今年の冬ごもり計画
検定試験終了後、案の定すっかり気が抜けてしまい
先月は ほとんどイタリア語に触れることなく 日々無為に過ごしてしまいました。

そこで、そんな自分に気合いを入れ直すべく、
また、これからの冬ごもり期間を有効に活用すべく、
11月から来年の3月末までの学習計画表を細かく作成しまして、
現在はそれに沿ってなんとか勉強を進めているところです。

今回の学習テーマは[会話]・[記述]・[リスニング]の三本柱。
[会話]は 『イタリア語会話パーフェクトブック』
[記述]は 『NHKイタリア語 書ける!話せる!実用文例800』
[リスニング]は NHKイタリア語会話・2005年度後期の 『Telegiornale』
および、イタリア語検定過去問CDを教材にしてみました。

かなーり偏っている気もしますが、
そして[会話]は完全に一方通行のヒトリゴトでしかありませんが(T-T)lll
次回イタリア旅行での実践編を夢想しつつ、この冬を乗り越えたいと思っております。

◆       ◆       ◆

ところで、先月の検定試験の通知が届きましたね~。
私の結果は自己採点での予想通り不合格でしたが、ひとつ驚きが。
試験後の感想にてちょっと触れましたが
最もダメであろうと思っていた作文が、合格基準点ピッタリの12点でした。
うーむ・・・ あれでもギリギリ規定語数に到達していたのかなぁ・・・?
それとも、達していない分を減点されたうえでの、この得点なのかな??

―― まあ、ひとつ、確実に言えることは、「作文は完結していなくともOK!」(笑)

今回の作文テーマは手紙文で、状況設定に基づいて 「予定変更を通知(avvertire)」、
「謝罪して(scusarsi)、理由を説明(spiegare)」、「解決策を提案(proporre)」 すること、
という指示があったのですが、とりあえずその3点に関しての記述があれば
文章が突然終了していても、手紙としての締めの文章や結びの言葉が全く無くても、
合格点はもらえるんですってよ、奥さん!(・・・誰?)
[PR]
| # by dicotomia | 2006-11-16 23:12 | イタリア語検定
三年目にして
b0024177_4494039.jpg

日本シリーズ、第4戦と第5戦の二試合を札幌ドームにて観戦してきました。
日本一決定直後、大歓声・大絶叫で揺れるドーム。


b0024177_450676.jpg
・・・異様な空間でした。
野球の他、サッカー日本代表やW杯の試合、
人気アーティストのライブなど、今までにも
観客数・数万人規模のイベントを見に行った経験は
何度もありますが、これほどにまで凄まじい
「人のうねり」 を感じたのは初めてでした。
b0024177_4503712.jpg日ハムという、それまであまりにも縁遠かったチームを
この三年間で徐々に受け容れ、熱い声援を送り
盛り上げていこうとする地元民。
それに対し、魅せるプレーやヒーローインタビュー、
パフォーマンス等で応えようとする選手・スタッフたち・・・
その流れは、それまで熱狂的な巨人ファンだった人や
野球に興味がなかった人々にまで伝播しました。
b0024177_451596.jpgそして、互いに愛し愛される関係を築き上げた結果の
ひとつの発露として生まれた、あの強大なエネルギー。
積み上げてきた様々な想いが詰まった
大声援と試合途中からの涙・涙・涙・・・
b0024177_4512939.jpgたとえば愛国心だって、憲法で規定したり、
教育指導したり、ましてや その度合いを通知表にて
数値評定したり・・・・ そんなことをしなくても
自分たちで築き上げた愛すべき価値のある国に、
結果として自然に生まれ、育っていくものではないかと
改めて感じました。。。

隣の座席の方が新潟からはるばる応援にかけつけたという人で、なんでも札幌が好きで
年に数回来札しているそうで。 で、本拠地札幌移転を機に日ハムファンになったという。
ついついアルビレックスの話を伺ったところ、やはりこちらのファンでもあるそうで。
「新潟の盛り上がりもスゴイですよね」 と言ったら 「でも40,000人を超えていた観客動員数が
 監督が交代(反町監督退任)してから35,000人ぐらいに減りました」 だって・・・ わお。

ということで、今回も記念エントリでした。
[PR]
| # by dicotomia | 2006-10-31 01:49 | 雑記
秋色 ≪i colori autunnali≫
b0024177_4214160.jpg
【門-1/GATE-1】
作品の入口となる高さ7mの門


More
[PR]
| # by dicotomia | 2006-10-25 01:27 | いろんなイタリア語
Chi vuol essere milionario? その2
前回の旅行の帰国便、座席の個人用TVプログラムの中にコチラのゲームがありました。
ウキキ~♪ と、milionaria 目指してサルのよーに繰り返し挑戦してみましたが
イタ語不足と教養不足と第六感不足のトリプルパンチで、15問連続正解は終ぞ達成できず・・・

b0024177_111131.jpg
Qual è il poligono con meno lati? 辺がより少ない多角形はどれ?
  A : Quadrato 正方形  /  B : Rettangolo 長方形
  C : Triangolo 三角形  /  D : Rombo 斜方形


機内でTV画面を幾度となく撮影する怪しい日本人。
液晶に le mie mani が写り込んでいますね(^^;;

◆       ◆       ◆

これらも100~1000ユーロまでの少額問題です。
(回答A が選択状態になっているのは、出題時の初期設定です)
b0024177_112045.jpg
b0024177_11144100.jpg
b0024177_1121271.jpg


解答...
[PR]
| # by dicotomia | 2006-10-20 01:39 | 旅先のイタリア語
ウケテキタヨ!ヽ(・∀・)ノ エヘヘ
・・・・そう、まさに こんなタイトルが相応しい、散々な結果に終わってしまいましたが
実は先週開催されたイタリア語検定に挑戦してきました!

2級(一次試験)の合格基準点は リスニング、筆記(語彙・文法・読解)、作文で各70%以上、
総合点で80%以上、と 3~5級よりも条件が厳しくなっているのですが、
解答速報を元に自己採点してみたところ、リスニング13/22、筆記25/36 という結果でした。
さらに作文については時間切れで規定語数(150~180語)に達していないかも?という始末。
(当然、語数をカウントする余裕も無く) これは0点になるのかなぁ。。。

まあ、今回の試験で一発合格しようと意気込むレベルにすら足りないことは
自分でも重々承知していましたので、総合点クリアや作文での高得点は無理としても
リスニングと筆記における合格ライン、各70%以上を目標に設定してきました。
が、なんともそれも叶いませんでした(T-T

ただ、数値として結果を出すことはできませんでしたが
2級でとうとう出題範囲というものがなくなり 文法全般の知識が問われるということで、
今まで避けてきた接続法や遠過去等に関して 観念してイチから取り組む機会を持てたことが
何よりよかったのではないかと思っています。
イタリア語の勉強を始めて3年半、ちょうどこのブログを開始した2年前、4級を受験したときの
ことなどを思い出しつつ、これでようやくイタリア語の文法要素全てに触れたんだなぁ・・・、
自分自身、よくここまで続けてきたなぁ・・・・ と。
鈍ちん頭が故、理解するまでかなりの時間を要した項目もありましたが(特に時制の一致(T-T))
今回の試験では、筆記問題のうち文法に関する問題は全て正答を導くことができました。

そして、結果からは自分の弱点も見えてきますよね。 私の場合は語彙力と速解力でしょうか。
試験に再挑戦するかどうかは別としても、これらを克服するためにはどうしたらよいか、
自分に合った学習法を模索しながら もう一歩先を目指して勉強を続けていきたいと思っています。

以上、ご報告ということで。
このブログ上では今後もユルユル~とイタリア語に触れていく予定ですが、
同志の皆様、これからも切磋琢磨、共に頑張っていきましょう!

◆       ◆       ◆

さて。 危機的状況 から少しでも脱するために、今月からテニス教室に通い始めました。
とりあえず 「初中級」 というコースに入ってみたのですが・・・
―― Oddioooooo!ΣΣ(゚Д゚;;≡;゚д゚) イッタイドコニ初級者ガ―― ッ!??

聞くところによると、皆さんこのコースを継続して受講していらっしゃるという上手な方々ばかり。
一方、私は大学時代の体育の授業や遊びでちょこっとやっただけ・・・ ラケットの持ち方もフォームも、そもそもテニスのルールやコートのラインすらよくわからないまま、いきなりラリー練習および試合の中に放り込まれ、んも~、わけもわからず、とにかく持ち前の運動神経でウリャウリャ~と打ちまくってきました。 ふぅぅ~、スッキリ☆ 汗もタップリ★ おっ、ここで登場か!? Birra サイコー!!! ・・・じゃなくて。 今後は食生活にも配慮して このブログにスリムボディを公開することを 理想体重である5kg減を目標に続けていきたいなーと思っています。

んで、ただ今 ネットで必死に 「テニスのルールと基本テクニック」 を調べていたところです・・・^^;
[PR]
| # by dicotomia | 2006-10-09 02:04 | イタリア語検定
目指せ、脱・初級!
b0024177_23383867.gif『イタリア語文法ハンドブック』 ≪小林惺 著/白水社≫

同著者が約30年前に上梓した 『イタリア語小文法』 の改訂版だそうで、
「脱・初級!」 「手軽なサイズで中級レベル」 という帯文句に誘われ
購入してしまいました。

今まで 初級者用の文法書しか所有しておらず、NHKテキスト応用編や
検定突破シリーズでなんとか勉強を続けていたという状況だったので、
ようやく 一冊にまとまった詳しい文法書に出会えてホクホクです。

まあ、ハンディサイズなので 解説文や例文は少なめか。
またレイアウト、見出し等、決して読みやすいとは言い難いですが、
文法全分野をがっちり網羅し、文法用語と端的な言葉で系統的にまとめられています。
巻末の索引が細かく扱われている点も良い。

文法をイチから学ぶ際に利用するのではなく、
補強・整理・確認過程において有効に使えるのではないかと思います。
[PR]
| # by dicotomia | 2006-09-28 00:14 | イタリア語参考書
接続法を用いる接続詞(句)
■ 譲歩
 ancorché : たとえ~にしても、~にもかかわらず
 benché
 dato che
 magari
 malgrado
 nonostante (che)
 per quanto
 sebbene

 quantunque : たとえ~にしても、~にもかかわらず
 comunque : どんなふうに~しようと
 dovunque : どこへ~しようと

 chiunque : 誰が~しようと、誰であろうと (※不定代名詞が導く譲歩節)
 qualunque : どんな~であろうと、どんな~をしようと (※不定形容詞が導く譲歩節)

■ 条件
 a condizione che : ~という条件で、~である限り
 a patto che : ~するなら
 basta che : もし~ならば、~しさえすれば
 nel caso (che) : ~の場合には
 purché : もし~ならば、仮に~すれば、~の条件で
 qualora : (万一)~の時には、~の場合は
 semmai : (万一)~の時には、~の場合は
 sempre che : ~の時はいつでも

■ 除外
 a meno che (non) : ~を除いて、からでなければ/~する間もなく
 salvo che : ~の場合を除いて、ただし~の場合はこの限りにあらず
 senza che : ~でないのに、~しないで
 tranne che : ~を除いて

■ 時
 prima che : ~する前に、~しないうちに/~よりはむしろ
 avanti che
 finché (non) : ~するまで、~する間は

■ 目的
 affinché : ~するように、~するために
 perché
 in modo che : ~するように、~になるように

■ 様態
 come se : まるで~であるかのように
 quasi (che)

副詞節を導く、接続法を用いる接続詞(句)を集めてみました。
この他にも 「こんな語句もあるよー」 とのご教示をいただければ幸いです。。

◆       ◆       ◆

先日、とある文中に eroismo という単語を目にし、
なんの違和感もなく 私の脳内で変換された訳で読み進めていったわけですが、
「このような心温まるお話に、なにゆえ・・・!??」

読後 その恥ずべき誤解に気付くまで、数十秒も要した自分にガックリでした・・・。 ああん、ばか。
(eroismo≠erotismo)
[PR]
| # by dicotomia | 2006-09-22 00:09 | いろんなイタリア語
君の行く道は・・・
b0024177_4482320.jpg
b0024177_22411148.jpg


More
[PR]
| # by dicotomia | 2006-09-14 23:04 | 雑記
「坊やだからさ・・・」
Questo è Ghiren Zabi, il comandante supremo di Zeon.
Approfittando dei funerali di stato di suo fratello minore,
sta tenendo un discorso a tutto il mondo in diretta televisiva.

 「ジオンの総帥、ギレン・ザビだ!
  弟の国葬にことよせて、実況放送で世界中を相手にぶちあげている!」 (byブライトさん)


b0024177_1114815.jpg
 " Non è possibile che dio ci abbandoni in questa guerra...
  ...per la libertà del genere umano!
"
  『ジオン公国の掲げる人類一人一人の自由の為の戦いを、神が見捨てるわけがない!』

 " Garma Zabi... il mio fratello minore che voi amavate tanto,
  è morto! Perché?
"
  『私の弟、諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ! 何故だ!?』

 Perché... era un ingenuo.
  「坊やだからさ・・・」


abbandonare : 捨てる、見捨てる、放棄する/投げ出す、手を引く/委ねる、任す≫
ingenuo : 【s.】 無邪気な人、お人好し、おめでたい人/
 【agg.】 (性格の)純真な、ばか正直な/(言動の)悪意のない、悪気のない≫

◆       ◆       ◆

というわけで、「坊や」 は ingenuo と訳されていました。
形容詞編は以前取り上げましたので、今回は 【人の性格・性質を表す単語/名詞編】 を。
(※同意の形容詞となる単語も含む)

≪正直者、誠実な人 : onesto
≪嘘つきの人 : bugiardo
≪浪費家、金遣いの荒い人 : spendaccione, sprecone
≪けち、吝嗇家 : avaro
≪酒飲み、上戸 : bevitore, ubriacone
≪酒を飲まない人、下戸 : astemio
≪自惚れ屋 : presuntouso
≪大食漢、欲張り : ingordo
≪向こう見ず、乱暴者 : sfegatato
≪愚鈍な男、まぬけ : pappalardo
≪悪戯っ子、腕白小僧 : birichino
≪大人しい人、お人好し : bonaccione
≪気難しい人、口うるさい人 : schifiltoso
≪何でも信じる人、騙されやすい人 : credulone
≪頑固者、意地っ張り : testardo, ostinato
≪お節介者、出しゃばり : ficcanaso, impiccione
≪臆病者、意気地なし : vigliacco, codardo, timido
≪怠け者、無精者 : svogliato, sfaticato, pigro, poltrone, infingardo

◆       ◆       ◆

『三日前のバッティングセンター&キャッチボールの筋肉痛が未だに残っている! 何故だ!?』
[PR]
| # by dicotomia | 2006-08-31 01:07 | マンガの中のイタリア語
三年連続
迷ったけど、今回も記念エントリ。

「自分が生きているうちはあり得ないと思ってた」
二年前の初優勝の直後、道民の間で挨拶代わりのように交わされたこの言葉。

しかし、なんとその後も連続で、こんなにも長く熱い夏を魅せてくれた駒大苫小牧高校野球部。
彼ら高校生の努力と精神力に心より敬意を表したいと思います。

また、前述のように 「あり得ない」 「できるわけがない」 はなからそう思うことによって、
今まで多くの可能性を自ら狭めてきた道民気質に
変革をもたらしてくれた香田監督のお力にも感謝です。

とりわけ今年は数々の強い逆風を受けながらも
最後の最後まで素晴らしい試合を繰り広げてくれました。


b0024177_1355476.jpg
個人的には、現チームでは特に
癒し系四番・主将の本間君を応援していました。
地方大会から準決勝まで走攻守に活躍!
決勝戦こそノーヒットに終わってしまいましたが、
試合後、泣きじゃくる本間君を
実に優しい表情で声をかけて気遣う
田中君の姿が最後まで見て取れました。

More
[PR]
| # by dicotomia | 2006-08-22 21:35 | 雑記
数値いろいろ
 n : n 年間 ― n 年の、n 歳の ― n 年毎の、n 年間継続する
02 : bienniobiennebiennale
03 : trienniotriennetriennale
04 : quadriennioquadriennequadriennale
05 : quinquennioquinquennequinquennale
06 : sessenniosessennesessennale
07 : settenniosettennesettennale
08 : ottennioottenneottennale
09 : novennionovennenovennale
10 : decenniodecennedecennale
12 : dodicenniododicennedodicennale
15 : quindicennioquindicennequindicennale
20 : ventennioventenneventennale
25 : venticinquennioventicinquenneventicinquennale
30 : trentenniotrentennetrentennale
40 : quarantennioquarantennequarantennale
50 : cinquantenniocinquantennecinquantennale
60 : sessantenniosessantennesessantennale
70 : settantenniosettantennesettantennale
80 : ottantennioottantenneottantennale
90 : novantennionovantennenovantennale
100 : centenniocentennecentennale
1000 : millenniomillennemillenario

約10 : decina
約20 : ventina
約30 : trentina
約40 : quarantina
約50 : cinquantina
約60 : sessantina
約70 : settantina
約80 : ottantina
約90 : novantina
約100 : centinaio

[PR]
| # by dicotomia | 2006-08-18 07:37 | いろんなイタリア語
字面に惚れた oggigiorno (『PEANUTS』 その14)
b0024177_23192432.gif
Era una notte buia e tempestosa.
D'un tratto esplose uno sparo!

 "暗い嵐の夜だった。
  突然、銃声が鳴り響いた!"

b0024177_23211820.gif
Non c'è già abbastanza
violenza nel mondo oggigiorno?

 「今時バイオレンス小説なんて、時代遅れなんじゃない?」

b0024177_2322563.gif
Non puoi scrivere su qualcosa di carino?

 「もっと何か夢のあるステキな話を書けないの?」

b0024177_23224320.gif
Era una notte buia e tempestosa.
D'un tratto esplose un bacio!

 "暗い嵐の夜だった。
  突然、キスが飛んできた!"

tratto : (手書きの)線/[主に複で]顔立ち/態度、物腰/部分、道のり、空間、期間≫
esplose : esplodere の3・単・遠・直説法≫
esplodere : 爆発する、突然に起こる、(火山が)噴火する≫
sparo : 発砲、発射; 銃声≫

d'un tratto : いきなり、突然
= a un (bel) tratto / ad'un tratto / tutt'a un tratto / in un tratto
= improvvisamente, all'improvviso

おまけ
a tratti = di quando in quando, a intervalli : 時々、間おいて、途切れ途切れに

◆       ◆       ◆

Passato remoto ~~~~~!!
何度覚えてもすぐに忘れる魔の活用。
特にere動詞は不規則活用が多いですね。

esplodere は prendere と同タイプの不規則活用でした。

prendere
presi
prendsti
prese
prendmmo
prendste
presero

esplodere
esplosi
esplodesti
esplose
esplodemmo
esplodeste
esplosero
[PR]
| # by dicotomia | 2006-08-09 00:08 | マンガの中のイタリア語
代名動詞いろいろ i verbi pronominali
お勉強仲間のTさんに資料をいただいたので (ありがとうございます!)
そちらを元に書き出し&まとめてみました。
("-sene" は かな~り以前に取り上げましたので、それ以外です)

◆       ◆       ◆

≪-ci
metterci : (犠牲を)払う、時間をかける (≒ impegnare)
sentirci : 耳が聞こえる
vederci : 目が見える
vederci (+chiaro) : (状況を)はっきり把握する、見抜く
volerci : 必要である、時間[金]がかかる (≒ essere necessario)

≪-la
finirla : 止める
smetterla : 止める
sentirla : (前文、前の状況を漠然と指して)そのことを感じる[受け止める]
prenderla : 反応する、思う
rappezzarla : 間違いをごまかす、(なんとか)修正する
vincerla : 目的を達成する

≪-cela
avercela (+con qualcuno) : (人)に腹を立てる、怒る (≒ essere arrabiato con)
farcela : うまくやる、成功する (≒ riuscire)
mettercela (+tutta) : 懸命に取り組む、頑張る (≒ fare tutto il possibile)

≪-sela
cavarsela : 切り抜ける、何とかやっていける (≒ riuscire a risolvere il problema)
filarsela : 逃げ出す、こっそり抜け出す
legarsela (+al dito) : ひどい仕打ちに復讐を誓う
prendersela : 怒る、根に持つ (≒ offendersi); 心配する
passarsela (+bene/male/discretamente) : 暮らし向きが良い/悪い/まずまずである
sentirsela : ~する気がある、乗り気である; ~する勇気がある (≒ avere il coraggio)
spassarsela : 楽しく過ごす、享楽にふける (≒ divertirsi)
vedersela : 適切に処理する、処置を講じる
vedersela (+brutta) : ひどい目に遭う (≒ fare male)
sbolognarsela : こっそり逃げ去る、逐電する
sbrigarsela : 厄介事を片づける
sbrogliarsela : 面倒から逃れる、窮地を脱する
sbucciarsela : (嫌なことを)切り抜ける、うまく逃れる
scialacquarsela : 楽しむ

Ci ho messo molto tempo per fare questo lavoro.
 「この仕事はとても手間がかかった。」
Più ci penso meno ci vedo chiaro.
 「考えれば考えるほどわからなくなる。」

Ti dirò come la sento. 「私がその点どう思っているかを言おう。」
Non devi prenderla così seriamente. 「そんなに難しく考えることはない。」
Basta, smettila di fare la predica ! 「説教はもうやめてくれ!」

Perché ce l'hai con me ? 「なぜ私を怒っているの?」
Forza ! Metticela tutta ! 「力一杯やってこい!」
Ce l'ha messa tutta nel suo lavoro. 「彼は仕事に全力をつぎ込んだ。」

Me la lego al dito ! / Me la pagherai !
 「覚えてろ!」
Non te la prendere troppo.
 「そんなにくよくよするな。」
Non me la sento di dargli questa notizia. 
 「私には彼にその知らせを伝える勇気がない。」
Vedetevela tra voi.
 「君たちでよろしく取り計らってくれ。」

[PR]
| # by dicotomia | 2006-08-02 22:00 | いろんなイタリア語
ぼくのご主人様を探しています ≪affisso : 貼り紙≫
トリノ散歩中に見つけた壁の貼り紙です。
b0024177_1422664.jpg
"CERCO IL MIO PADRONE"

Trovato martedì 2.05.2006 alle ore 16
in via Giolitti (pressi giardini Cavour) :
CANE MASCHIO, taglia grande, 8 anni circa, colore fulvo e bianco,
privo di medaglietta, tatuaggio o microchip.
Ricercasi LEGITTIMO PROPRIETARIO.
Telefonare al numero 338/234XXXX

『ぼくのご主人様をさがしているんだワン』
2006年5月2日火曜日16時、Giolitti 通り(Cavour 広場沿い)で見つけました。
大型犬のオス、8歳くらいで、毛の色は黄褐色と白のブチです。
名札、刺青、マイクロチップはありません。
本物の飼い主さんからのご連絡をお待ちしております。
電話番号 338/234XXXX

fulvo : 黄褐色の、赤みがかった黄色(金髪)の≫
legittimo : 合法的な、正統の/正しい、妥当な、もっともな≫
privo : 【agg.】 (・・・を)欠いた、持っていない、不足した (di ・・・)≫
≒ mancante(agg.), senza (prep.)

■ いろいろ欠けてみた
privo di buon senso 「常識に欠けた」
privo di logica 「論理性に欠けた」
privo di mordente 「説得力に欠けた」
privo di volontà 「意欲に欠けた」
privo di morale 「モラルに欠けた」
privo di fondamento 「根拠のない」
privo di carattere 「根性がない」
privo di vitalità 「活気のない」
privo di energia 「覇気がない」
privo di idee 「思想(信念)がない」
privo di prospettiva 「見込みがない」
privo di sentimenti 「思いやりがない」
privo di varietà 「変化のない」
privo di coscienza 「良心がない」
privo di espressione 「表情がない」
privo d'istruzione 「教養がない」
ここまで言われるとキツイですね・・・・

■ 広告・掲示板等に見られる "si+三人称単数/複数形の他動詞" の受動態
Si affitta un appartamento. 「アパートが貸されている」
   "Affittasi appartamento" 『貸しアパート』

Si vende una casa. 「家が売られている」
   "Vendesi casa" 『売り家』

Si cerca una domestica. 「お手伝いさんが探されている」
   "Cercasi domestica" 『お手伝いさん募集』

Si offre un lavoro. 「仕事が提供されている」
   "Offresi lavoro" 『求人』


今夜は豊平川の花火大会がありました。
浴衣を着込んだかわいい子供たちや初々しいカップルたちが大勢いる中、
缶ビール+おつまみ片手に見てきました。 ダメ大人。 ( > dieta~はどーしたー♪)
[PR]
| # by dicotomia | 2006-07-15 01:11 | 旅先のイタリア語
過去最大まであと少し・・・ ≪crisi : 危機的状況≫
先日、運転免許証の更新をしてきました。
真新しい免許証を手にしたとき、充分にわかっていたはずのこととはいえ
5年前に比べ確実に変化した頬から顎にかけてのラインを見て5秒ほど固まってしまいました・・・
本気で考えなければならないときがきたようです > dieta

ちなみに9年前に作ったパスポート写真の私は
なぜか80年代ブームばりのリッパな眉をしています。
・・・・なにゆえこの写真で手続きに行ったのだろう? 自分がわからない。
とにかく来年が待ち遠しい。

patente di guida 「運転免許証」
prendere la patente 「免許証を取得する」
esibire la patente 「免許証を提示する」
rinnovare la patente scaduta 「期限がきた免許証を更新する」
sospensione/ritiro della patente 「免許停止」 (7/14修正)
revoca della patente 「免許取消」 (7/14修正)
Domani scadrà la tua patente. 「君の免許証は明日失効する。」
Gli hanno tolto la patente. 「彼は免許証の取り消しをくらった。」
Per guidare la macchina è d'obbligo la patente.
 「自動車を運転するには免許証が必要である。」
Per avere la patente è necessario essere maggiorenni.
 「免許証を持つためには成人でなくてはならない。」
guancia 「頬」 / mascella 「顎」 / sopracciglio/a 「眉」 

[PR]
| # by dicotomia | 2006-07-11 00:27 | いろんなイタリア語
いろいろ取り除いてみる ≪curiosità : 好奇心≫
以前、あるイタリア語・日本語学習者交流掲示板の書き込みで
こんなふうなやりとりを見かけました。

日本人:
 「ちょっと教えていただきたいのですが、
  Toglimi una curiositàとは どういう意味ですか?」

イタリア人:
 「あなたが今言ったことと だいたい同じです。」

イタリア人、ナイスです(笑)
ちなみに、小学館・伊和中辞典で ≪curiosità≫ を引いてみると
この表現は、「Levami una curiosità」 と
"togliere" ではなく "levare" を用いた例文のみが掲載されていました。

が、試しに Google Italia でフレーズ検索してみたところ

 「Toglimi una curiosità」 - 37,800件
 「Mi tolga una curiosità」 - 687件
 「Toglietemi una curiosità」 - 12,200件

 「Levami una curiosità」 - 432件
 「Mi levi una curiosità」 - 105件
 「Levatemi una curiosità」 - 224件

という大差の結果でした。 ・・・うーん、辞書ってこんなもんなのね。

◆       ◆       ◆

上は 二人称単・複命令法+目的語代名詞 という形ですが、
ちょっと面白かったので "togliersi/levarsi + ql.co." の表現をちょこっと集めてみました。

togliersilevarsi le scarpe 「靴を脱ぐ」
togliersilevarsi gli occhiali 「眼鏡をはずす」
togliersilevarsi il trucco 「化粧をおとす」
togliersilevarsi un capriccio 「好き勝手にする」
togliersilevarsi una voglia 「自分の欲求を満たす」
togliersilevarsi la fame 「空腹を満たす」
togliersilevarsi gli anni 「年をごまかす」
togliersilevarsi la maschera 「仮面を脱ぐ、本性を現す」

[PR]
| # by dicotomia | 2006-07-01 08:58 | いろんなイタリア語
今世紀初
このような瞬間に立ち会えることは
今後またしばらく無いとは思いたくないけどかなり思われるので記念エントリ。 えい!
b0024177_1304786.jpg

初夏の清々しい青空。 日射しと涼風とが大変心地よい土曜日の午後、
厚別競技場で行なわれた コンサドーレ札幌vs東京ヴェルディ1969 戦を見てきました。

b0024177_23564712.jpg
結果は4-0という驚きの完勝。 そして、これで J2で優勝した
2000年(岡田武史監督&エメルソン(年齢詐称タイホ@ブラジル)時代)
以来の5年8ヶ月振りの4連勝!!
しかも仙台、横浜C、東京Vと、3試合連続での上位チーム撃破です。
んでも、長いトンネルを抜けた・・・ なんて決して言えない我がチーム。

この試合展開にラモス監督、さぞかし怒り心頭で
エキサイティングに指示出ししているのかと思いきや、
わりと大人しくベンチに座ったままで・・・・

と思ったら、この日の晩、
日テレのW杯特番に出演しているではありませんか。
そのために体力温存モードだったのでしょうか?
オファーを断り切れなかったのか、
札幌戦を楽勝と見なしていたのか・・・(多分正解)。

ところで、ローカルTVでは 『コンサ・今世紀初の4連勝!』 との報道が!
"今世紀初" なんていう表現、今世紀になってから久方ぶりに聞きました。


secolo : 世紀、100年 ;[複で]きわめて長い時間(年月)
        /(特定の)時代 ;現代/多くの日々、長年月、長い時代
        /世俗(の生活)、浮き世、世間 ;現世、この世≫

il più grande capolavoro del secolo 「世紀の大傑作」
il più grande avvenimento del secolo 「今世紀最大の出来事」
il secolo d'oro della pittura italiana 「イタリア絵画の黄金時代」

Non mi diverto così da secoli.
 「こんなおもしろい思いをしたのは本当に久し振りだ。」
È un'opinione avallata da secoli di esperienze.
 「何百年もの経験によって裏づけされた見解だ。」

イタリアvsオーストラリア戦の結末に絶句・・・。 これを劇的な勝利と言ってよいのでしょうか~!?
一試合を通して非常に不安定だったジャッジ。 オーストラリアもよく頑張ったね。
この後のスイスvsウクライナ戦も見ていたいけど、本日はこれにて多分就寝。

★オマケ★
最近のお気に入りブログ : つば九郎ひとこと日記
『はじめてのパソコン』、および友情出演・千葉ロッテマリーンズのマーくん(+スタッフ)の
小芝居がいとおかし。 スワローズも交流戦での好調を維持していけるのか、今後が楽しみです。
[PR]
| # by dicotomia | 2006-06-27 02:36 | いろんなイタリア語
MUSEO MATISSE ― Nizza, Cimiez
南仏では、ジェノバやトリノでは ほとんど見かけなかった日本人観光客がたくさんいましたが、
それ以上にやはり、老若男女・イタリア人観光客が目につきました。
(というか、とにかく騒がしいイタリア語があちこちで耳につきました ^^;;)
またこの地方の歴史柄、ここで暮らすイタリア人も多いのでしょうね。

実際、朝市をフラフラ散歩しているとき、
日本に行ったことがあるという花屋のオジサンに片言の日本語+英語で話しかけられ、
もう無意識に伊語交じりの英語(正:英語交じりの伊語)で必死に返答していたら、
「お、イタリア語がわかるのかい!? 実は、私はイタリア人なんだよ~!」 と
いきなりイタリア語で会話が始まったり・・・

また、観光案内や美術館のパンフレットは 仏語、英語の他、ほとんどのところで伊語版が
(そしてところにより日本語版が)用意されていました。

b0024177_2133058.jpg
Baie des Anges (天使の湾) と ニース旧市街


― ニース・マティス美術館パンフレットより ―

*TRASPORTI
in automobile : vedi pianta
in autobus : linee 15, 17, 20, 22, 25
[交通]
 乗用車 : 地図を参照してください
 バス路線 : 15、17、20、22、25番

*ACCESSO
in automobile :
 sosta in Avenue du Monastère e parcheggio a Monastère di Cimiez
in autobus GT : sosta in Avenue du Monastère
ingresso pedonale : sono previste quattro entrate al parco
ingresso per disabili : entrata Sud della Villa
[アクセス]
 乗用車 : Avenue du Monastère 駐車 または Monastère di Cimiez 駐車場利用
 観光バス : Avenue du Monastère 駐車
 歩行者用入口 : 公園側入口4ヶ所あり
 身体障害者用入口 : 美術館南口

*TARIFFE BIGLIETTI
tariffa intera : 4 euro / tariffa ridotta : 2,5 euro
per informazioni : tel. (+33) 04 93 81 08 08
[入場料]
 一般料金 : 4ユーロ / 割引料金 : 2.5ユーロ
 お問い合わせ : (+33) 04 93 81 08 08

*ORARI D'APERTURA
Il museo è aperto tutti i giorni esclusi il martedì e alcune festività
(1゜gennaio, domenica di Pasqua, 1゜maggio e 25 dicembre)
dalle ore 10 alle ore 18 : tutto l'anno
[開館日および開館時間]
 火曜日と次の祝祭日(1月1日、復活祭日曜日、5月1日、12月25日)を除く毎日
 年中10時より18時まで

*GRUPPI
Massimo 30 persone : Per informazioni telefonare al (+33) 04 93 53 40 53
Prenotazione obbligatoria : per posta o via fax al (+33) 04 93 53 00 22
Per gruppi superiori a 15 persone : tariffa ridotta
[グループ]
 最高30名まで : お問い合わせは 電話で (+33) 04 93 53 40 53
 要予約 : 手紙またはファックスで (+33) 04 93 53 00 22
 15名以上は割引料金が適用されます

*VISITE GUIDATE
Individuali e per gruppi(studenti e adulti), in francese e altre lingue straniere
Prenotazione obbligatoria
[ガイド付き見学]
 フランス語または外国語での個人またはグループ(学生、成人)向け、要予約

*AVVERTENZE
Si pregano i signori visitatori per la sicurezza delle opere e il rispetto reciproco di depositare borse e ombrelli presso il guardaroba; si ricorda inoltre che è vietato fumare all'interno del museo, è vietato toccare le opere e gli oggetti artistici, e di lasciare all'ingresso eventuali animali domestici. È vietato fotografare.
[お願い]
 セキュリティ上の配慮により、入場者はバッグ、傘などをクロークにお預けください。
 作品にはお手を触れないようお願い致します。
 館内での喫煙、ペット同伴、写真撮影は禁止されています。

sosta : 停車、(短時間の)駐車、(短期間の)滞在/一時的な中断、休憩≫
ridotto : 小さくされた、縮小した、引き下げた/(ひどい状態に)変えられた、~になった≫
guardaroba : 衣装部屋、クローゼット/ワードローブ/クローク・携帯品預かり所≫

このパンフレット、日本語版には少々不自然な訳もありましたが、
このイタリア語版はどうなんでしょう?
b0024177_2145712.jpg



プロムナード・デ・ザングレ
(英国人の散歩道)



トップレスも日光浴中
b0024177_215787.jpg
≪マティス美術館・ちょこっと感想≫
絵画の他、彫刻作品やマティスの写真、アンティーク椅子等も多く展示されているが、全体に小ぢんまりとした美術館で(さらに、残念ながらロザリオ礼拝堂のデッサンの一部がデンマークの美術館に貸出中であったためか)一時間半程度で見終えてしまった。 他美術館所蔵のマティス作品に比べて ややおとなしめで落ち着きのあるコレクションか。 が、どの作品からもマティス自身が創作活動をいかに楽しんでいたかが十二分に伝わってくる。
ロザリオ礼拝堂の当初のモチーフ案であったという、ミツバチ飛行軌道の切り紙絵。映像の妙なのか、『世界美術館紀行』で見たときほどのインパクトは感じられなかったが、「常人ならおよそこんな組み合わせは避けるであろう」と思える、ブラウン背景色に赤・青・黄+ときどきピンクという極彩色の粒子(これが土と花弁→花畑のイメージなのか)が、白い羽を広げたミツバチの軌道と交差して 画面全体に強烈な生命力・躍動感を与えており、この作品からもやはりマティス独自のセンスが伺える。 ただし、後日訪れたロザリオ礼拝堂でこのデザインをステンドグラスに取り入れた礼拝堂の模型を見たが、こちらを採用しなかったことは正解であったと思われる。 祈りの空間として考えると現在のモチーフ+色彩の方が断然良い。 その他、個人的な大注目は司祭服デザイン。 まぶしいほどに鮮やかな配色で、あのコンブのようなサボテン柄がうねうねと踊っていたり、光のすじが弾け跳んでいる。 これも実際に製作し使用された司祭服が礼拝堂に展示されていた。 楽しすぎる。
[PR]
| # by dicotomia | 2006-06-22 22:54 | 旅先のイタリア語
第二戦に向けて (イタ語休み)
W杯、日本vsクロアチア戦まで あと二日と迫ってきましたね~。
オーストラリア戦・TV観戦時は興奮と緊張とで・・・・ 飲み過ぎました。
次はオトナの女性としてわきまえた応援スタイルで、お上品に観戦したいと猛省しております。

ところで、この試合はバイエルン州の古都・ニュルンベルクNürnberg>で開催されます。
ニュルンベルク観光として一般に広く紹介されているのは、城壁で囲まれた中世の街並みと
世界最大規模と言われるクリスマスマーケット、そしてニュルンベルクソーセージでしょうか。
ややマニアックになると、ドイツで最初に鉄道が開通した街ということで
鉄道ファン必見のドイツ鉄道博物館、さらにドイツを代表するルネサンス期の画家、
アルブレヒト・デューラー生誕の地ということで、デューラーの家も観光名所のようです。

しかし多くの方が "ニュルンベルク" という街の名に最初に触れるのは、学生時代、
世界史や国際政治の授業で取り上げられる 『ニュルンベルク裁判』 ではないでしょうか。
ニュルンベルクは かつてナチス・ドイツが本拠地としていた街であり、1933年からの6年間、
彼らはここで党大会を開き、ユダヤ人迫害~大虐殺(ホロコースト)へとつながる非人道的人種法、
ニュルンベルク法を制定しました。 そしてそのため、戦後、第二次大戦に対するナチス指導者
たちの責任を追及する国際軍事裁判(ニュルンベルク裁判)がこの地で行なわれたのです。

以来、このような歴史的背景を経たニュルンベルク市は
当地が世界的に、特別に負うべき道義的責任として、『平和と人権の都市』 を宣言し、
人権の保護・推進活動に国際レベルで取り組んでいるそうです。

◆       ◆       ◆

その活動の象徴のひとつとして、ニュルンベルク中央駅から程近い広場に、
1993年、全長175mのモニュメントが作られました。
イスラエルの彫刻家、ダニ・カラヴァン作 人権の道-Way of Human Rights- です。


b0024177_2312342.jpg国立ゲルマン民族博物館の旧館と新館との間にある
カルトゥジアン広場の南北軸線上に、各々高さ8m、
直径80cmの白コンクリート製の円柱が並んでいます。
5m間隔・30ヶ所のポイントのうち円柱は27本。
残りの2ヶ所は円形プレートのみが地面に埋め込まれ、
1ヶ所は円柱の代わりに樫の木が植えられています。

そして、27本の柱の表面と2つの円形プレート、
1本の樹木の横にある銘板には、「人権および
自由を尊重し確保するために、すべての人民とすべての国とが達成すべき共通の基準」 として、
1948年の国連総会で採択された 『世界人権宣言』 の全30章の条文が、
ドイツ語と各々29の異なった言語との2ヶ国語併記で刻まれています。

b0024177_23132092.jpgb0024177_23133261.jpg

    白い列柱の間に1ヶ所だけ樫の木が植えられている


第一の柱にはドイツ語とイディッシュ語(ヨーロッパのユダヤ人が使用する日常語)で章句、
「ニュルンベルク」 との地名、そして当地であることを示して 「0Km」 と記されています。
そして二本目、三本目と順に、この地から離れた土地の言語で同様に刻まれ、
最後の円柱には チリの首都 「サンティアゴ」 の地名とニュルンベルクからの距離
「12,210Km」、および章句が ドイツ語とスペイン語で表記されています。

b0024177_23171698.jpgb0024177_23173478.jpg
ドイツ語および各国の
2ヶ国併記で、都市名、
ニュルンベルクからの距離、
人権宣言章句が刻まれる



日本語表記は26番目
「第26条 教育を受ける権利」




この広場の南側には中世の城門の遺構があり、それと対置する北側のはずれに
シンメトリー構成で白コンクリート製の門が設置されています。
列柱と同じく8mの高さ。 そしてこの門にも 世界人権宣言の章句が刻まれています。

b0024177_23192852.jpgb0024177_23194087.jpg
(左)城壁で囲まれたニュルンベルグ。旧市街地の城門の遺構
(右)対面にある中世の城門が簡略化され、白コンクリートで再構築されている


b0024177_23232645.jpgb0024177_23245435.jpg

ここを訪れた者は、また、ニュルンベルク市民は日常的に、
この 『人権の道』 を歩きながら ひとつひとつ世界人権宣言に触れることになるのです。
人が人を差別し、迫害し、殺し、裁いたこの地で、
すべての人間に対して その罪深い心の自戒を静かに促しています。

◆       ◆       ◆

もしニュルンベルクを訪れる機会がございましたら、
この地が背負う重い歴史と強固な意思を踏まえつつ
ゲルマン民族博物館横の、この小道を散歩コースに加えてみてはいかがでしょうか。
ただしドイツ語を解さない場合、要・世界人権宣言条文<日本語訳>かもしれません・・・ (^^;;


※Memo※
ダニ・カラヴァン(Dani Karavan)作品巡りの旅、訪問暦
 『人権の道 -Way of Human Rights-』
     ドイツ/ニュルンベルク [2003.04.23]
 『マアロット -Ma'alot-』
     ドイツ/ケルン [2003.04.24]
 『パサージュ ヴァルター・ベンヤミンへのオマージュ
  -Passages, Homage to Walter Benjamin-』
     スペイン/ポルト・ボウ [2001.10.02]
 『大都市軸 -Axe Majeur-』
     フランス/セルジ・ポントワーズ [1999.05.08、2001.10.05]
 『シャルル・ド・ゴールの遊歩道 -Esplanade de Charles de Gaulle-』
     フランス/ナンテール [2001.10.05]
 『寛容の庭 イツアク・ラビンヘのオマージュ
  -Square of Tolerance, Homage to Yitzhak Rabin-』
     フランス/パリ [2001.10.06]
 『認識の道 -Way of Knowledge-』
     イタリア/ナポリ [2004.05.08]
 『線 1.2.3. -Linea 1.2.3.-』
     イタリア/ピストイア・チェレ [2000.04.18]
 『クレディ・スイス情報センター広場 -Dorfplatz (Village Square)-』
     スイス/ホルゲン [2004.05.04]
 『隠された庭への道 -Way to the Hidden Garden-』
     日本/札幌
参考文献 『ダニ・カラヴァン 大地との共鳴/環境との対話』

[PR]
| # by dicotomia | 2006-06-16 23:54 | 雑記
Qualcuno potrebbe darmi una mano!??
前々回ご紹介したクロスワードパズルですが、 秋さんmaccarelloさんmonoさん
ご協力をいただき(コメント欄および追記参照)、なんとココまで埋めることができました! わお!

b0024177_0312429.gif
残すは 28タテ、47ヨコ
のみなのですが・・・

"Passaggio risolutore nel basket" って、そもそも問題文の意味がわかりません(T-T


そうそう、18ヨコ:
Amò Leandro -> INO ってなんじゃろ? と思っていたのですが、どうやらギリシャ神話のレアンドロス と イーノ という神らしいです。



ORIZZONTALI (ヨコのカギ)
1. Londra per gli inglesi 「"Londra" を英語で言うと」 -> LONDON
6. Una costruzione sul tetto 「屋根の上の建造物」 -> ALTANA
11. Sono anche combustibili 「燃料にもなる」 -> OLI
12. Può esserlo anche l'angolo 「角にもなれる」 -> RETTO
14. Cavaliere in breve 「"Cavaliere" を短く言うと」 -> CAV
15. Isola nell'Egeo 「エーゲ海の島」 -> RODI
16. Non tutto, solo una 「全部ではなく ひとつだけ」 -> PARTE
17. Nata a metà 「"Nata" の半分」 -> NA
18. Amò Leandro 「Leandro が愛した」 -> INO
19. Grave, importante 「重大な、重要な」 -> SERIO
20. Regio Decreto Legge 「勅令」 -> RDL
21. Simbolo del calcio 「カルシウムの化学記号」 -> CA
22. Fiume africano 「アフリカの川」 -> CONGO
23. Fu re d'Israele 「イスラエルの王であった」 -> SAUL
24. Tutt'altro che rapida 「速くはない」 -> LENTA
25. Il divo Cruise 「人気スターのクルーズ」 -> TOM
26. Donne di Sassari 「シチリアの女性たち」 -> SARDE
27. Greta del cinema 「映画のグレタ」 -> GARBO
29. Andate 「(あなたたちは)行く」 -> ITE
30. Puro 「純粋な、純潔な」 -> CASTO
32. Il luogo di residenza 「住居、居住地、本拠地」 -> SEDE
34. Sembrate 「~のように思われる」 -> PARSE
35. Parolina avversativa 「反意を表すひとこと」 -> MA
36. Aferesi di questa 「"questa" の語頭音(音節の)消失」 -> STA
37. Ottusa, non particolarmente sveglia 「鈍い、鈍感な、のろまな」 -> TARDA
38. Caloria in breve 「"caloria" を短く言うと」 -> CAL
39. Sono sempre in fondo alle bottiglie 「いつも "bottiglie" の底にある」 -> IE
40. Una parte dell'intestino 「腸の一部」 -> COLON
41. Non hanno bisogno del medico 「医者の必要がない」 -> SANI
42. Sacro Romano Impero 「神聖ローマ帝国」 -> SRI
44. Il Sal del cinema 「映画のサルと言えば」 -> MINEO
46. Abbreviazione di senatore 「"senatore" の略語」 -> SEN
47. Cesura 「中間休止、句切れ、息継ぎ(の箇所)」 -> 
48. Una cosa quasi unica 「ほぼ唯一のもの」 -> RARITA

VERTICALI (タテのカギ)
1. Antica corazza romana 「古代ローマの鎧」 -> LORICA
2. Il fiume che scorre sotto Milano 「ミラノの下を流れる川」 -> OLONA
3. Ricovero per pennuti 「鳥の収容所」 -> NIDO
4. È quasi ora 「ほとんど今」 -> OR
5. Pianta carnivora malese 「マレーシア産の食虫植物」-> NEPENTE
6. Vestibolo, ampia entrata 「ロビー、ホール、広い入り口」 -> ATRIO
7. Il fiore dell'oblio 「忘却の花」 -> LOTO
8. Avanti Cristo 「西暦紀元前」 -> AC
9. Uccelo corridore 「走禽類」 -> NANDU
10. Sostegno al credito di un altro 「他人に貸し付る際の支え」 -> AVALLO
13. Identifica il veicolo 「乗り物を識別する」 -> TARGA
19. Ci sono anche spaziali 「宇宙空間にも存在する」 -> SONDE
20. Noto film con Stallone  「スタローンの代表作」-> RAMBO
22. Sicure 「確かな、確実な」 -> CERTE
23. Il destino 「運命」 -> SORTE
24. Lorda, sporchissima 「汚過ぎる」 -> LAIDA
25. Una gabella 「関税、物品税」 -> TASSA
27. Ava che fu grande attrice 「大女優であったエヴァ」 -> GARDNER
28. Passaggio risolutore nel basket -> 
30. Leslie del cinema 「映画のレスリー」 -> CARON
31. È situata in genere vicino al mare 「一般に海の近くにある」 -> SALINA
33. Antica donna di facili costumi 「古代の遊女」 -> ETERA
34. Il più noto si svolge a Siena 「シエナで開催される最も有名な行事」 -> PALIO
35. Uno dei più noti pittori francesi dell'800
    「1800年代の有名なフランス人画家のひとり」 -> MANET
37. Libri poderosi e ponderosi 「膨大で重厚な本」 -> TOMI
38. Avvenimenti del tutto fortuiti 「全て偶然の出来事」 -> CASI
43. Stanno sempre al centro del poligono 「いつも "poligono" の中央にある」 -> IG
45. Le ultime lettere di Pessoa 「"Pessoa" の最後の文字」 -> OA
[PR]
| # by dicotomia | 2006-06-03 00:33 | いろんなイタリア語
| TOP |