<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
|
今世紀初
このような瞬間に立ち会えることは
今後またしばらく無いとは思いたくないけどかなり思われるので記念エントリ。 えい!
b0024177_1304786.jpg

初夏の清々しい青空。 日射しと涼風とが大変心地よい土曜日の午後、
厚別競技場で行なわれた コンサドーレ札幌vs東京ヴェルディ1969 戦を見てきました。

b0024177_23564712.jpg
結果は4-0という驚きの完勝。 そして、これで J2で優勝した
2000年(岡田武史監督&エメルソン(年齢詐称タイホ@ブラジル)時代)
以来の5年8ヶ月振りの4連勝!!
しかも仙台、横浜C、東京Vと、3試合連続での上位チーム撃破です。
んでも、長いトンネルを抜けた・・・ なんて決して言えない我がチーム。

この試合展開にラモス監督、さぞかし怒り心頭で
エキサイティングに指示出ししているのかと思いきや、
わりと大人しくベンチに座ったままで・・・・

と思ったら、この日の晩、
日テレのW杯特番に出演しているではありませんか。
そのために体力温存モードだったのでしょうか?
オファーを断り切れなかったのか、
札幌戦を楽勝と見なしていたのか・・・(多分正解)。

ところで、ローカルTVでは 『コンサ・今世紀初の4連勝!』 との報道が!
"今世紀初" なんていう表現、今世紀になってから久方ぶりに聞きました。


secolo : 世紀、100年 ;[複で]きわめて長い時間(年月)
        /(特定の)時代 ;現代/多くの日々、長年月、長い時代
        /世俗(の生活)、浮き世、世間 ;現世、この世≫

il più grande capolavoro del secolo 「世紀の大傑作」
il più grande avvenimento del secolo 「今世紀最大の出来事」
il secolo d'oro della pittura italiana 「イタリア絵画の黄金時代」

Non mi diverto così da secoli.
 「こんなおもしろい思いをしたのは本当に久し振りだ。」
È un'opinione avallata da secoli di esperienze.
 「何百年もの経験によって裏づけされた見解だ。」

イタリアvsオーストラリア戦の結末に絶句・・・。 これを劇的な勝利と言ってよいのでしょうか~!?
一試合を通して非常に不安定だったジャッジ。 オーストラリアもよく頑張ったね。
この後のスイスvsウクライナ戦も見ていたいけど、本日はこれにて多分就寝。

★オマケ★
最近のお気に入りブログ : つば九郎ひとこと日記
『はじめてのパソコン』、および友情出演・千葉ロッテマリーンズのマーくん(+スタッフ)の
小芝居がいとおかし。 スワローズも交流戦での好調を維持していけるのか、今後が楽しみです。
[PR]
| by dicotomia | 2006-06-27 02:36 | いろんなイタリア語
MUSEO MATISSE ― Nizza, Cimiez
南仏では、ジェノバやトリノでは ほとんど見かけなかった日本人観光客がたくさんいましたが、
それ以上にやはり、老若男女・イタリア人観光客が目につきました。
(というか、とにかく騒がしいイタリア語があちこちで耳につきました ^^;;)
またこの地方の歴史柄、ここで暮らすイタリア人も多いのでしょうね。

実際、朝市をフラフラ散歩しているとき、
日本に行ったことがあるという花屋のオジサンに片言の日本語+英語で話しかけられ、
もう無意識に伊語交じりの英語(正:英語交じりの伊語)で必死に返答していたら、
「お、イタリア語がわかるのかい!? 実は、私はイタリア人なんだよ~!」 と
いきなりイタリア語で会話が始まったり・・・

また、観光案内や美術館のパンフレットは 仏語、英語の他、ほとんどのところで伊語版が
(そしてところにより日本語版が)用意されていました。

b0024177_2133058.jpg
Baie des Anges (天使の湾) と ニース旧市街


― ニース・マティス美術館パンフレットより ―

*TRASPORTI
in automobile : vedi pianta
in autobus : linee 15, 17, 20, 22, 25
[交通]
 乗用車 : 地図を参照してください
 バス路線 : 15、17、20、22、25番

*ACCESSO
in automobile :
 sosta in Avenue du Monastère e parcheggio a Monastère di Cimiez
in autobus GT : sosta in Avenue du Monastère
ingresso pedonale : sono previste quattro entrate al parco
ingresso per disabili : entrata Sud della Villa
[アクセス]
 乗用車 : Avenue du Monastère 駐車 または Monastère di Cimiez 駐車場利用
 観光バス : Avenue du Monastère 駐車
 歩行者用入口 : 公園側入口4ヶ所あり
 身体障害者用入口 : 美術館南口

*TARIFFE BIGLIETTI
tariffa intera : 4 euro / tariffa ridotta : 2,5 euro
per informazioni : tel. (+33) 04 93 81 08 08
[入場料]
 一般料金 : 4ユーロ / 割引料金 : 2.5ユーロ
 お問い合わせ : (+33) 04 93 81 08 08

*ORARI D'APERTURA
Il museo è aperto tutti i giorni esclusi il martedì e alcune festività
(1゜gennaio, domenica di Pasqua, 1゜maggio e 25 dicembre)
dalle ore 10 alle ore 18 : tutto l'anno
[開館日および開館時間]
 火曜日と次の祝祭日(1月1日、復活祭日曜日、5月1日、12月25日)を除く毎日
 年中10時より18時まで

*GRUPPI
Massimo 30 persone : Per informazioni telefonare al (+33) 04 93 53 40 53
Prenotazione obbligatoria : per posta o via fax al (+33) 04 93 53 00 22
Per gruppi superiori a 15 persone : tariffa ridotta
[グループ]
 最高30名まで : お問い合わせは 電話で (+33) 04 93 53 40 53
 要予約 : 手紙またはファックスで (+33) 04 93 53 00 22
 15名以上は割引料金が適用されます

*VISITE GUIDATE
Individuali e per gruppi(studenti e adulti), in francese e altre lingue straniere
Prenotazione obbligatoria
[ガイド付き見学]
 フランス語または外国語での個人またはグループ(学生、成人)向け、要予約

*AVVERTENZE
Si pregano i signori visitatori per la sicurezza delle opere e il rispetto reciproco di depositare borse e ombrelli presso il guardaroba; si ricorda inoltre che è vietato fumare all'interno del museo, è vietato toccare le opere e gli oggetti artistici, e di lasciare all'ingresso eventuali animali domestici. È vietato fotografare.
[お願い]
 セキュリティ上の配慮により、入場者はバッグ、傘などをクロークにお預けください。
 作品にはお手を触れないようお願い致します。
 館内での喫煙、ペット同伴、写真撮影は禁止されています。

sosta : 停車、(短時間の)駐車、(短期間の)滞在/一時的な中断、休憩≫
ridotto : 小さくされた、縮小した、引き下げた/(ひどい状態に)変えられた、~になった≫
guardaroba : 衣装部屋、クローゼット/ワードローブ/クローク・携帯品預かり所≫

このパンフレット、日本語版には少々不自然な訳もありましたが、
このイタリア語版はどうなんでしょう?
b0024177_2145712.jpg



プロムナード・デ・ザングレ
(英国人の散歩道)



トップレスも日光浴中
b0024177_215787.jpg
≪マティス美術館・ちょこっと感想≫
絵画の他、彫刻作品やマティスの写真、アンティーク椅子等も多く展示されているが、全体に小ぢんまりとした美術館で(さらに、残念ながらロザリオ礼拝堂のデッサンの一部がデンマークの美術館に貸出中であったためか)一時間半程度で見終えてしまった。 他美術館所蔵のマティス作品に比べて ややおとなしめで落ち着きのあるコレクションか。 が、どの作品からもマティス自身が創作活動をいかに楽しんでいたかが十二分に伝わってくる。
ロザリオ礼拝堂の当初のモチーフ案であったという、ミツバチ飛行軌道の切り紙絵。映像の妙なのか、『世界美術館紀行』で見たときほどのインパクトは感じられなかったが、「常人ならおよそこんな組み合わせは避けるであろう」と思える、ブラウン背景色に赤・青・黄+ときどきピンクという極彩色の粒子(これが土と花弁→花畑のイメージなのか)が、白い羽を広げたミツバチの軌道と交差して 画面全体に強烈な生命力・躍動感を与えており、この作品からもやはりマティス独自のセンスが伺える。 ただし、後日訪れたロザリオ礼拝堂でこのデザインをステンドグラスに取り入れた礼拝堂の模型を見たが、こちらを採用しなかったことは正解であったと思われる。 祈りの空間として考えると現在のモチーフ+色彩の方が断然良い。 その他、個人的な大注目は司祭服デザイン。 まぶしいほどに鮮やかな配色で、あのコンブのようなサボテン柄がうねうねと踊っていたり、光のすじが弾け跳んでいる。 これも実際に製作し使用された司祭服が礼拝堂に展示されていた。 楽しすぎる。
[PR]
| by dicotomia | 2006-06-22 22:54 | 旅先のイタリア語
第二戦に向けて (イタ語休み)
W杯、日本vsクロアチア戦まで あと二日と迫ってきましたね~。
オーストラリア戦・TV観戦時は興奮と緊張とで・・・・ 飲み過ぎました。
次はオトナの女性としてわきまえた応援スタイルで、お上品に観戦したいと猛省しております。

ところで、この試合はバイエルン州の古都・ニュルンベルクNürnberg>で開催されます。
ニュルンベルク観光として一般に広く紹介されているのは、城壁で囲まれた中世の街並みと
世界最大規模と言われるクリスマスマーケット、そしてニュルンベルクソーセージでしょうか。
ややマニアックになると、ドイツで最初に鉄道が開通した街ということで
鉄道ファン必見のドイツ鉄道博物館、さらにドイツを代表するルネサンス期の画家、
アルブレヒト・デューラー生誕の地ということで、デューラーの家も観光名所のようです。

しかし多くの方が "ニュルンベルク" という街の名に最初に触れるのは、学生時代、
世界史や国際政治の授業で取り上げられる 『ニュルンベルク裁判』 ではないでしょうか。
ニュルンベルクは かつてナチス・ドイツが本拠地としていた街であり、1933年からの6年間、
彼らはここで党大会を開き、ユダヤ人迫害~大虐殺(ホロコースト)へとつながる非人道的人種法、
ニュルンベルク法を制定しました。 そしてそのため、戦後、第二次大戦に対するナチス指導者
たちの責任を追及する国際軍事裁判(ニュルンベルク裁判)がこの地で行なわれたのです。

以来、このような歴史的背景を経たニュルンベルク市は
当地が世界的に、特別に負うべき道義的責任として、『平和と人権の都市』 を宣言し、
人権の保護・推進活動に国際レベルで取り組んでいるそうです。

◆       ◆       ◆

その活動の象徴のひとつとして、ニュルンベルク中央駅から程近い広場に、
1993年、全長175mのモニュメントが作られました。
イスラエルの彫刻家、ダニ・カラヴァン作 人権の道-Way of Human Rights- です。


b0024177_2312342.jpg国立ゲルマン民族博物館の旧館と新館との間にある
カルトゥジアン広場の南北軸線上に、各々高さ8m、
直径80cmの白コンクリート製の円柱が並んでいます。
5m間隔・30ヶ所のポイントのうち円柱は27本。
残りの2ヶ所は円形プレートのみが地面に埋め込まれ、
1ヶ所は円柱の代わりに樫の木が植えられています。

そして、27本の柱の表面と2つの円形プレート、
1本の樹木の横にある銘板には、「人権および
自由を尊重し確保するために、すべての人民とすべての国とが達成すべき共通の基準」 として、
1948年の国連総会で採択された 『世界人権宣言』 の全30章の条文が、
ドイツ語と各々29の異なった言語との2ヶ国語併記で刻まれています。

b0024177_23132092.jpgb0024177_23133261.jpg

    白い列柱の間に1ヶ所だけ樫の木が植えられている


第一の柱にはドイツ語とイディッシュ語(ヨーロッパのユダヤ人が使用する日常語)で章句、
「ニュルンベルク」 との地名、そして当地であることを示して 「0Km」 と記されています。
そして二本目、三本目と順に、この地から離れた土地の言語で同様に刻まれ、
最後の円柱には チリの首都 「サンティアゴ」 の地名とニュルンベルクからの距離
「12,210Km」、および章句が ドイツ語とスペイン語で表記されています。

b0024177_23171698.jpgb0024177_23173478.jpg
ドイツ語および各国の
2ヶ国併記で、都市名、
ニュルンベルクからの距離、
人権宣言章句が刻まれる



日本語表記は26番目
「第26条 教育を受ける権利」




この広場の南側には中世の城門の遺構があり、それと対置する北側のはずれに
シンメトリー構成で白コンクリート製の門が設置されています。
列柱と同じく8mの高さ。 そしてこの門にも 世界人権宣言の章句が刻まれています。

b0024177_23192852.jpgb0024177_23194087.jpg
(左)城壁で囲まれたニュルンベルグ。旧市街地の城門の遺構
(右)対面にある中世の城門が簡略化され、白コンクリートで再構築されている


b0024177_23232645.jpgb0024177_23245435.jpg

ここを訪れた者は、また、ニュルンベルク市民は日常的に、
この 『人権の道』 を歩きながら ひとつひとつ世界人権宣言に触れることになるのです。
人が人を差別し、迫害し、殺し、裁いたこの地で、
すべての人間に対して その罪深い心の自戒を静かに促しています。

◆       ◆       ◆

もしニュルンベルクを訪れる機会がございましたら、
この地が背負う重い歴史と強固な意思を踏まえつつ
ゲルマン民族博物館横の、この小道を散歩コースに加えてみてはいかがでしょうか。
ただしドイツ語を解さない場合、要・世界人権宣言条文<日本語訳>かもしれません・・・ (^^;;


※Memo※
ダニ・カラヴァン(Dani Karavan)作品巡りの旅、訪問暦
 『人権の道 -Way of Human Rights-』
     ドイツ/ニュルンベルク [2003.04.23]
 『マアロット -Ma'alot-』
     ドイツ/ケルン [2003.04.24]
 『パサージュ ヴァルター・ベンヤミンへのオマージュ
  -Passages, Homage to Walter Benjamin-』
     スペイン/ポルト・ボウ [2001.10.02]
 『大都市軸 -Axe Majeur-』
     フランス/セルジ・ポントワーズ [1999.05.08、2001.10.05]
 『シャルル・ド・ゴールの遊歩道 -Esplanade de Charles de Gaulle-』
     フランス/ナンテール [2001.10.05]
 『寛容の庭 イツアク・ラビンヘのオマージュ
  -Square of Tolerance, Homage to Yitzhak Rabin-』
     フランス/パリ [2001.10.06]
 『認識の道 -Way of Knowledge-』
     イタリア/ナポリ [2004.05.08]
 『線 1.2.3. -Linea 1.2.3.-』
     イタリア/ピストイア・チェレ [2000.04.18]
 『クレディ・スイス情報センター広場 -Dorfplatz (Village Square)-』
     スイス/ホルゲン [2004.05.04]
 『隠された庭への道 -Way to the Hidden Garden-』
     日本/札幌
参考文献 『ダニ・カラヴァン 大地との共鳴/環境との対話』

[PR]
| by dicotomia | 2006-06-16 23:54 | 雑記
Qualcuno potrebbe darmi una mano!??
前々回ご紹介したクロスワードパズルですが、 秋さんmaccarelloさんmonoさん
ご協力をいただき(コメント欄および追記参照)、なんとココまで埋めることができました! わお!

b0024177_0312429.gif
残すは 28タテ、47ヨコ
のみなのですが・・・

"Passaggio risolutore nel basket" って、そもそも問題文の意味がわかりません(T-T


そうそう、18ヨコ:
Amò Leandro -> INO ってなんじゃろ? と思っていたのですが、どうやらギリシャ神話のレアンドロス と イーノ という神らしいです。



ORIZZONTALI (ヨコのカギ)
1. Londra per gli inglesi 「"Londra" を英語で言うと」 -> LONDON
6. Una costruzione sul tetto 「屋根の上の建造物」 -> ALTANA
11. Sono anche combustibili 「燃料にもなる」 -> OLI
12. Può esserlo anche l'angolo 「角にもなれる」 -> RETTO
14. Cavaliere in breve 「"Cavaliere" を短く言うと」 -> CAV
15. Isola nell'Egeo 「エーゲ海の島」 -> RODI
16. Non tutto, solo una 「全部ではなく ひとつだけ」 -> PARTE
17. Nata a metà 「"Nata" の半分」 -> NA
18. Amò Leandro 「Leandro が愛した」 -> INO
19. Grave, importante 「重大な、重要な」 -> SERIO
20. Regio Decreto Legge 「勅令」 -> RDL
21. Simbolo del calcio 「カルシウムの化学記号」 -> CA
22. Fiume africano 「アフリカの川」 -> CONGO
23. Fu re d'Israele 「イスラエルの王であった」 -> SAUL
24. Tutt'altro che rapida 「速くはない」 -> LENTA
25. Il divo Cruise 「人気スターのクルーズ」 -> TOM
26. Donne di Sassari 「シチリアの女性たち」 -> SARDE
27. Greta del cinema 「映画のグレタ」 -> GARBO
29. Andate 「(あなたたちは)行く」 -> ITE
30. Puro 「純粋な、純潔な」 -> CASTO
32. Il luogo di residenza 「住居、居住地、本拠地」 -> SEDE
34. Sembrate 「~のように思われる」 -> PARSE
35. Parolina avversativa 「反意を表すひとこと」 -> MA
36. Aferesi di questa 「"questa" の語頭音(音節の)消失」 -> STA
37. Ottusa, non particolarmente sveglia 「鈍い、鈍感な、のろまな」 -> TARDA
38. Caloria in breve 「"caloria" を短く言うと」 -> CAL
39. Sono sempre in fondo alle bottiglie 「いつも "bottiglie" の底にある」 -> IE
40. Una parte dell'intestino 「腸の一部」 -> COLON
41. Non hanno bisogno del medico 「医者の必要がない」 -> SANI
42. Sacro Romano Impero 「神聖ローマ帝国」 -> SRI
44. Il Sal del cinema 「映画のサルと言えば」 -> MINEO
46. Abbreviazione di senatore 「"senatore" の略語」 -> SEN
47. Cesura 「中間休止、句切れ、息継ぎ(の箇所)」 -> 
48. Una cosa quasi unica 「ほぼ唯一のもの」 -> RARITA

VERTICALI (タテのカギ)
1. Antica corazza romana 「古代ローマの鎧」 -> LORICA
2. Il fiume che scorre sotto Milano 「ミラノの下を流れる川」 -> OLONA
3. Ricovero per pennuti 「鳥の収容所」 -> NIDO
4. È quasi ora 「ほとんど今」 -> OR
5. Pianta carnivora malese 「マレーシア産の食虫植物」-> NEPENTE
6. Vestibolo, ampia entrata 「ロビー、ホール、広い入り口」 -> ATRIO
7. Il fiore dell'oblio 「忘却の花」 -> LOTO
8. Avanti Cristo 「西暦紀元前」 -> AC
9. Uccelo corridore 「走禽類」 -> NANDU
10. Sostegno al credito di un altro 「他人に貸し付る際の支え」 -> AVALLO
13. Identifica il veicolo 「乗り物を識別する」 -> TARGA
19. Ci sono anche spaziali 「宇宙空間にも存在する」 -> SONDE
20. Noto film con Stallone  「スタローンの代表作」-> RAMBO
22. Sicure 「確かな、確実な」 -> CERTE
23. Il destino 「運命」 -> SORTE
24. Lorda, sporchissima 「汚過ぎる」 -> LAIDA
25. Una gabella 「関税、物品税」 -> TASSA
27. Ava che fu grande attrice 「大女優であったエヴァ」 -> GARDNER
28. Passaggio risolutore nel basket -> 
30. Leslie del cinema 「映画のレスリー」 -> CARON
31. È situata in genere vicino al mare 「一般に海の近くにある」 -> SALINA
33. Antica donna di facili costumi 「古代の遊女」 -> ETERA
34. Il più noto si svolge a Siena 「シエナで開催される最も有名な行事」 -> PALIO
35. Uno dei più noti pittori francesi dell'800
    「1800年代の有名なフランス人画家のひとり」 -> MANET
37. Libri poderosi e ponderosi 「膨大で重厚な本」 -> TOMI
38. Avvenimenti del tutto fortuiti 「全て偶然の出来事」 -> CASI
43. Stanno sempre al centro del poligono 「いつも "poligono" の中央にある」 -> IG
45. Le ultime lettere di Pessoa 「"Pessoa" の最後の文字」 -> OA
[PR]
| by dicotomia | 2006-06-03 00:33 | いろんなイタリア語
| TOP |