あれイタリアじゃない?」
Figo? Grande!
(日本人) 「あいつ怖っ」  「でけっ、こえーよ」
Oggi ci giochiamo gli italiani.
(日本人) 「今日はイタリアとやります」
Starò vicino a Shunsuke: (続き字幕無し.. perché?)
(日本人) 「なるべく俊輔と近づいて、僕 いっぱいカメラに写ろうと思っています」
non (?????) niente che fare, sempre gioca i videogiochi.
(イタリア人) 「日本人はサッカー下手なんだよ。コンピュータゲームばっかりやってるから」
Vi facciamo un culo così!(?)
(イタリア人) 「ボコボコにしてやろうぜ!」
Questa è la mia squadra.
(俊輔) 「これが俺のチームだ、俊輔 +10!」

何度も聞いていたら 「♪Chi non salta giapponese è ! è ! 」 が
頭から離れなくなってしまいました・・・ エッ! エッ!
[PR]
| by dicotomia | 2006-03-01 20:21 | いろんなイタリア語
| TOP |