<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
|
Toccare il Tempo
Dal 7 settembre 2007 al 13 gennaio 2008 negli spazi esterni dei Mercati di Traiano 29 sculture/installazioni in marmo, bronzo e granito
per la prima mostra individuale a Roma dell'artista giapponese
2007年9月7日~2008年1月13日、トライアーノ市場の野外空間に
大理石、ブロンズ、グラニトの彫刻約30点を展示。日本の芸術家のローマ初の個展。


Opere su cui salire e sdraiarsi, da toccare, accarezzare e attraversare.
よじ登り、横たわり、触れ、撫で、通り抜ける作品。

Un invito ad instaurare un rapporto di empatia con le sculture attraverso il tatto.
触れることによる彫刻との共鳴への誘い。

Le sculture solleticano sensazioni, iniziative, comportamenti.
彼の彫刻は人々の感情や自発性、行動を刺激する。

Ogni opera e un invito ad immaginare, ad inseguire le diverse possibilita allusive, a provare i diversi punti di vista rispetto alla sua collocazione.
どの作品も人々に、想像をたくましくさせ、そこに暗示されている新たな可能性を探し求め、
さらにその場における異なる視点を見出すように促している。


A guardare le sculture di Kan Yasuda si resta incantati, come ci si trovasse davanti a qualcosa di spontaneo, di naturale, di sempre esistito.
安田侃の彫刻を観ていると、何かのびのびと自然で、常に存在しているものを前にしているような、不思議な感覚を覚える。

Al punto tale che queste opere sembrano non avere una mole, in certi casi appaiono prive di peso, e l'osservatore perde il senso della dimensione: potrebbero essere grandi come montagne o addirittura tascabili.
作品は、時には全く重さがないかに、あるいは解き放たれているように見え、観る者は次元の感覚を失う。山のように大きいかと思えば、手に取るほど小さく見える。

Sono come sassi, che non hanno facce ne una destra ne una sinistra.
普通の石のように右も左もない。

Su ogni lato il sole gioca con raggi di luce e ombra oppure le gocce di pioggia si divertono a rimbalzare e a scivolarci sopra.
あらゆる面に太陽は陽光を注ぎ、影をつくり、あるいは雨の滴がその面で跳ね、滑りゆく。

― citazioni da ローマ市広報


TOCCARE IL TEMPO  『時に触れる』 展
(ああ。ローマに観に行きたい。 ・・・いや、せめて展覧会のカタログが欲しいのお。手に入らないかなあ・・・)
[PR]
| by dicotomia | 2007-09-16 14:39 | いろんなイタリア語
イタリアという美しい奇蹟

NEUTRAL―Travel for life 第11号

歴史・文化を含め、手広く 雑多に マニアックに まるごとイタリアが取り上げられております。イタリアフリークな皆様方には情報誌としては物足りないと思われますが(プラス、読みづらいレイアウトですが)、ありきたりなガイドブックとは趣向が全く異なっており、また、くすんだトーンに温かみあふれるノスタルジック調(LOMO風味?)な写真からは 悠久の時の記憶が混在する、イタリアの日常風景の妙味が存分に伝わってくるのではないでしょうか。 (特に高橋ヨーコさん撮影のサルデーニャの写真がすごい! 梅佳代さんの写真&ひとことコメントもオモシロすぎ)






芸術新潮 2007年 8月号

(※先月号のため、購入するにはバックナンバーお取り寄せになりますが)
5日間でローマ・中世の美を訪ね歩くという企画。読み応えアリアリアリ。4~13世紀に建てられた20の聖堂と、教会内の実に愛くるしいモザイク画、燭台やねじり柱のモザイク装飾が多数紹介されています。 う~ん、惚れ惚れ。。。 切り離しマップ付きで、実際にこの順路でローマを歩いてみたい! そんな想いが強く喚起される一冊。


ちなみに今月号(9月号)はニューヨーク・美術館特集。
こちらも近現代アート好きには垂涎モノ。オススメです。

[PR]
| by dicotomia | 2007-09-07 01:26
Cosa ti rende felice?
Vedete quanto poco ci vuole per rendere felice un uomo:
una tazzina presa tranquillamente qui fuori...

(Tratto da "Questi Fantasmi" di Eduoardo De Filippo)
 ごらんなさい。 何と小さなことが、人を幸せにするのだろうか。
 たった一杯のコーヒーを、外でゆったりといただく・・・


A noialtri napoletani, toglierci questo poco di sfogo fuori al balcone... Io, per esempio, a tutto rinuncierei tranne a questa tazzina di caffè.
(Tratto da "Questi Fantasmi" di Eduoardo De Filippo)
 私らナポリ人は、バルコニーの外での、このささやかな息抜きを奪われるというのなら・・・
 たとえば私はすべてを捨ててもいい。この一杯のコーヒー以外は。


Il caffè, per esser buono, deve essere
nero come la notte, dolce come l'amore e caldo come l'inferno.

(Tratto da "Vita di un rivoluzionario" di Michail Bakunin)
 おいしいコーヒーは 夜のように黒く、恋のように甘く、地獄のように熱い


b0024177_238140.jpg



Da dieci anni quei due siedono ogni giorno per lunghe ore, tutti soli, nel caffè. È un matrimonio felice? No, è un buon caffè.
(Alfred Polgar)
 10年来、2人は毎日カフェハウスへ行って何時間もじっと座っている。
 素晴らしい結婚だって? とんでもない! 素晴らしいカフェハウスなのだ。


È essenziale l'aroma, ha qualcosa di magico,
racchiude intere energie di chi lo ha trattato.
Il caffè caro signore, è qualcosa di più di una pianta.
È una spugna che per tutta al vita – e quindi dal momento
in cui nasce fino a che viene tostato – assorbe energie e vibrazioni.
Le trattiene, le conserva poi le elabora per restituirle sotto forma d'aroma, gusto, vigore e pensiero.
Sì, mio caro signore, nel caffè è impresso il pensiero.

(Ramon)

Una Tazzina di caffè è... 
la cura di chi l'ha preparata, la passione per la qualità,
un atto d'amore per l'arte del gusto.....


珈琲が好きです。

珈琲そのものの味や、珈琲を飲みながらおしゃべりをしたり、読書したり、
ボーっと窓の外を眺めたりして過ごすマッタリとした時間ももちろん好きなのですが、

自分のために、あるいは誰かのために、
鮮度の良い香り高い豆を常に用意し、お湯を沸かしつつ抽出器具をキッチンに並べ、
豆を計量してミルで挽き、粉をフィルターにセットし、ポットに移したお湯の温度を調整し、
ハンドドリップで そうっと丁寧にお湯を注ぎ入れ、ドーム型にムクムクと膨らんでいく粉や、
サーバーにポタポタと溜まっていく琥珀色の液体を眺める・・・
その一連の作業に流れる 穏やかで贅沢な空気に惹かれます。

どんなときでも、この時間と心の余裕は持ち続けられるように。
Così questa è una cosa che mi rende felice.


―― Una buona giornata comincia con un buon caffè.

[PR]
| by dicotomia | 2007-09-05 00:13 | いろんなイタリア語
| TOP |