人気ブログランキング |
<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
プーリアの旅 その1 ― レッチェ Lecce
b0024177_1232127.jpg
La chiesa di Santa Croce, costruita tra il 1549 e il 1646,
è l'espressione più alta del barocco leccese.


ローマ入りの翌日、どしても立ち寄りたくて まずはサレルノへ移動。 昨年この地で知り合った友人宅を訪問しお昼ゴハンをごちそうになり、滞在時間5時間という短さで、いよいよプーリア州最初の目的地、南部のレッチェを目指します。

≪移 動≫
当初 『地球の歩き方』 に載っていた Miccolis 社 のプルマンで移動できればいいなー、と考えていたものの、能力および時間不足で詳細情報は得られず。 当日友人に 「このバスに乗りたいのだけれど・・・」 と伝えてみると、バス停の名称となっている場所まで連れて行ってくれたのですが、なんと、現在その辺り一帯は工事中で、バス停はどうやら(一時?)移動されてしまった模様!(笑) さらに 『地球の歩き方』 記載のTEL番号に電話をしてくれたのですが、こちらも繋がらず・・・ 事前に問い合わせや予約をしていない私に対し友人は 「日本人は preciso だと思ってたけど、キミは違うんだねえ(笑)」 とのステキなお言葉を♪(笑)

結局、サレルノ → ナポリ乗り換え → カゼルタ乗り換え → レッチェ という、接続待ち時間を含めて計7時間の列車大移動。 カゼルタ → レッチェの4時間半は国鉄終着駅行き、およびユーロスターならでは安心感(※)で ほぼ寝倒します。 (※注 : 誤り。そもそもよいこは公共の場では眠りません。)

レッチェ到着は22時。 夜もどっぷり更けてはいましたが、それなりの大都市。 駅前から続く通りは車がびゅんびゅん走っており、また、旧市街に入ると散歩する人々、立ち止まって歓談する人々で街は賑わっています。 キョロキョロと道を確認しつつ、駅から歩くこと20分ほどで当地のお宿に無事到着。

≪宿 泊≫
Bed & Breakfast LecceSalento (Via Richel Eugenio Rubichi 3)
旧市街のほぼ中心、サントロンツォ広場 (Piazza S.Oronzo) から一本裏路地の建物2階。 家族経営のB&B。 立地、広さ、清潔さ、申し分ナシ。 二泊。 建物入口、フロア入口、そして自分の部屋との3つの鍵をもらい、朝昼夜自由に出入り可能。オーナーさん一家は同じフロアの対面の家で暮らしており 「何かあったらインターフォンを鳴らしてね」 とのこと。

b0024177_12111570.jpg―― が、チェックアウトの日、朝9時過ぎにインターフォンを押すが応答がナイ・・・。 しばらく待って二度三度と押してみると、オーナーのオジサン、ねぼけまなこでズボンをはきはき出てきましたよ(笑) まあ、こんなゆるゆる~な調子で、オジサンもムスメさんもおマゴさんもとっても Simpatici。 ちなみにオーナー宅入口にあるPC(インターネット)は申し出により利用可能でした(日本語OK)。

Piazza Sant'Oronzo era il più tradizionale luogo di incontro dei leccesi fino agli anni settanta del secolo scorso, prima che la città si sviluppasse nella direzione del quartiere Mazzini...


≪街歩き≫
パトラッシュ・・・ ボクはもう聞き飽きたよ・・・
そんなセリフが巷で囁かれているのではないかとつい危惧してしまうほど、レッチェの街を語る文章には必ず登場するキーワード、"Barocco(バロック)"。 エエ、もちろんワタクシも書きますとも。
(バロック他、建築様式については、平易な言葉で簡単に読みやすく、しかし写真やイラストを交えかなり詳細な解説がなされている コチラのページ が個人的にオススメでございます。)

b0024177_12581519.jpg

バロック様式の建築物自体はイタリアの随所に点在していることでしょう。 が、しかし、レッチェは他の街と何が違うのかって、油断していると何度も袋小路に迷い込んでしまう迷宮のようなこの小さな旧市街の中に―― 教会に、大邸宅に、小住宅に、通りの角に、軒下に、扉に、窓に、柱に、右に、左に、それはもうこれでもかと無数のバロック芸術が むぎゅぎゅーっと凝縮されているのです。 つまり、大きく空が開けた見通しのよい広場や大通りが舞台となっているのではなく、したがって、細く入り組んだ路地を曲がるたびに、突然、女神や天使、動物、果物など生命の躍動感にあふれる彫刻やリズムカルに跳ねる装飾性に富んだフォルムが次々と目に飛び込んでくるというわけです。

b0024177_13161834.jpg
b0024177_14151497.jpg
b0024177_13163573.jpg
b0024177_1318291.jpg
b0024177_13165711.jpg

・・・ハイ、レッチェのバロック。 これだけでもチトお腹いっぱいでしょうか~。

≪総 括≫
びっくりどっきりいきなりの総括(?)です。(写真を貼り過ぎて力尽きた模様)

寝倒して・・・ いや、夜のとばりにつつまれて この街に到着してしまったためか、ややくすみがかった黄金色のバロック建築があまりにも重厚壮麗に目に映ったからか・・・ スコーンと抜けた南国風味のベルテンポの中 街歩きをしたにも関わらず、南イタリア・プーリア州、しかもその南部までやって来たのだという感覚にはまるで至らず・・・。
ふむ。 陽光降り注ぐ青空の下よりも、むしろ、音も無く石畳に浸み込んでゆくような優しい雨に佇むアナタの姿を見てみたい・・・ そんな気分にさせられる、ちょっとオトナの趣き漂う街でありました。


  
| by dicotomia | 2008-04-29 02:40 | 旅先のイタリア語
プーリアの旅 ― 番外編 その1
いやはや、番外編が最初にくるとはなんたることでしょう!! う~ん、愛くるしいですね。


約1年振りとなるイタリアの旅。 そして私にとって約1年振りのイタリア語会話の機会です。
すなわち、私の会話能力は成長どころかどう考えても退化しかしておりません。
しかし、それでも今回の旅では、ちょっとしたモノから なかなかに深いモノまで
これまでにはない数多くの出会いに恵まれ、現地の人たちと楽しく交流ができました。

人称も活用も語順もめちゃくちゃ。 いやいや、場合によってはほとんど単語の羅列。
そんな私の拙いイタリア語でも皆さん大いなる想像力で解読を試みてくれたり、
理解できずにぽかんとしている私を見て平易な言葉で何度も言い直してくれたり・・・

異国から来た観光客にただならぬ好奇心を抱き、積極的に関わろうとする姿勢が
この南イタリアでは他の土地より強いように感じました。

◆       ◆       ◆

というわけで、イタリア語会話初級者の私が
今回の道中、出会ったイタリア人たちといったいどのような言葉を交わしていたのか、
「よくある質問」 をちょろっと書き出してみましょー。わー。

1. 「日本人か?」 「どこから来たのか?」 「どこに住んでいるのか?」
「はい」 「日本から来ました」 「札幌という街に住んでいます」 ・・・年配の方には冬季オリンピック開催地ということで認識されていることもある札幌ですが、当然ながらほとんどの人から知らないと言われます。そんな人たちには 「日本の北部の北海道という島にある街で、夏は涼しくていいけど冬はとっても寒くて雪がたくさん降るんだよー」 と付け加えます。今回は特に 「雪は1メートル以上積もるよ」 との言葉に、バーリの皆さまから 「なんてこった! この街では1年に1回降るか降らないか・・・ しかも1cmだ!」 との返答が(笑) ちなみに 「日本のどの街を知っていますか?」 とのコチラの問いには、東京、大阪、京都、広島、長崎、の5都市が挙がることが多いです。

2. 「学生か? 働いているのか?」
当初は単に身分・職業を尋ねているのかと思っていましたが、どうやらこの質問は私を観光客とは考えずにその街に住んでいる、またはイタリアのどこかで暮らしていると想像しての問い掛けのようです。ローマやミラノ、フィレンツェなど日本人が多く暮らしている街であればよくある質問だとは思いますが、このような南イタリアの小都市でもそう捉えられるのね~。うーむ。日本人観光客をほとんど見かけない土地なので、旅行中という発想には向かわないのかなあ。あるいはあまりにも平然とした態度で街を闊歩し過ぎているのか(笑) 「休暇中でイタリアを旅行しているんだよー」 と伝えると次の質問に続きます。

3. 「いつイタリアに来たのか?」 「いつ帰るのか?」 「どこを回っているのか?」
まあ、これは普通に答えます。色をつけるなら 「イタリアに来たのは○回目だよ」 「でもこの街に来たのは初めてだよ」 等々加えます。

4. 「一人なのか?」
これは質問者や状況によって答えを変えます(笑) 「一人だよ」 と回答すると 「どうして一人なのか?」 と続く場合も多いです。これもまた質問者や状況によって答えを創作します(笑) パターンその1 「一人旅が好きなの」 との答えには、とあるイタリアーノくんから 「わかるわかる! ボクもそうだよ。人と一緒だとあっち行きたい、こっち行きたいと意見が分かれて疲れちゃうんだよねえ~」 と勝手に解釈されての共感のお言葉を頂きました(笑) また、「一人だよ」 という回答には coraggiosa だの、ragazza fortessima だの、数々の称賛(?)を頂戴しました。

5. 「キミはいったい幾つなんだ!?」
いや、イタリアでも初対面のオナゴには年齢を尋ねないというマナーがあるみたいですけどね、特に 「一人で旅行中」 と答えたパターンで年配の方から度々訊かれました。こんな幼いムスメっコが一人旅なんて まんまみーあ!? と心配されてのことのようです。そんなお心遣いを無下にするのは忍びないので 「いやー、日本人は幼く見えるみたいですね~」 などと言って笑ってごまかすか、「そ、それは言えません! ヒミツです!」 と答えるか、適度にサバを読みました(笑)

6. 「イタリア語を話せるのか?」
「はい、少しだけ。イタリア語を勉強しています」 と答えると 「なぜ勉強しているのか?」 → 「イタリアが好きでイタリアを旅行したくて」、「どこで勉強しているのか?」 → 「日本で」 → 「語学学校に通っているのか?」 → 「大きな街にはイタリア語学校はあるけど私の街にはあまりないので、ラジオを聴いたり本を読んだりして独学で」 といった感じの流れになります。

7. 「日本からイタリアまでどうやって来たのか?」
そりゃあ飛行機でしょ~、と思っていたら、交通手段を訊いていたわけではなく、日本-イタリアの直行便があることを知らず、どこかを経由してやってきたと思っての質問のようです。

8. 「日本からイタリアまでの航空券はいくらなのか?」
日本に行ってみたいという人、または、そんな遠い国からはるばるやって来るなんて・・・と驚嘆している人、そんな人たちからこれも何度か訊かれました。でも暗算で日本円をユーロに換算することなど私にはできず・・・(涙) 電子辞書の電卓機能を利用して計算しました。

9. 「札幌(あなたの住む街)から東京まで何kmか?」
質問1 の後に続くケースですが、かなり以前にも触れましたが、コレ、時間ではなく距離で訊かれるんですよねえ。類似パターンとしては街の人口を訊かれます。

10. 「名前は?」
そして、ちょっと日本事情通の人には 「日本人の名前には意味があると聞いているけど、この名前の意味は?」 と尋ねられることがあります。 うーむ、ちゃんとした由来があればいいのですが、私の名前にはありません。 そこで、漢字を分割してそれぞれの意味を繋げて答えてみるのですが、たいてい笑われます(笑)


―― 以上、よくある質問 ~ 定番会話はこんな感じであります。。。


◆       ◆       ◆


その他. 「アキヒトは元気か?」 「コイズミは元気か?」
・・・まだコイズミでした(笑)



   
| by dicotomia | 2008-04-21 03:01 | 旅先のイタリア語
| TOP |