<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
|
三年目にして
b0024177_4494039.jpg

日本シリーズ、第4戦と第5戦の二試合を札幌ドームにて観戦してきました。
日本一決定直後、大歓声・大絶叫で揺れるドーム。


b0024177_450676.jpg
・・・異様な空間でした。
野球の他、サッカー日本代表やW杯の試合、
人気アーティストのライブなど、今までにも
観客数・数万人規模のイベントを見に行った経験は
何度もありますが、これほどにまで凄まじい
「人のうねり」 を感じたのは初めてでした。
b0024177_4503712.jpg日ハムという、それまであまりにも縁遠かったチームを
この三年間で徐々に受け容れ、熱い声援を送り
盛り上げていこうとする地元民。
それに対し、魅せるプレーやヒーローインタビュー、
パフォーマンス等で応えようとする選手・スタッフたち・・・
その流れは、それまで熱狂的な巨人ファンだった人や
野球に興味がなかった人々にまで伝播しました。
b0024177_451596.jpgそして、互いに愛し愛される関係を築き上げた結果の
ひとつの発露として生まれた、あの強大なエネルギー。
積み上げてきた様々な想いが詰まった
大声援と試合途中からの涙・涙・涙・・・
b0024177_4512939.jpgたとえば愛国心だって、憲法で規定したり、
教育指導したり、ましてや その度合いを通知表にて
数値評定したり・・・・ そんなことをしなくても
自分たちで築き上げた愛すべき価値のある国に、
結果として自然に生まれ、育っていくものではないかと
改めて感じました。。。

隣の座席の方が新潟からはるばる応援にかけつけたという人で、なんでも札幌が好きで
年に数回来札しているそうで。 で、本拠地札幌移転を機に日ハムファンになったという。
ついついアルビレックスの話を伺ったところ、やはりこちらのファンでもあるそうで。
「新潟の盛り上がりもスゴイですよね」 と言ったら 「でも40,000人を超えていた観客動員数が
 監督が交代(反町監督退任)してから35,000人ぐらいに減りました」 だって・・・ わお。

ということで、今回も記念エントリでした。
[PR]
| by dicotomia | 2006-10-31 01:49 | 雑記
秋色 ≪i colori autunnali≫
b0024177_4214160.jpg
【門-1/GATE-1】
作品の入口となる高さ7mの門


More
[PR]
| by dicotomia | 2006-10-25 01:27 | いろんなイタリア語
Chi vuol essere milionario? その2
前回の旅行の帰国便、座席の個人用TVプログラムの中にコチラのゲームがありました。
ウキキ~♪ と、milionaria 目指してサルのよーに繰り返し挑戦してみましたが
イタ語不足と教養不足と第六感不足のトリプルパンチで、15問連続正解は終ぞ達成できず・・・

b0024177_111131.jpg
Qual è il poligono con meno lati? 辺がより少ない多角形はどれ?
  A : Quadrato 正方形  /  B : Rettangolo 長方形
  C : Triangolo 三角形  /  D : Rombo 斜方形


機内でTV画面を幾度となく撮影する怪しい日本人。
液晶に le mie mani が写り込んでいますね(^^;;

◆       ◆       ◆

これらも100~1000ユーロまでの少額問題です。
(回答A が選択状態になっているのは、出題時の初期設定です)
b0024177_112045.jpg
b0024177_11144100.jpg
b0024177_1121271.jpg


解答...
[PR]
| by dicotomia | 2006-10-20 01:39 | 旅先のイタリア語
ウケテキタヨ!ヽ(・∀・)ノ エヘヘ
・・・・そう、まさに こんなタイトルが相応しい、散々な結果に終わってしまいましたが
実は先週開催されたイタリア語検定に挑戦してきました!

2級(一次試験)の合格基準点は リスニング、筆記(語彙・文法・読解)、作文で各70%以上、
総合点で80%以上、と 3~5級よりも条件が厳しくなっているのですが、
解答速報を元に自己採点してみたところ、リスニング13/22、筆記25/36 という結果でした。
さらに作文については時間切れで規定語数(150~180語)に達していないかも?という始末。
(当然、語数をカウントする余裕も無く) これは0点になるのかなぁ。。。

まあ、今回の試験で一発合格しようと意気込むレベルにすら足りないことは
自分でも重々承知していましたので、総合点クリアや作文での高得点は無理としても
リスニングと筆記における合格ライン、各70%以上を目標に設定してきました。
が、なんともそれも叶いませんでした(T-T

ただ、数値として結果を出すことはできませんでしたが
2級でとうとう出題範囲というものがなくなり 文法全般の知識が問われるということで、
今まで避けてきた接続法や遠過去等に関して 観念してイチから取り組む機会を持てたことが
何よりよかったのではないかと思っています。
イタリア語の勉強を始めて3年半、ちょうどこのブログを開始した2年前、4級を受験したときの
ことなどを思い出しつつ、これでようやくイタリア語の文法要素全てに触れたんだなぁ・・・、
自分自身、よくここまで続けてきたなぁ・・・・ と。
鈍ちん頭が故、理解するまでかなりの時間を要した項目もありましたが(特に時制の一致(T-T))
今回の試験では、筆記問題のうち文法に関する問題は全て正答を導くことができました。

そして、結果からは自分の弱点も見えてきますよね。 私の場合は語彙力と速解力でしょうか。
試験に再挑戦するかどうかは別としても、これらを克服するためにはどうしたらよいか、
自分に合った学習法を模索しながら もう一歩先を目指して勉強を続けていきたいと思っています。

以上、ご報告ということで。
このブログ上では今後もユルユル~とイタリア語に触れていく予定ですが、
同志の皆様、これからも切磋琢磨、共に頑張っていきましょう!

◆       ◆       ◆

さて。 危機的状況 から少しでも脱するために、今月からテニス教室に通い始めました。
とりあえず 「初中級」 というコースに入ってみたのですが・・・
―― Oddioooooo!ΣΣ(゚Д゚;;≡;゚д゚) イッタイドコニ初級者ガ―― ッ!??

聞くところによると、皆さんこのコースを継続して受講していらっしゃるという上手な方々ばかり。
一方、私は大学時代の体育の授業や遊びでちょこっとやっただけ・・・ ラケットの持ち方もフォームも、そもそもテニスのルールやコートのラインすらよくわからないまま、いきなりラリー練習および試合の中に放り込まれ、んも~、わけもわからず、とにかく持ち前の運動神経でウリャウリャ~と打ちまくってきました。 ふぅぅ~、スッキリ☆ 汗もタップリ★ おっ、ここで登場か!? Birra サイコー!!! ・・・じゃなくて。 今後は食生活にも配慮して このブログにスリムボディを公開することを 理想体重である5kg減を目標に続けていきたいなーと思っています。

んで、ただ今 ネットで必死に 「テニスのルールと基本テクニック」 を調べていたところです・・・^^;
[PR]
| by dicotomia | 2006-10-09 02:04 | イタリア語検定
| TOP |