『PEANUTS』 その11 ≪Me ne rendo conto : それはわかってる≫
b0024177_1846123.gif
In una conversazione seria,
una persona parla mentre l'altra ascolta...


 「 いい会話っていうのはさ、
  一方が話している間、もうひとりが聞いて・・・」
b0024177_1846299.gif

Poi questa parla mentre la prima ascolta...

 「次にその人が話して、最初に話をした人が聞く・・・」
b0024177_18464467.gif
Mi piace parlare... odio ascoltare
 「だって私は話すのが好きなんだもん。 聞くのは嫌いよ。」

Me ne rendo conto
 「それはわかってるけど・・・」
b0024177_1847124.gif


Cosa?
 「え? なんか言った?」

rendersi : 【再】 自分から~になる/【代】 (状況に)なる≫
conto : 計算/勘定、会計/(銀行などの)口座、預金/重要性、(高い)評価、考慮≫
renderisi conto di ql.co. : (何か)を納得する、知る、(何か)がわかる≫

 me ne rendo conto
  ・ me → mi の発音都合上の変化形 (後に ne がきたため)
  ・ ne → 代名詞的小詞。 「di+名詞(相当語句)」 を表す
  ・ rendo → rendere 1人称単数現在

Mi rendo conto di quanto lui abbia faticato.
 「彼の苦労が思われます。」
Mi sono reso conto che la situazione era grave.
 「事態がただ事ではないことがわかった。」
Te ne sei reso conto
 「君はそれを納得したの?」

rendersi conto dei propri errori 「自分の過ちを悟る」
cominciare a rendersi conto delle cose 「物心がつく」
senza rendersi conto della propria età 「年甲斐もなく」
non rendersi completamente conto di ql.co. 「(何か)について認識不足である」
-----------------------------------------------------------------------------------------------
rendere conto di ql.co. 「(何か)について説明する」

                     ◆       ◆       ◆

una conversazione seria ・・・大事ですよね(^^;
よく母が同じコトを2度3度繰り返して言う癖があり ちょっと耳障りに思っていたのですが、
最近自分にも同様の傾向があることに気がづきました。 あああ。 トシなのか・・・!?
気持ちとしては、最初の説明が言葉足らずかと思いすぐさま言い直す、といった感じなのですが、
ボキャブラリー不足で結局ほとんど同じ言葉の繰り返しに・・・! 意味ナイですわ~。
あとは時々、つい気が急いて人の話の腰を折ってしまうのも改めたいです・・・。 ああ。 反省。
[PR]
| by dicotomia | 2005-01-20 18:59 | マンガの中のイタリア語
<< ウチの双子の Macchinette | TOP | できるかな。 行けるかな。 >>